なんだか痛い?「妊娠6ヶ月の下腹部痛」はどんな状態が予想されるのか

なんだか痛い・・・【妊娠6ヶ月の下腹部痛】は大丈夫なのでしょうか。関連する事項を集めてみました。

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠6ヶ月の下腹部痛は

  • 妊娠中期に腹痛を感じることがあります。これは、妊娠すると、子宮が大きくなるときに、子宮を支えている靭帯が引っ張られ、お腹の張りや痛みとして感じるから。しかし、腹痛が激痛の場合は、妊娠経過に影響をあたえるものかどうか調べる必要があるため、主治医に相談して痛みの原因を探りましょう。
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    激痛の場合は本当に危ないので意識しておきましょう

  • 鈍い痛みは、よくある症状の1つであるため、あまり心配する必要はありませんが、出血を伴う場合や痛みが激しくなった場合は、すぐに受診するようにしましょう。
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
     

    心配になったら、調べるよりも先に専門の医師のいる産婦人科に受診する&電話するというのが大切だと思います。

  • 出血を伴う場合は

  • 1.常位胎盤早期剥離:  お腹が強く張り、出血も多いのが典型的な場合です。中には外に出血があまり出ないタイプや腹痛が軽くても出血が多い時などもあります。この病気が疑われたら一刻も早い対処が必要です。救急車を呼ぶべき状態です。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 2.切迫早産:  子宮の収縮が頻回だったり、子宮の出口(子宮頚管)が開いてきたり短くなったりして早産の危険が高くなった状態です。子宮頚管が開いたりすることで出血が生じることがあります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
     

    細菌感染の恐れがあるのです。

  • 出血が伴わない場合は

  • 1.子宮円索の牽引痛:  子宮を支えている組織のひとつに子宮円索があります。子宮円索は子宮の横から両方の足の付け根方向に向かって伸びています。子宮が大きくなると子宮円索が引っ張られて突っ張るような痛みを感じることがあります。
    出典 :女性の病気を調べるための情報サイト:女性の健康.NET-妊娠中のお腹の痛み1
  • 切迫早産

     

    子宮の収縮が頻回だった場合は子宮の出口が開いて来たり短くなったりする場合があるのです。最悪の場合は入院になる事もあるので、早期に発見する必要があると言えるでしょう。

  • こんな事もある

  • 便秘やガスが溜まっていると 下腹部に痛みがでることも。あまりにも ひどい便秘の場合は、病院で便秘薬を処方してもらうか、健康食品でも 便秘改善できるものが多いので試されても良いでしょう。
    出典 :妊娠中期・後期のお腹の痛み、下腹部痛
  • 腹痛の中には、胃腸の不調による便秘が原因の腹痛ということもあります。便秘になりそうなときは、水分を多めに摂るなどして、回避するように心がけて。それでも便秘になってしまった場合は、主治医に相談のうえ便秘薬を処方してもらって、快便を目指して。
    出典 :妊娠中期腹痛 赤すぐ|妊娠中期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
  • ほとんどの場合は

  • 下腹部痛は

     

    とっても気になる事項かもしれません。しかし真剣になりすぎるのも問題なのです。あまり神経質にならない様にするのが大切なのです。

  • 妊娠中期以降は、ほとんどが 子宮が大きくなるため、下腹部痛を伴ったり、羊水や胎児の体重が増えるため、お腹に圧迫感が加えられるために起こる痛みです。まれに、子宮筋腫が原因であったり、その他の病気による場合もあります。
    出典 :妊娠中期・後期のお腹の痛み、下腹部痛
  • しかし、生理痛のような痛みだったり、出血もない、破水もない、少し横になると痛みがなくなる。という場合は、様子を見て大丈夫な下腹部痛です。心配な場合は、どんな時でも 病院で受診しましょう。心配しすぎて、ストレスを抱えることの方が、妊娠中はよくありません。
    出典 :妊娠中期・後期のお腹の痛み、下腹部痛