ママさん必見☆ミルク育児のデメリット!

ママさん必見のミルク育児のデメリットがあります!
メリットだけじゃなくデメリットも知っておきましょう

view207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳とミルクを併用した場合☆

  • 母乳よりもミルクを沢山飲むようになった。
    飲む量が明らかになるので飲みが少ないと不安になることもある。
    「母乳だけ飲んでいる赤ちゃん」との差に悩む人も。
    夜中に起きてミルクを作らないといけない
    出典 :混合授乳のメリットとデメリット|完全母乳育児
  • 外出時の荷物が増える。
    母乳が完全に出なくなってしまう場合がある。
    完母の赤ちゃんに比べるとぽっちゃりした体型になりやすい
    出典 :混合授乳のメリットとデメリット|完全母乳育児
  • 免疫をもらう事が出来ない上にコストがかかる

  • 母乳に含まれている免疫をもらうことができません
    母乳に含まれる、IgAやIgGなどの免疫物質を獲得することができません。

    コストがかかります
    粉ミルクを購入する必要があります。
    出典 :ミルク育児のメリットとデメリット | 母乳とミルクの子育て
  • 調乳に時間がかかります

     

    赤ちゃんが泣いたからといって母乳のようにすぐに飲ませることができません。

    手間がかかります
    調乳のほか、哺乳瓶の洗浄や消毒など手間がかかります。
    http://www.dear-mom.net/sinseiji1022.html(一部引用)

  • 避難される事も・・・

  • ママの子宮復古の手助けができません
    乳頭を吸うことで、子宮の収縮を促すことができます。ミルクの場合は乳頭への刺激がありませんから子宮復古の手助けはできません。、

    まわりの人から母乳でないことで非難されることがあります
    まわりの人から、心ない言葉で傷付くことがあります。、
    出典 :ミルク育児のメリットとデメリット | 母乳とミルクの子育て
  • ダイエットが期待できない

  • お出かけのときに荷物が多くなります
    赤ちゃん連れでの外出のとき、哺乳瓶など授乳用品を持参しなくてならないため、荷物が増えます。

    ダイエットの期待ができない
    母乳の場合のようなダイエットの期待はできません
    出典 :ミルク育児のメリットとデメリット | 母乳とミルクの子育て
  • 体験談

  • 1、何と言ってもお金がかかるガーン月ちゃんは大体月9000円くらい飲んでます得意げ

    2、哺乳瓶の洗浄や消毒がちょっとめんどくさい(うちはレンジ消毒してますが、新生児の頃は一日5回くらいは消毒してました。今は5時間くらいミルクの感覚が空くので2回くらいに減りましたが…)
    出典 :完全ミルク育児のメリットとデメリット|それいけ!!月ちゃん(⌒0⌒)/~~
     

    結構大変そうですね!

  • 3、お出掛けの際は荷物がかなり多いドクロ

    4、ぐずったときにおっぱいあげれば治まるんだろうけど、あげられないからひたすらあやすしかない汗月ちゃんはおしゃぶり嫌いなので尚更ですが…
    出典 :完全ミルク育児のメリットとデメリット|それいけ!!月ちゃん(⌒0⌒)/~~
     

    デメリットが後々じわじわときますね

  • 5、時々おっぱいが出ないから、私がいなくても月ちゃんは成長出来るんじゃないかって寂しくなってしまう…おっぱいが全てじゃないとは思っても、生まれてすぐにミルク育児だったから尚更…

    6、産後体重の戻りが悪い…完全母乳の友達は8キロ1年間で減ったって言ってましたが、私は全く!!
    出典 :完全ミルク育児のメリットとデメリット|それいけ!!月ちゃん(⌒0⌒)/~~
     

    自分との闘いもありそう

  •  

    ざっと挙げただけでも、これだけのデメリットが思い浮かびます。

    混合にすることを決して悪いと思っているわけではありません。様々な事情がありますし、泣きたいくらい母乳で育てたいけどそれが出来ないお母さんだっています。

    ミルク育児で大事なのは、母乳のときと同じくらい密着してスキンシップを取りながら授乳をするということです。