椿油でぷるぷるスキンケア~椿油の使用方法~

椿油というと、おばあちゃんが使っていた-など、昔懐かしい雰囲気があります。主に髪に使うものだというイメージを持つ人も多いでしょうが、実はスキンケアに使っても素晴らしいものなのです

view134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 椿油

  •  

    椿油の主成分は、オレイン酸という脂肪酸の一種で、人の肌に一番近い脂であり、しかも自然素材で安全です。

  • 椿油(つばきあぶら)は、ツバキ科ツバキ属のヤブツバキの種子から採取される植物性油脂。
    出典 :椿油 - Wikipedia
  • 食用油として多くの人々に愛されてきました。そんな「椿油」の成分は、85%以上がオレイン酸という脂肪酸です。これはヒトの皮脂の働きに近く、潤いを保つとともに、皮膚を守る役割を持っています。そのため、スキンケアに使用すれば、皮脂不足による肌の乾燥を防ぐことができ、潤いのある肌へと導くことができるのです。

  • 椿油でスキンケア

  • 椿油がお肌にいい一番の理由は、成分の8~9割を占めるという「オレイン酸」にあります。オレイン酸とは脂肪酸の一種で、人の皮脂の主成分でもあるのです。
    出典 :スキンケアを助ける椿油の効果とは?
  • 乾燥しがちな状態の肌に、椿油を塗ってあげると、肌の表面に潤いヴェールを作ってくれます。それと同時に、肌内部にある水分を逃がさないようにしてくれて、ぷるぷるお肌をキープ。
    出典 :スキンケアを助ける椿油の効果とは?
  • 大人ニキビに悩んでいる人にも椿油は有効です。椿油に含まれるサポニンという成分には、抗菌作用やお肌の炎症を抑えてくれる働きがあります
    出典 :スキンケアを助ける椿油の効果とは?
  • 椿油の使い方

  • *オイルパック
    洗顔後に、椿油5~6滴を、顔全体にやさしく押さえるようになじませ、5分~10分おきます。ティッシュでやさしく拭き取り、洗顔料で洗います。すすいだ後は、通常のケアを行いましょう。
    出典 :椿油でスキンケア
  • *オイルマッサージ(角質ケアや、毛穴の黒ずみ対策に)
    クレンジングの後に、椿油4~5滴を顔全体になじませます。鼻を中心に、マッサージをします(3~5分)マッサージ後に、蒸しタオルを顔にのせ、2分ほどおきます。洗顔料で洗います。
    出典 :椿油でスキンケア
  • 髪の毛に・・・

  •  

    ドライヤーの熱から髪を守りながら、まとまりやすい髪に。

  • トリートメントに…椿油が髪をコーティングし、髪を健やかにキープ。
    出典 :植物油のチカラ
  • スカルプケアに…マッサージで頭皮の血行を良くし、健やかな頭皮を目指せます。
    出典 :植物油のチカラ