家庭で出来る歯周病予防

歯周病は一度悪化してしまうと手術が必要なほど深刻な歯のトラブルです
でも予防のために家庭でできる事はたくさんあります
日々の適切なケアで健康な歯を保つことは十分可能なのです

view121

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正しい歯周病ケア

  • 歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を、歯磨きで取り除きます歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は、生きた細菌の塊です。歯とほぼ同じ乳白色で水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。しっかり歯磨きをして、この歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。
    出典 :しっかり歯磨きでケア|歯周病 予防ナビ
     

    歯垢は水に溶けにくいためにうがいだけでは除去はできません

  • 食べたらすぐに歯を磨きましょう

     

    この表は、食後は虫歯になりやすい状態が20分以上続くことを表しています。食べたら歯を磨く習慣をつけましょう。

  • 寝る前の歯磨きはていねいに

     

    睡眠中は唾液の分泌が減り、口腔は細菌が繁殖しやすい状態になります。寝る前は特にていねいに歯を磨きましょう。

  • 歯周病を予防するには、適切なブラッシングでプラーク(歯垢)を取り除くことや、歯周病のリスクファクター(危険因子)を少なくすることが大切です。
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    やはり毎日にブラッシングが一番の予防法なのです

  • ご家庭でできる歯周病予防(セルフケア)

  • 鏡を使って歯肉を観察することで歯周病のチェックができます。歯をみがくと歯肉から血が出たり、赤色に歯肉が腫れていたら要注意です。
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    歯磨きの度に歯茎から血が出たり、歯茎が赤く炎症してたら要注意です

  • 歯と歯肉の境目を重点的に歯みがきしましょう

     

    歯周病予防に効果的なブラッシング方法:歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45度の角度にあて、細かく(5mm程度)横に動かしてみがく。

  • 効率よくプラーク(歯垢)を除去するには、歯ブラシのかたさが「ふつう」のものがおすすめです。ただ、歯周病で歯肉から出血の見られる人は、まず「やわらかめ」の歯ブラシを使い、歯肉が回復したら「ふつう」のかたさにかえるようにしましょう。
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
     

    硬めの歯ブラシは歯肉を傷つけてしまう可能性があります。
    避けたほうが無難です。

  • 新しい歯ブラシの歯こう除去率を100%とすると、毛先が開いた古い歯ブラシは、歯こう除去率が60%ほどまで落ちていました。つまり、歯ブラシは早め早めに替えることが大事です。
    出典 :30代から要注意!! 歯周病対策 |NHK あさイチ
     

    歯ブラシをマメに換えるのも大切な歯周病予防といえるでしょう

  • 歯ブラシを真後ろから見ると毛先の広がりがわかります

     

    歯ブラシを後ろから見て毛先が少しでも柄の部分から飛び出していたら、新しい物に替えることを勧めます

  • また、超極細毛歯ブラシを使うと、プラークが残りやすい歯肉溝(歯と歯肉のすき間)や歯周ポケット、歯と歯の間に毛先が届きやすく、効果的にプラークの除去ができます。
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社
  • 歯周病予防に適した歯磨き粉の成分

     

    トラネキサム酸
    ε-アミノカプロン酸  
    グリチルリチン酸ジカリウム
    β-グリチルレチン酸
    IPMP(イソプロピルメチルフェノール)
    塩化セチルピリジニウム(CPC)
    トリクロサン
    オウバクエキス

  • 歯周病は自覚症状が乏しいのです

  • 痛みが出ることがほとんどなく、気づかないうちに進行する歯の病気「歯周病」。日本人が歯を失う原因の第一位です。日本人の半数、30歳以上の80%がかかっているといわれ、その7~8割が治療せずに放置されていると推定されます
    出典 :30代から要注意!! 歯周病対策 |NHK あさイチ
     

    ほとんどに人が適切な治療をしないまま歯を失ってしまうのですね

  • 歯ぐきの炎症や、歯槽骨が少し溶けた程度の歯周病ならば、自分でケアをしたり、歯科医院で歯石を取ったりすることで、健康な状態に戻すことは可能です。
    出典 :30代から要注意!! 歯周病対策 |NHK あさイチ
  • しかし歯周病が進み、歯槽骨が大きく溶けてしまうと、手術などの治療を受けないとほとんど改善しません。さらにほうって置くと、歯がぐらつき、最後には抜け落ちてしまいます。
    出典 :30代から要注意!! 歯周病対策 |NHK あさイチ