狭心症の症状と治療方法

狭心症とは冠動脈の一部がせまくなってしまい、心臓に血液を供給できなくなってしまう症状で、悪化すると心筋梗塞を引き起こす危険な疾患です。
狭心症の症状と治療について知っておき迷う

view184

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心臓の現代病~狭心症~

  • 心筋に直結する冠動脈の内腔の一部が狭くなって、血液がスムーズに流れなくなり、心筋に必要なだけの血液が供給できなくなると胸の痛みや圧迫感を生じます。一過性の心筋虚血をおこす疾患を「狭心症」といいます。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
  • 心筋虚血によって起こる症状や心臓の機能障害は一時的で、あとに障害を残しませんが、冠動脈の狭窄がより重くなったり閉塞したりして、心筋の酸素不足が強まり、心筋の細胞が壊死して回復できなくなると「心筋梗塞」となります。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
     

    狭心症は心筋梗塞という命に係わる疾患の要因になる恐ろしい病気です

  • 狭心症には、症状の出る誘因やタイミング、病状の経過、発生の仕組みなどから種類が分類されており、体を動かしたり、精神的に興奮するなどして心臓に負担がかかるなどで起こるものを「労作性狭心症」といい、睡眠中や安静時に突然発作を起こすものを「安静時狭心症」といいます。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
     

    狭心症には「労作性狭心症」と「安静時狭心症」の2種類があります

  • 狭心症の症状

  • 狭心症の発作で典型的な症状は、「胸が痛い」 「胸が圧迫される」 「胸が締め付けられる」 などの胸痛です。そのほか、胃痛、吐き気、のどの圧迫感、左肩の痛み、歯の痛みなどを訴える人もいます。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
     

    狭心症の基本的な症状は胸痛です

  • このような症状が労作時に出現し、数分程度持続します。労作性狭心症は朝の通勤や昼夜午前中の労働労作中に症状が出ることが多く、階段や上り坂などで発作を起こす人が多いです。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
  • 狭心痛を感じる場所

     

    胸の中央、左胸部、左肩、首、下あご、みぞおちなど。胸痛が肩から腕などへ広がる(放散)こともある。

  • 痛みの性質
    締めつけられるような、抑えつけられるような、重苦しいといった漠然とした痛み。胸やけ、肩凝り、歯痛などが主な症状のこともある。
    出典 :狭心症
  • 狭心症の発作はこんなときに起きやすい

     

    ●激しい動作時(階段を昇る、急ぎ足で歩く)
    ●興奮したり緊張したとき
    ●急に寒いところに出たとき
    ●食後
    ●アルコール摂取後
    ●排便時など

  • 狭心症の治療

  • 狭心症の治療には手術、カテーテル、投薬の三種類があります

     

    大きな考え方としては症状をとり生活の質を改善(活動性の向上)することと生命予後つまり寿命を延ばすことです。それぞれの治療において期待できる短期的および長期的効果、危険性は異なります。

  • 手術は狭窄の先の血管に他の血管主に胸の動脈か足の静脈をつなぎ血液のながれのバイパスをつくります。カテーテル治療は狭窄部にステントという金属の網でできた筒を風船で押し広げ狭窄を解除します。お薬は心臓の負担を少なくする薬、冠動脈を少し拡張させる薬、血圧を下げる薬、コレステロールを下げる薬、血を固まりにくくする薬があります。
    出典 :京都 五条大宮 心臓病 メタボリックシンドローム 睡眠時無呼吸症候群 まつばらクリニック|心臓病
     

    これらの治療法の中から重症度、合併症などを考慮して最適と思われる治療法を選択します

  • 狭心症の発作には主に「ニトログリセリン」やカルシウム拮抗薬、β遮断薬などを用いる薬物療法を行います。 硝酸薬は冠動脈や末梢の血管を広げて心臓の負担を軽減する作用があります。イソソルビド硝酸薬、イソソルビド一硝酸塩などが用いられます。
    出典 :心臓の現代病〜狭心症〜/症状/治療法
  • 発作時に使うのは主に舌下錠といわれるもので、舌の下に含んで粘膜から吸収させます。口の中が乾いて舌下錠が溶けにくい場合は、舌下に噴霧して使用する「スプレー」もあります。
    出典 :ログイン|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
  • 狭心症の症状と治療を正しく理解して万一の事態に備えましょう