妊婦さん必見!妊娠高血圧症候群の予防

妊娠高血圧症候群の予防は妊婦さんなら誰もが行ってほしいこと。
母子の健康のため、今一度、妊娠高血圧症候群の予防について知ってください!

  • piyo 更新日:2014/04/14

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠高血圧症候群とは?

     

    そもそも妊娠高血圧症候群とは一体どのような病気なのでしょう?

  • 妊娠20週以降に高血圧があらわれ、産後12週までに血圧が正常になる場合をいいます。
    出典 :妊娠高血圧症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    病名にもあるように、妊娠中の高血圧が妊娠高血圧症候群の主な症状です。

  • 高血圧にタンパク尿を伴う場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
     

    蛋白尿は腎臓が正常に機能していない証拠。しかし、蛋白尿だけでは必ずしも妊娠高血圧症候群と判断されるわけではありません。やはり重要なのは血圧ということです。

  • 1)高血圧だけみられる
    2)高血圧と尿蛋白がみられる
    3)妊娠前から高血圧があって、妊娠後に尿蛋白がみられる
    4)高血圧に加えてけいれんが起きる(子癇)
    出典 :少し前までの名前は「妊娠中毒症」 - gooベビー
     

    妊娠高血圧症候群の診断基準は一般的に上記の4つに分類されます。

  • 「妊娠中毒症」から「妊娠高血圧症候群」へ

  • 三大症状と言われてきた「高血圧、蛋白尿、むくみ」も、高血圧以外は必ずしも危険サインではないことがわかってきました。
    出典 :2/2 「妊娠中毒症」から「妊娠高血圧症候群」に [妊娠の基礎知識] All About
     

    「妊娠高血圧症候群」は、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。しかし、上記のように高血圧こそがこの病気に大きく関与する部分だと考えられ、名称が改められました。

  • 高血圧、尿タンパク、むくみ(浮腫)のうちの1つ、もしくは2つ以上の症状が見られ、それが妊娠前から持っている症状でないものを妊娠中毒症といいました。しかし現在では産婦人科学会により名前も妊娠高血圧症候群に改められ、むくみは項目から外されています。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
     

    むくみは項目から外されましたが、だからと言ってまったく関連がなくなったというわけではありません。今でも、むくみも妊娠高血圧症候群の目安の一つとして考えられています。

  • 妊娠高血圧症候群による影響

  • 妊娠高血圧症候群が悪化すると、胎盤の状態が悪くなり、臍帯(へそのお)を通じて移行する酸素や栄養物がうまく胎児に届かなくなります。 この症状が続くと、胎児の発育が悪くなり、やせてきます(子宮内胎児発育遅延)。
    出典 :Otsuka Ladies Clinic
     

    ここまで悪化してしまうと、最悪胎児の死亡や、命が危ぶまれることから未熟児の状態でも帝王切開で赤ちゃんを取り出します。その影響によって、赤ちゃんに後遺症が残ってしまうことも。

  • 母体への影響は母体の子癇(けいれん)や高血圧脳症などがあり、母子ともに生命をもおびやかす事があります。
    出典 :妊娠高血圧症候群の症状・予防・治療-赤ちゃんの部屋
     

    また、子宮での出血過多によって母親がショック死してしまうケースもあります。

  • 妊娠高血圧症候群の予防

     

    危険な病気である妊娠高血圧症候群の予防にはどのような方法があるのでしょうか。

  • 毎日散歩や体操などをするようにしましょう。
    出典 :妊娠高血圧症候群の予防方法をご紹介!危険信号はこれだった!!
     

    無理のない程度で、適度な運動を心がけましょう。外へ出るのが難しいようであれば部屋をうろうろする、ストレッチなどで血液の循環を促しましょう。長時間同じ姿勢でいるのは×。

  • 妊娠中毒症予防でいちばん大切なのは、なんといっても体重管理です。とくに中期から後期にかけては、週500g以上体重が増えると妊娠中毒症の可能性大。
    出典 :妊娠中毒症(1) - gooベビー
     

    1週間で500g以上体重が増えている場合、むくみが出ている可能性があります。食べすぎには十分注意が必要です。

  • 疲労やストレスをためないようにしっかり休養して睡眠をたくさん取ります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の対策と治療
     

    精神が不安定な状態もストレス同様、体に負担をかけます。この時期はなるべくリラックスして過ごせるようにしましょう。赤ちゃんも、その方が喜ぶと思いますよ。

  • とにかくリラックスすること、そして適度な運動が妊娠高血圧症候群の予防に効果大。食事では、塩分や脂肪の摂り過ぎに注意して。高タンパク低カロリーの食事が◎。できれば和食中心の食生活がおススメ。妊娠高血圧症候群にはこれといった確かな原因は無いのですが、だからこそ発症する前の予防が大事になります。母子ともに健康でいられるよう、最後まで気を抜かずに頑張りましょう!