臍帯血バンクとは?出産時の臍帯血が役に立ちます

骨髄バンクに続いて臍帯血バンクが求められるようになってきました。もちろん任意のものですので、個人の判断ですが、骨髄バンクより簡単に行うことができます。そんな臍帯血バンクのこと、臍帯血バンクで行うことなどまとめてみました。

view93

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 臍帯血バンクとは

  • 白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「臍帯血移植」)が必要な患者のために、産婦から提供される臍帯血を患者に斡旋する仕組み及びその業務を担う公的機関のこと。私的利用を扱う民間のバンクもある。
    出典 :さい帯血バンク - Wikipedia
  • 採取をはじめ、検査・分離保存と供給、データの管理など、医療行為を除く一連の作業のすべてを行う「臍帯血バンク」です。
    出典 :出産前のママとパパへ!臍帯血バンクの基礎知識
     

    臍帯血の採血でお母さん、赤ちゃんに苦痛や危険は全くありません。

  • 臍帯血バンクは善意により提供された臍帯血を凍結保存し、移植治療を希望される患者さんに提供するシステムです。
    出典 :臍帯血バンク・聴力検査|札幌市手稲区西宮の沢|愛産婦人科
  • 骨髄バンクなら知っているけど、と言う方も多いでしょう。どちらも白血病を含めた小児がん、再生不良性貧血などの血液の病気、先天性の免疫不全、先天性の代謝疾患などを治すために使われます。
    出典 :臍帯血バンクって何?
     

    目的は同じですが、その内容となるとかなりの違いがあります。

  • 骨髄バンクと比較してもう一つ優れている点は、患者さんが移植を必要としたときにすぐに利用できることです。
    出典 :臍帯血バンクって何?
     

    ただ、臍帯血移植はメリットばかりを持っているのではなく、移植後の血小板の回復が遅いなどのデメリットもあるのです。

  • 採取されたさい帯血は、さい帯血バンクに運ばれてすぐに細胞の分離(処理)が行われ、マイナス196℃の液体窒素の中で保存されます。
    出典 :さい帯血を提供したい | 造血幹細胞移植情報サービス
  • 臍帯血には、骨髄と同じように健康な赤血球や白血球、血小板などの血液を作り出す細胞(造血幹細胞)が豊富に蓄えられているために、 その造血幹細胞を白血病や再生不良性貧血、免疫不全症、遺伝病などの血液の難病に苦しむ人たちに移植することによりその治療に役立てることができます。

  •  

    臍帯血をとるときは、入院中、赤ちゃんが眠っている時か安静時に行い、20分程度で終わります。

  • 出産によるさい帯血の採取 はどこでも可能ではなく、品質管理を行うために産科病院とは契約制になっています。したがって、あらかじめ決められた産科病院でしか提供でき ないことをご理解ください。
    出典 :さい帯血を提供したい | 造血幹細胞移植情報サービス
  • 臍帯血バンクの利用理由

  • 日本では、 企業として臍帯血を行うの企業は、アメリカに比べれば、まだまだ少ないようですが、それでも少子化の影響もあり赤ちゃんの生命保険を買うような意識で民間バンクを利用する人も徐々に増えているそうです。
    出典 :臍帯血
  • 採取できるのは一生に一度、赤ちゃんが生まれる瞬間だけです。そのため、将来の保険として、お産の時に臍帯血を採取し保存しておく家庭が増加しています。
    出典 :出産前のママとパパへ!臍帯血バンクの基礎知識
  • 実際に自分自身の子どもが、臍帯血による治療可能な病気にかかる可能性は20万人に一人の確立だそうです。
    出典 :臍帯血
  •  

    これから、赤ちゃんを生まれる方。是非、臍帯血の寄付や保存を考えてみませんか。