妊娠を望んでいる人は勿論、そうでない人も【妊娠しやすい時期】というのは気になる事だと思います

最も【妊娠しやすい時期】は排卵日だそうですが、体調や精子と卵子の状況などによってばらつきがあるようです。
基礎体温をもとにして計算する方法が一般的です。

view196

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠しやすい時期を簡単に知るにはどうすればいいの?

  • 妊娠しやすい時期はバラツキがあると言われていますが、最もバラツキがないのが、排卵日3日前~排卵日1日後と言われています。この期間に性交を行うと妊娠の確率もあがってきますので、妊娠しづらいと感じているのでしたら試してみましょう。
    出典 :妊娠しやすい時期 簡単な見分け方
     

    最も妊娠しやすいのは「排卵日」だそうです。

  • 排卵日は、基礎体温が低温期から高温気期に移行する際が排卵日と言われています。移行の際に体温が低温期よりも下がる時がありますので、その日が排卵日になります
    出典 :妊娠しやすい時期 簡単な見分け方
  • 「基礎体温」の正しい測り方

  • 毎朝ほぼ同じ時間に測るのが理想的ですが、起床時間がまちまちな場合は、とにかくその朝一番初めに目が覚めたときに身体を起こす前にすぐ測るのがポイントです。そのためには就寝前、枕元に体温計を置いておく必要があります。身体を動かしてしまうと、体温が上がってしまい正しい体温が測れません。
    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|基礎体温について
     

    基礎体温をきちっと図ることが排卵日を予測する事で重要なのです。

  • 体温を測る場所は、わきの下ではなく舌下で測ります。外気の温度の影響を受けないよう、口はしっかり閉じて測りましょう。
    出典 :オムロン ヘルスケア|女性のカラダ基礎知識|基礎体温について
     

    一般の体温計ではなく「婦人体温計」が体温がより細かく測れてよいそうです!

  • 【妊娠しやすい時期】を知るための「オギノ式計算法」

  •  

    妊娠に関する話の中で危険日、安全日という言葉をよく聞きますが、これらはオギノ式計算法によって考えられているものです。

  • オギノ式というものは、今から約80年も昔の1924年に産婦人科医である荻野久作という学者によって提唱された妊娠に関するメカニズムの事です。そうです、オギノ式とは本来妊娠を避ける為の避妊の方法では無く、不妊で悩む夫婦が1組でも多く赤ちゃんを授かることができるようにと提唱された方法なのです。
    出典 :オギノ式とは 避妊方法ナビ かしこく学ぶ
  • オギノ式とは、一定期間の生理データから正確な生理周期を導き出すことで、月経予定日の12日~19日前の約8日間が最も妊娠しやすい期間であるというものです。
    出典 :オギノ式とは 避妊方法ナビ かしこく学ぶ
  • 但し、実際には8日間という期間は長すぎるということで、最近では排卵予定日からプラスマイナス2日間の計5日間が最も妊娠しやすい時期とされる考え方が一般的になっています。
    出典 :オギノ式とは 避妊方法ナビ かしこく学ぶ
  • 「オギノ式」は元来、妊娠したい人の為の計算法だったのですが、昨今では「避妊」に用いられる機会が多くなってきて「オギノ式避妊法」となっているようです。

  • 「安全日」と「危険日」

  • 安全日とは、最も簡単に言えば妊娠しにくい日のことをいいます。では、何をもって妊娠しにくいとされるのでしょうか?これは、排卵日後の数日間を指します。しかし、「妊娠しない」などということは、決してありません。ただ、妊娠確率が低くなるというだけですので、妊娠しないという概念は持たないようにしてください。
    出典 :安全日と危険日の計算 - DoorJapan
  • 危険日とは、排卵日の初日から3日前と、排卵中であるとされる約5日、そして排卵が終わった後の1日。大体9日~10日間が特に妊娠しやすいとされ、俗に「危険日」と呼ばれます。
    出典 :安全日と危険日の計算 - DoorJapan
  • 「妊娠しやすい体づくり」「妊娠しやすい環境づくり」も大切!!