ニコチン依存症になってませんか?

ニコチン依存症になっていませんか?
体に色々不具合が出ますよ

view153

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 煙草をすうと

  • 『わかっちゃいるけど、やめられない』  自分もそうだと合点し、こんな自嘲の苦笑いを漏らしながらタバコをふかしているあなたに、いまこそ禁煙に踏みきってもらいたい。 なぜ、健康を損なう有害なものとわかっているのに、タバコをやめられないのでしょうか。
    出典 :なぜタバコを吸ってしまうのか? 喫煙はニコチン依存症の慢性疾患-QLife
     

    辞められたらよいですね

  • タバコを吸うとニコチンが一気に脳細胞へ

     

    タバコに含まれるニコチンは、麻薬や覚醒剤、アルコールなどと同じ依存性の薬物です。タバコを吸いこむと肺の血管からニコチンが一気に吸収されて脳細胞に達します。そして、脳細胞のニコチン受容体に結合し、アセチルコリンやカテコラミンなどの神経伝達物質の放出に作用します。最終的に、脳内のドパミンという神経伝達物質を大量に放出させて、喫煙者に満足感をもたらしますが、これを繰り返すことでニコチン依存がつくりだされてしまうのです」

  • セロトニン

  • 喜びや快楽をうながすドーパミン、恐怖心や不安、闘争心などをうながすノルアドレナリンです。そして、その二つの脳内物質の分泌を抑える働きがあるのがセレトニンという脳内物質です。このセレトニンという脳内物質はニコチンによって分泌が誘発されます。
    出典 :◆ニコチン中毒症|一生タバコが吸えなくなる禁煙法
  • ニコチンの助け無しにはセレトニンを自力では分泌させることができなくなります。なので、禁煙で体内にニコチンが無くなってしまうと、セレトニンが不足してイライラや不安というものを引き起こしてしまいます。セレトニンの不足に脳が慣れるの3週間かかります。3週間でニコチン中毒からは解放されるはずなのです。
    出典 :◆ニコチン中毒症|一生タバコが吸えなくなる禁煙法
  • それでも多くの人が3週間以上、中には前川のように1年たっても禁煙に失敗する人がいるということは、禁煙できない理由はニコチンによる依存症よりも、もっと精神的な要因によるものだということができます。だから、むしろ「ニコチンに依存性はない」と思い込ませる方がいいのです。
    出典 :◆ニコチン中毒症|一生タバコが吸えなくなる禁煙法
  • 煙草は

  • 本当はタバコは臭くてまずいもの 強いられる苦しい闘病生活

     

    喫煙者は、依存のためにタバコに対する誤った思いこみを持っていることが少なくありません。たとえば、喫煙者の根拠のない思いこみとしてよくあるのは、第一に、喫煙は大事な楽しみであり、禁煙とは楽しみを失うことであるという思いこみです。

  • 小西部長「タバコはよくよく考えてみると、本当は臭くてまずいものです。『他人の吐き出すタバコの煙や臭いは嫌だ』という喫煙者は、意外に多いものです。『楽しみ』と感じるのは、実はタバコ切れによる離脱症状が喫煙で一時的に楽になるからです」
    出典 :なぜタバコを吸ってしまうのか? 喫煙はニコチン依存症の慢性疾患-QLife
  • 症状は

  • とてもタバコが吸いたい
    落ち着かない
    気分が落ち込む
    食欲が増す
    欲求不満・怒りのいずれかを感じる
    出典 :ニコチン依存症について|タバコをやめられない理由|すぐ禁煙.jp
  • 寝つきが悪い
    不安を感じる
    眠っても途中で目が覚める
    集中できない
    出典 :ニコチン依存症について|タバコをやめられない理由|すぐ禁煙.jp
  • こんな薬の効果が悪くなる

  • 1.抗喘息剤(テオフィリン)
    2.狭心症治療薬
    3.血圧降下剤(β遮断剤・カルシウム拮抗剤)
    4.非ステロイド系抗炎症剤
    5.胃潰瘍薬(シメチジン)
    出典 :ニコチン依存症 /ニコチン中毒症
  • 6.抗不安薬 7.精神安定剤 喫煙女性(受動喫煙も含む)は、女性ホルモンが壊れるので、短命の可能性がある。又、ピルを飲む場合は心筋梗塞や脳梗塞の危険度が高くなる。タバコは血管収縮作用があるので、糖尿病薬インスリンなどの皮下注射薬の吸収が悪くなる
    出典 :ニコチン依存症 /ニコチン中毒症