妊娠に効果的な黄体ホルモン!黄体ホルモンにいい食事は?

妊娠に効果的な黄体ホルモン!P4=黄体ホルモン=プロゲステロン)妊娠しやすくなったり妊娠を持続する働きがある黄体ホルモン。不妊症の方の悩みの解決策ともなる黄体ホルモン。黄体ホルモンにいい食事についての紹介です。

view252

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    妊娠

  • はじめに

  • 黄体ホルモンとは?

    黄体・胎盤などから出されるホルモンの一種です。(P4=黄体ホルモン=プロゲステロン)黄体ホルモンの値が高いと妊娠しやすい、受胎しやすくなる働きがあります。
    また妊娠を持続させる働きもあります。排卵後に卵胞から変わったものから黄体ホルモンが出ます。

    また、妊娠する期間は、体温が上昇する高温期(黄体期)になるので黄体ホルモンも上がります。
    黄体ホルモンの出る量も増えれば妊娠の期間を保てます。

    ある医院では
    自然周期の時の移植の条件がP4の値が12以上だそうです。なのでこの(P4とは)黄体ホルモンが大切なことがわかります。

    黄体ホルモンの出る量が少ないと妊娠しにくいので、妊娠したい人にとって黄体ホルモンの量を増やすことはとても大切だということです。
    不妊症の治療で薬を使うと副作用が起こることにより赤ちゃんにも悪い影響があるので、食べ物、食生活で改善する方法をご紹介します。

    では黄体ホルモンが良くなれば妊娠しやすくなるということですが黄体ホルモンに良い食事とは?

  • 黄体ホルモンに良い食事

  • 黄体ホルモンにはビタミンEが良いとされています。
    ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると効果的です。
    反対に鉄分と一緒にとれば効果が減少すると言われています。
    柑橘類などのビタミンCと一緒にビタミンEを多く含んだ食品を食べましょう。

    ◇ビタミンEを多く含んだ食品
    油、種実類、魚卵にビタミンEが多く含まれています。
    具体的にいうとひまわり油、アーモンド、唐辛子、さんま、いわしなどです。


    ◇ビタミンCを多く含んだ食品
    ビタミンEは酸化すると、効果が少なくなります。
    ビタミンCは酸化したビタミンEを元に戻す効果があります。
ビタミンCは、レモン、いちご、キウイなどに多く含まれます。
    特に赤ピーマン、黄ピーマン、ゆずの皮に多く含まれています。

  • ◇ビタミンEの料理
    魚や野菜のお鍋
    肉野菜炒め
    トーストにバター、はちみつをぬり、上からゴマをかける

    ◇ビタミンCの料理
    ジャガイモと鶏肉の煮物
    材料
    ジャガイモ300g
    鶏肉 1枚
    酒・しょうゆ・・・各大さじ1
    砂糖・・・大さじ1

    料理手順
    鶏肉を一口大に切って水にさらし、水分をふき取る。
    鍋に油をひき鶏肉を炒めてからジャガイモを炒める。
    水を水カップ1を加えて煮る。
    調味料を入れて水分がなくなれば完成。

  • 黄体ホルモンに良いこと

  • 血流をあげるとよいとされています。では血流を上げるにはどうすればいいでしょうか?
    食事や運動などで効果が期待できます。
    またマッサージ、お風呂に毎日浸かる、ストレッチ、歩き方を変えてみる、パワーウォーキングなどをすると効果が上がるとされています。

    ウォーキングについて

    ◇正しいウォーキングの仕方

    背筋を伸ばす。
    腰の位置が上下にあまり動かないようにする。
    膝をなるべく曲げない。

    ◇足の運び方
    かかとから着地してつま先を前に蹴るようにする
歩幅を自分の身長の4割ほどにする

    ◇さらに効果的なウォーキング
    軽めのダンベルを持ち、腕をしっかりふる。

  • Week1-1.パワーウォーク-Power Walk-【ウォーキング特集】

     

    パワーウォーキング

  • まとめ

  • 黄体ホルモンに良い食事はビタミンEやCを多く含んだ食材を使った料理だということがわかりました。
    また運動なども黄体ホルモンを上げるのに効果的ですが体に負担がかからないように心がけると良いと思います。

  • 初級女体化講座#7 女性ホルモンの種類について

     

    黄体ホルモンについて