起立性低血圧の治療とは?立つとフラフラしやすい人の治療まとめ

起立性低血圧の治療方法をまとめました。座っている時などは問題が無いのですが、急に立ち上がったり長時間立っているときなどに症状が出やすくなっています。

view461

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 起立性低血圧の治療

  • 学校の朝会などで必ずいた、長時間たっていると倒れてしまう人。これは起立性低血圧の一種で、頭に血が上らないことからふらふらとしてしまいます。その治療についてまとめてみました。

  • 起立性低血圧について

  • 起立性低血圧症は体位変換時、とくに臥位(がい)(寝た状態)や座位から急に立ち上がった時に血圧が下がり、ふらつきやめまい、易(い)疲労感(疲れやすい)、動悸(どうき)、視野のかすみ、眼前暗黒感、時には失神などを伴う病気です。
    出典 :起立性低血圧症 - goo ヘルスケア
     

    普通のめまいとは違うみたいです。

  • 圧倒的に午前中に多い症状

     

    血流が内臓に集中してしまうと、頭に血が上らなくなります。

  • 中学生くらいの年齢で、急速な身長の伸びに心臓や循環器系の発達が追いつかない場合にも、心臓からの血液の拍出量がまにあわず起立性低血圧(立ちくらみ)がよく発症します。
    出典 :起立性低血圧・立ちくらみ(京都 心療内科)
     

    子供にもよく見られています。

  • 職場の朝の掃除で立ったり屈んだりを繰り返すから起立性貧血と朝の低血圧とで朝からライフゲージが既に黄色になるからもういやだ。お掃除やめよ。掃除のおばちゃん雇おうよ!ね!
  • 起立性低血圧の具体的な治療

  • 定期的な運動

     

    運動を心掛けると血流がよくなったり、筋肉が付いて血圧が上がりやすくなります。

  • これは新陳代謝を高め、循環器系の活性化を図ります。とくに筋力アップのトレーニングは下肢筋肉の血液循環ポンプ作用を高め、下半身から心臓に帰還する血流を促します。結果的に脳循環が促進されます。
    出典 :起立性低血圧・立ちくらみ(京都 心療内科)
     

    普段運動をしない人は注意したいですね。

  • 弾性(だんせい)ストッキング

     

    下半身に血がたまらないようにする特殊なストッキングを利用する方法があります。病院や薬局などで相談しましょう。

  • 疲れやストレスは自律神経の乱れにつながります。規則正しい生活と疲労をためないことも大切です。弾性(だんせい)ストッキングで、下半身の血液が押し上げられるのを助けるのも有効です。
    出典 :[立ちくらみ(起立性低血圧)]立ちくらみ(起立性低血圧)とは | エーザイの一般生活者向けサイト
     

    女性用の強力サポートストッキングも良さそうです。

  • 最近の学校では朝会のときに座らせることが多いよう

     

    もし長時間立たなければならないなら、無理しないでその場に座りましょう。

  • 成長期の子供はまだこれら筋肉などの器官の発達が不十分だったり、血管の弾力が足りない子供がいます。このような子供が長時間立ち続けていると、血液循環がうまくいかなくなり、意識を失って倒れてしまうのです。
    出典 :脳貧血|あおウサギ先生の【貧血診療所】
     

    血液を送るポンプとなる筋肉が未発達なんですね。

  • まとめ

  • 起立性低血圧の治療は主に体質改善がメインのようです。運動や規則正しい生活を心掛けてふらつきを防ぎましょう。