水泳ダイエットの泳ぎ方とは?効果的な方法!!

水泳はダイエットに効果的と言われていますが、水泳ダイエットの泳ぎ方とは?
ダイエットに効果的な泳ぎ方を実践することで、より高い効果が得られるでしょう。
また、水泳ダイエットを行う際にとても重要な注意点もまとめました。

  • Y.T 更新日:2014/11/28

view11766

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水泳ダイエットの効果

  • スイミングはカロリーを燃やし、新陳代謝を活性化させ、全身の筋肉を強くする
    出典 :水泳ダイエットの効果 | 水泳ダイエット
     

    水の抵抗により、水泳は全身の筋肉を使います。
    そのため、水泳ダイエットでは筋肉が程良く付いた健康的でスリムな体を手に入れることができるのです。
    また、筋肉がつくということは、新陳代謝も良くなるということです。
    代謝が高ければ汗をかきやすくなり、よりダイエット効果が得られます。
    このような魅力的なダイエット効果から、水泳ダイエットは男女問わず人気を集めているのです。

  • 簡単なスイミングでも、一時間に500カロリーほど燃やすことができます
    出典 :水泳ダイエットの効果 | 水泳ダイエット
     

    水泳の魅力は、消費カロリーにもあります。
    水泳は、カロリー消費と筋肉を鍛える2つの面によるダイエット効果があります。
    陸上での運動よりも、水の抵抗を受けた運動のほうが、カロリーの消費は大きくなります。
    そのため、ダイエットのために運動を始めるのであれば水泳がお勧めです。
    では、水泳ダイエットではどんな泳ぎ方が効果的なのでしょうか?

  •  

    また、水泳にはストレスを発散する効果もあります。
    現代では、仕事や人間関係でストレスを溜めている人が少なくありません。
    しかし、ダイエットがてら水泳を行うことで、この溜まったストレスを発散することができるのではないでしょうか。

  • 水泳ダイエットの泳ぎ方

  •  

    効果的な水泳ダイエットの泳ぎ方は、クロールです。
    クロールは平泳ぎや背泳ぎに比べて、消費カロリーが多いのです。
    また、バタフライのように周りで泳いでいる人に迷惑を掛けることもありません。
    泳ぎ方の中でも最もポピュラーなので、クロールなら長く続けられる!という人も多いのではないでしょうか。

  • 2~3日で、自分のペースで45~60分くらい、合計距離は500~600mが理想です
    出典 :水泳で効果的にやせるための泳ぎ方は? クロールがいい? | なるほど空間
     

    水泳ダイエットをするのであれば、目安の運動量はこのようになります。
    だいたい1日200mくらい泳げると良いでしょう。
    しかし、泳ぎが得意でない人は、200mという距離が辛く感じるかも知れません。
    そんな時は、短い距離からスタートしましょう。
    長く泳ぐことよりも、続けてダイエットに取り組むことの方が大切なのです。
    また、無理に速いスピードで泳ぐ必要はありません。
    息継ぎを意識しながら、自分のペースで泳ぎましょう。
    水泳ダイエットのポイントは、楽しみながら泳ぐことです。
    楽しいからこそ続けられて、だからこそ効果が得られるのです。

  • 水泳ダイエットの注意点

  •  

    水泳ダイエットの最も重要な注意点は、ウォーミングアップとクールダウンです。
    必ずプールに入る前に準備運動を行い、体をほぐしましょう。
    また、プールに入ってもすぐに泳ぎ始めるのではなく、歩いたり軽く泳いだりして体を水に慣れさせます。
    水泳を終える際にも、クールダウンとして水中でウォーキングを行いましょう。
    プールから上がったらストレッチをして、終了です。
    このようなウォーミングアップやクールダウンは、ケガの防止に繋がるだけでなくダイエット効果を高めます。

  • 水泳は汗が大量に出るので、しっかり水を飲んでおかないと脱水症状を起こします
    出典 :3ヶ月で14キロのダイエットに成功した、たった1つの方法 - 絶対痩せたい人のためのダイエット情報
     

    どの運動でも、水分補給は欠かせません。
    しかし、水泳の場合は水に入っているせいか水分補給が疎かになってしまいがちなのです。
    水に入っているため確認することはできませんが、水泳をした際には大量の汗をかいています。
    そのため、水泳ダイエットを行うのであれば喉が渇いていなくても水分補給を心がけることが大切です。
    ちなみに、水泳ダイエットの飲み物として適しているのは、常温の水です。
    あまり冷たい水を飲んでしまうと体が冷えてしまうため、飲み物の温度にも気を付けましょう。
    しっかりと水分補給をすることで、健康的に美しく痩せることができるはずです。