妊娠したらすぐに確認【妊娠したら気をつけること】

初めての妊娠だと心配なことも多いと思いますが【妊娠したら気をつけること】を少し考えてみませんか!?
絶対ダメではなく少量をうまく取り入れてストレスを軽減することが大切なようです

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【妊娠したら気をつけること】

  • 食べ物編

  • 低脂肪ヨーグルトは食べないほうがいい!?

  • “低脂肪ヨーグルトは、アレルギーから私たちを守る脂肪を取り除いてしまっている”
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険 | ニコニコニュース
  • 胎児の免疫システムをつくるのに酪農製品の脂肪が助けている可能性があり、低脂肪のヨーグルトを食べていた妊婦は、子供が喘息や花粉症にかかるリスクが非常に高いことが明らかに
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険 | ニコニコニュース
     

    自然の恵みに人工的力を加え無理やり変えることは、実は私たち人間にとってリスクも伴ってくるものなのかもしれませんね

  • 魚の食べ過ぎもNG!?

  • メカジキ、キンメダイ、クロマグロ、メバチ(メバチマグロ)を食べるのは1回約80gとして1週間に1回まで、また、キダイ、クロムツ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミナグロなどは週に2回までが目安
    出典 :妊娠している方又は妊娠の可能性のある方へ
  • 胎児にも影響があるとされるため、例えばですが妊婦さんが1週間に食べていい魚の量は、水銀含有量の多いマグロの刺身で80gまでです。
    出典 :妊娠準備期も妊娠中もマグロは1週間に80gまで。|ナチュロパスのつぶやき
     

    これ以上食べたら胎児が必ずしも危ないというわけではありません
    よく『週に3回以上マグロを食べてしまったのですが』と心配する方もいますが、その心配やストレスの方が胎児に悪影響があると言われています
    食べてしまったものはしょうがないので次から気を付けることが大切なようです

  • 嗜好品編

  • アルコール

  • 妊娠中の飲酒は、流産、死産、先天異常、中枢神経障害が起きやすいと言われています。アルコールを習慣として飲んでいるプレママに脳の障害や奇形のある赤ちゃんが生まれることが
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
  • プレママの飲んだお酒は、胎盤を通ります。
    赤ちゃんの肝臓は、お酒の代謝する力がまだ弱いため、赤ちゃんは長い時間酔っ払った状態になってしまいます
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
  • 1)神経の細胞が死んでしまいます。
    2)成長が妨げられます。
    3)神経を伝えることが難しくなります。
    4)神経と細胞をつなぐことが難しくなります
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
     

    妊娠前に分からず飲んでしまったものに関しては大丈夫なようです
    肝心なのはお腹に赤ちゃんがいると分かってからのようですね

  • でもどうしても飲みたくなったら…

     

    今ではノンアルコールの飲み物もたくさん出ていますので、それをうまく楽しむと良いかもしれませんね

  • タバコ

  • 喫煙が胎児に及ぼす最も大きな影響は出生時の低体重です。喫煙量が多いほど新生児の体重が少なくなる傾向があり、出産時の胎児の体重が非喫煙者と比べると170g~250g少なくなります
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 流産の原因の多くは胎児の染色体異常ですが、1日20本のたばこを吸うと流産率は非喫煙者の2倍を超えるという報告が
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 本人が吸わなくても、、、

     

    周りが吸っていると副流煙で吸い込むことになります

  • 受動喫煙により非喫煙妊婦であっても低出生体重児の出産の発生率が上昇するという研究報告がある。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  •  

    妊娠中には食べ物や行動等に制限がつきます
    それは出産後も同じです

    タバコやアルコールが好きな方には辛いかもしれませんが、『~してはダメ』ではなく、ノンアルコールにしたりメンソールガムを食べたり代替え品を見つけて乗り切ったり、食べ物に関しては『絶対ダメ』ではなく『少しだけ』という気持ちで乗り切るとストレスも減っていいかもしれませんね