心臓の現代病!?「狭心症」とはどんな病気!?

心臓の現代病と言われる狭心症についての知識をしっかりともっておきましょう!

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 狭心症とは

  • 心臓の栄養血管である冠動脈の血流が不足することによって、心筋が酸素不足に陥ります。そのために生ずる痛みが「狭心症の痛み」です。
    出典 :狭心症とはどんな病気ですか?
     

    酸素不足になると怖いですよね!これが傷みにつながってしまうのです!

  • 発作の起こり方、原因などにより分類されます。一般的には、「労作(ろうさ)(性(せい))狭心症」か「安静(あんせい)狭心症」、「器質型(きしつがた)(血管の強い狭窄(きょうさく)によって起こる)狭心症」か「異型(いけい)狭心症」、「安定(あんてい)狭心症」か「不安定(ふあんてい)狭心症」のように分けられます。
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
  • 狭心症は

     

    色々な型がありますが、現代ではかなりの数で患者数が増えているそうなのです。本当に現代病のようなものですね!症状ではいくつかのパターンがあるそうです。中々辛いものですよね。

  • 狭心症の症状は

  • 狭心症の発作で典型的な症状は、「胸が痛い」 「胸が圧迫される」 「胸が締め付けられる」 などの胸痛です。そのほか、胃痛、吐き気、のどの圧迫感、左肩の痛み、歯の痛みなどを訴える人もいます。このような症状が労作時に出現し、数分程度持続します。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
  • 代表的な発作の症状としては、胸の奥が痛い、胸がしめつけられる・押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ、などがあります。大多数は胸部の症状として現れますが、上腹部(胃のあたり)や背中の痛み、のどの痛み、歯が浮くような感じ、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みとして感じることもあります
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
  • また、痛みの程度は、冷汗を伴う強いものから、違和感程度の軽いものまであります。とくに糖尿病の患者さんは、病変の重症度に比べて、症状を軽く感じることが多く、注意が必要です。
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
  • 特徴としては

  • 普通は「労作性狭心症」といって労作時に起こります。つまり、急ぎ足で歩いたり、階段や坂道を登ったとき、またひどく興奮したときなどに胸の中央部が締め付けられる、あるいはなにかを押しつけられているような圧迫感がでてきます。少し休むとおさまってしまうのが特徴です。
    出典 :狭心症とはどんな病気ですか?
  • 痛みはしばしば左肩・腕や顎までひろがり、みぞおちに胃の痛みのように感じられることもあります。息切れ、として自覚されることもあります。 痛みの場所はあまりはっきりしないのが一般的です。「この一点が痛い」と指で示せるような場合は心配ないと思っていいでしょう。
    出典 :狭心症とはどんな病気ですか?
  • 症状の持続時間は数十秒から数分です。もっと短い場合は心配ないといってよいでしょう。一方「安静時狭心症」といって、同じような症状が労作と関係なくでることがあります。これは「冠攣縮」、つまり冠動脈が痙攣様に収縮してしまい、動脈硬化で細くなったのと同じような狭窄を一時的に作り出すために起きる現象です。
    出典 :狭心症とはどんな病気ですか?
  • 治療をしましょう!

  • 薬物療法
     抗血小板薬という血液をさらさらにする薬と、心臓の仕事量を減らすβ(ベータ)遮断薬、心臓の負担を減らして血管を拡張する硝酸(しょうさん)薬、カルシウム拮抗薬などを使います。
    出典 :狭心症 - goo ヘルスケア
  • 他の危険因子も治療する

     

    危険因子である、糖尿病と高血圧、脂質異常症などの治療も並行して行われるそうです。また、発作の予防が必要な場合もあるのです。発作が増えた、おさまらないときは心筋梗塞の疑いがあるので、しっかりと治療を受けておきたいですね!