妊娠初期の吐き気、【つわり】はどうして起こるの?

妊娠初期から中期にかけての症状で代表的なものといえば【つわり】です。
つわりの主な症状として吐き気があげられます。
このつわりの時の辛い吐き気はどうして起こるのでしょうか?何か解消方法はあるのでしょうか?

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期に吐き気を感じるのはなぜ?

  • 妊娠初期には「つわり」と呼ばれるさまざまな不調が現れるのが一般的ですが、その代表格が「吐き気」です。この吐き気は、他のつわりと同じく、妊娠5~6週頃から症状が始まり、妊娠12~16週頃に収束するのが一般的ですが、人によっては始まりが4週ごろと早かったり、妊娠中期・後期まで吐き気が続く場合もあります。
    出典 :妊娠初期の吐き気 赤すぐ|妊娠初期の吐き気についての説明や妊婦さんの体験談
     

    妊娠してる時に催す吐き気、つわりの期間は個人差がとても大きいです。

  • つわりによる吐き気は、非妊娠時や男性には産生されない、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が妊娠することで産生され、妊娠初期に一気に増加することが関与しているのではないかといわれています。
    出典 :妊娠初期の吐き気 赤すぐ|妊娠初期の吐き気についての説明や妊婦さんの体験談
     

    hCGという成分がつわりを引き起こす要因になっているようです

  • 吐き気が過ぎて、本当に吐いてしまうこともあると思いますが、吐く事自体は悪いことではありません。吐いても直接胎児には影響はありません。ただ、1日のうちに何度も嘔吐を繰り返す状態で、脱水、飢餓状態になってしまうようであれば、治療が必要となります。
    出典 :妊娠初期の吐き気 赤すぐ|妊娠初期の吐き気についての説明や妊婦さんの体験談
  • つわりの吐き気をひどくする要素は人それそれですが、自分の苦手なものを覚えて、なるべく避けるような生活を送りましょう。英語圏では「つわり」をモーニングシックネスと呼ぶように、朝の空腹時にひどくなる場合は枕元に自分の食べられるもの(クラッカー、おむすびなど)を置いておくなどの工夫もあります。
    出典 :妊娠初期の吐き気 赤すぐ|妊娠初期の吐き気についての説明や妊婦さんの体験談
  • つわりの期間

  • つわりの期間はかなりの個人差があり、妊娠4~7週あたりに始まり、12~16週で終わる、とされています。

     

    つわりの主な症状は、吐き気や嘔吐、食欲不振です。つわりが続くと栄養不足になり、赤ちゃんの発育にも問題が出てきます。
    薬である程度症状は緩和されますが、妊娠中は薬の服用が制限されてなかなか大変です。
    そんな時こそ、薬を使わないツボ治療が役に立ちます。

  • 妊娠中期や後期につわりと似たような症状が出て一般に「第2のつわり」と呼ばれています。が、重症なつわり「妊娠悪阻」の治療が主な医学上では、妊娠中期以降の悪心、嘔吐は病院では、つわりとはされないようです。
    出典 :若葉マークくらぶ
  • つわりの主な症状

  • 嘔吐、おう気
    つわりは妊婦の50~90%の人が吐き気、または実際に嘔吐を体験していると言われています。一番顕著に現れる症状で、これの重い人は、おう吐をくり返し水分なども摂取不能になり、脱水、飢餓状態として病院で点滴などの治療が必要になります。
    出典 :若葉マークくらぶ
     

    つわい=吐き気と広く認識されているくらい代表的な症状といえます

  • においにも大変敏感になり、悪臭や、高温多湿などはつわりの悪化に大きく関係します。食べ物の匂い、生活臭、たばこ等通常ではない嫌悪感を感じます。また湿気に弱くダメージをうけやすいので、台所やお風呂の湯気が苦手になります。
    出典 :若葉マークくらぶ
     

    嗅覚がとても敏感になってしまうため、食べ物の好き嫌いが顕著になります

  • 特定のにおいに反応して嘔吐。症状が続くと対象のものを見るだけで不快感。

     

    においが原因の嘔吐は通常でもありますが、「くさい」「腐ったにおい」「生臭い」などといった多くの人が不快感を表すにおいに反応する吐き気とは、ちょっと違います。

  • 水分不足に要注意!

  • つわりによる嘔吐では、せっかく栄養バランスを考えた食事でも嘔吐してしまうことがあります。「栄養不足になるのでは?」と不安ですが、それよりも水分不足が深刻です。
    出典 :つわりの吐き気
  • 嘔吐を繰り返しているうちに、以下の症状がでてきたら水分不足の警報が出ています

     

    ・嘔吐物がなく胃液を吐いている。

    ・喉が痛い、乾いた感じがする。

    ・尿や便が少ない。便がコロコロ固い。

    ・頭痛やめまいが頻繁になる。

    ・目がうつろでボーッとしがち。

    ・肌がカサカサでハリがなくなる。

  • 上記のような症状が出ていたら、少しずつ水分補給を増やしてください。体がフラフラしている時は、早急に医師に相談してください。
    妊娠中の栄養は食事が基本ですが、カプセルや錠剤になった栄養剤でも補うことができます。
    出典 :つわりの吐き気
     

    妊娠後期になると鉄分不足が目立つので、病院から鉄剤を処方されることもあります。

  • 嘔吐した後は胃が弱っています。
    少し胃を落ち着かせてあげましょう。
    脱水症状を気にして一気に水分を飲むのは弱った胃を刺激してしまうのであまり良いことではありません。