妊娠中の絨毛膜下血腫で流産する危険性はどれくらい?あまり心配はないようです。でも安静に。 

妊娠中はいろいろな心配がありますよね。できればゆったりすごしたいものです。なかでもよくきく絨毛膜下血腫で流産するのでは?と心配する人多いと思います。安定期に入るまでは心配ですよね。そんな絨毛膜下血腫についてのまとめです。

view346

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも絨毛膜下血腫とは・・・?

  • 絨毛膜下血腫とは

     

    子宮壁から胎盤がはがれることによって起こる出血です。安定期に入ればほとんどの場合大丈夫といわれています。

  • 絨毛膜下血腫とは、子宮壁から胎盤がはがれることによって起こる出血です。胎児の成長に伴い子宮が大きくなるにつれて、胎盤が引き伸ばされたり、少し剥がれたりすることがあります。これを絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)といい、妊娠初期にはよく見られることで胎盤が完成される妊娠4~5ヶ月には治まっていきます。
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • 絨毛膜下血腫は安静にしていれば大きな心配はないとされています。しかし実際には出血が何週間も止まらない場合や、他の出血との区別が難しいことも多く慎重に経過を見ていくことになるでしょう。絨毛膜下血腫の多くは安定期ごろには治まります。しかしこれ以降にも出血があるようだと前置胎盤、あるいは常位胎盤早期剥離の可能性も出てきます。
    出典 :絨毛膜下血腫-妊娠用語辞典
  • 絨毛膜下血腫の原因は?

  • 絨毛膜下血腫ができる原因は、胎盤が作られる過程で出た血液が貯まっていって血腫となると考えられています。胎盤ができるときに子宮内膜に根を張る過程で血管が絨毛膜に入り込み血管が増えるために出血が起こりやすい状態になります。このときに出血を伴う場合もあり、鮮血が大量に出血する場合もあります。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 絨毛膜下血腫で流産するの?

  • 絨毛膜下血腫は、鮮血が大量に出血する場合も多く不安になりますが、妊娠が継続している限り流産とはならず赤ちゃんは育っていくとされます。大体妊娠5ヶ月ぐらいで治まるはずなので、血腫の影響が赤ちゃんに及ぶことはないとされます。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 血腫の大きさと治療について

  • 絨毛膜下血腫の大きさはエコーで計測すると約1~7cmぐらいで観察されます。大きいものは8cmを超えるものがあり、胎嚢(たいのう)よりも大きいときがあります。この場合は即入院・経過観察となる場合があります。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 入院後は安静を指示され、トイレ以外はベッドで横になって過ごします。産院によっては自宅安静となることも。病院と同じでトイレ以外では横になって安静にしておくのが大事です。家族や両親に協力してもらってしっかりと安静にしておきましょう。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 血腫のほとんどは子宮に吸収されるか自然消滅していくようです。血腫が大きくなるときや出血が続く場合には管理入院の措置が取られることがあります。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 治療法は?

  • 絨毛膜下血腫の治療は安静にすること。張り止めなどの点滴を打つ以外には特別な処置はないです。とにかく動かずに吸収されるのを待つ以外にありません。絨毛膜下血腫が大きくなり過ぎると出血と一緒に赤ちゃんを押し出してしまう可能性もあります。しっかりと安静にしておくことが大切です。
    出典 :絨毛膜下血腫
  • 絨毛膜下血腫

     

    産まれてくる赤ちゃんの健康を考えて、安静にしましょう!

  • 20週を超えても続く場合は、新生児ICU(NICU)を持った施設で入院したほうがいいかもしれません。一般的には22週から生まれてくる赤ちゃんは早産となりますが、早産の場合にも適切な処置を受けられる施設が安心です。
    出典 :絨毛膜下血腫
     

    ここまで聞くとちょっと怖い気もしますが、ほとんどの場合普通に出産できます。不安は赤ちゃんに影響するので、ポジティブに考えましょう!

  • 専門の医師のお話

  • 超音波検査を妊娠事例の全例にやるようになって、今まで思いもつかなかった事がわかるようになりました。絨毛膜下血腫もその一つです。全妊娠の1.2%に見られるという報告があります。また切迫流産の患者の5.4〜18%に見られるとも書かれています。本当は絨毛膜下血腫と診断された人の何%が流産するかを知りたいところですね。そのデータはないのです。
    出典 :絨毛膜下血腫との診断に、中絶も考えています | ベビカム
  • 切迫流産の診断は、出血があるかと下腹痛があるかという自覚症状によります。そして絨毛膜下血腫があると、茶色の出血の原因となることがあります。出血がある時に超音波検査をすると数%に絨毛膜下血腫が見つかると言った方がいいでしょう。それでも心拍動が見つかれば98〜99%は大丈夫なのです。
    出典 :絨毛膜下血腫との診断に、中絶も考えています | ベビカム
     

    「切迫流産」とは流産になる危険があることをいいます。

  • わからないこと、疑問なこと、不安なことはその場で、診察をした先生に聞いた方が、納得できると思います。「セカンド・オピニオン」も直接お会いして、必要ならば診察をできる状態でこそできることなのです。
    出典 :絨毛膜下血腫との診断に、中絶も考えています | ベビカム