レジオネラ属菌の対処事例についてのまとめ

レジオネラ属菌の対処法や対処事例などについて詳しくまとめてみました。

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レジオネラ属菌の効果的な対処方法

     

    死亡することもある怖い病気であるレジオネラ症の効果的な対処方法についてまとめています。

  • 温泉や温浴施設では

  • レジオネラ属菌の有無を確認するため、水質検査を実施してレジオネラ属菌の現状を把握した。
    また、万全のレジオネラ属菌対策を行うために配管洗浄を自動塩素管理装置の導入を提案した。
    出典 :レジオネラ属菌対策.com|レジオネラ属菌対策、配管洗浄、水質検査・維持、ろ過装置に関する総合サイト「レジオネラ属菌対策.com」
  • レジオネラ属菌の駆除には浴槽水を単に塩素剤等で消毒すれば良いというものではなく、 常にその支持体となっている生物膜の発生を防止するための措置を行うこと、 さらに生物膜を監視し、 生物膜が形成されれば、 その除去を行うことが必要となる。
    出典 :dj2767.html
  • アメーバと関係がある

  • アメーバ類検出時のレジオネラ属菌検出率が43%、一方アメーバ類不検出時のレジオネラ属菌検出率は17%と大きな差があることから、アメーバ類がレジオネラ属菌の増殖の要因となっていることが容易に推察できます。
    出典 :レジオネラ情報箱|レジオネラ属菌とは
  • 抵抗力が低下していると感染しやすい

  • レジオネラ症は、レジオネラ属菌が原因で起こる感染症で、乳幼児や高齢者、病人など抵抗力の低下している人がかかりやすい病気と言われています。
    出典 :レジオネラについて - 奈良市
  • なるべく抵抗力を低下させないように工夫をすることも大切と言えるのではないでしょうか?

  • 性状は?

     

    レジオネラ症の性状についてまとめています。

  • レジオネラの最も代表的な菌種はLegionella pneumophilaで、Legionが在郷軍人、pneumophilaが肺炎の意味です。長さ2~20ミクロン、幅0.3~0.9ミクロンの細菌で、水環境を中心とした生活環境に存在し、自然界に広く生息しています。
    出典 :レジオネラ属菌の性状について : トピックス : 水質検査 |  一般財団法人 東京顕微鏡院
  • レジオネラ菌の性状を知ることによってレジオネラ症を効果的に予防と対策をすることができるようになるのです。

  • なぜ浴槽水に多く見られるのか?

  • 浴槽水のエアロゾルを吸い込んだり、浴槽水が気管に入り、菌が肺に到達すると、レジオネラ症に感染する恐れがあります。
    出典 :レジオネラ属菌とは?
  • レジオネラ菌は浴槽水に多く見られますが多く見られる原因があるのです。
    原因をしっかりと知って効果的に予防と対策をしていくことが大切と言えるでしょう。