赤ちゃんの寝返り時期のめやす 寝返りをまったくしない原因

赤ちゃんの寝返り時期のめやすは5か月~7か月頃と言われています
寝返りは足腰の筋肉が成長した証拠 平均的な時期に寝返りをしないと不安になるものですね
実は、まったく寝返りをせずイキナリお座りしだす赤ちゃんも!寝返りをしない原因もまとめます

view1205

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの寝返り時期

  • 赤ちゃんの寝返り時期

     

    赤ちゃんの寝返り時期は4~5か月頃が最も多いようですが、個人差が大きいので遅くても心配いりません
    ほとんどの子は、7カ月の終わりまでに始めるそうですが、寝返りをしないでおすわりをしたり、立っちをしたという子も中にはいるようです

  • 満7カ月ごろには90%の赤ちゃんが寝返りを打ち始めますが、寝返りにも個人差があり、おそい子では9カ月になってやっとできたという子もいます。それがこの先の発達に影響を与えるわけではないので、心配しなくてもだいじょうぶです。
    出典 :赤ちゃんの心と体の発達AtoZ 【寝返り編】 - gooベビー
     

    赤ちゃんの寝返り時期である7か月頃までに全く寝返りをしなくても、これから先の発達や発育に影響ないので心配しなくてもいいそうです
    単に寝返りが嫌いな赤ちゃんも稀にいるようです

  • 赤ちゃんの寝返りの前兆

  • あお向けで足をあげたり、足をつかむようなしぐさが見られるようになると、やがて寝返りが始まります。
    最初は体の下から手が抜けずに泣いたり、あお向けからはできるのにうつぶせからはできなかったり。
    何度も繰り返すうちに上手にできるようになります。
    出典 :ピジョンインフォ | 赤ちゃんの基礎知識
     

    寝返りをしなくても、足腰が自由に動いていれば大丈夫だとのこと

  • 赤ちゃんの寝返りのしかた

  • 赤ちゃんの寝返りのしかた

     

    腰をひねって足を交差

    足から腰、腕、上体の順序で体をクルリと回転

    うつぶせして腕が抜けたら完成☆

  • 赤ちゃんは下半身を使って寝返りをします。 まず腰をひねってそれから足を交差してから、クルッと回ります。赤ちゃんによっては右側にしか寝返りをしなかったり、左側にしか寝返りをしなかったりしますが、心配する事はありません。
    出典 :寝返りの時期いつから?・練習 寝返りをしない赤ちゃん大丈夫? - babyxbaby
     

    うつぶせになるのが苦しい・うつぶせの体制が好きではない等の理由で、本当はできるのに寝返りをしない赤ちゃんもいるそうです
    その場合もとくに心配はいらないそうです

  • 赤ちゃんの寝返り時期が遅い原因【体が大きい】

  • 身体が太っていて、動きにくい為、遅くなる場合があります。
    出典 :育児 保育サイト ASHINAGA ZOUSAN 寝返り
     

    体が大きめの赤ちゃんは寝返り時期も遅くなることが多いようです

  • 赤ちゃんの寝返り時期が遅い原因【単に嫌がっているだけ】

  • 多くの赤ちゃんは寝返り⇒はいはい⇒お座りと順番にするようになるのですが、寝返りを飛ばしてイキナリステップアップという赤ちゃんも中にはいます。寝返りというステップを踏まなかったのは、単に赤ちゃんが寝返りするのを嫌っていたからと考えるのが妥当です。
    出典 :赤ちゃんと寝返り
     

    お座りやハイハイができるのは、『腰』の筋肉や神経が成長した証拠です

  • 赤ちゃんの寝返り時期が遅い原因【環境】

  • 赤ちゃんが寝返りのきっかけを掴むには、まず寝返りできるスペースが必要です。赤ちゃんの場合は首のひねり具合や腰と足の向く方向で、真横に寝返りしない場合があります。赤ちゃんの寝返りスペースは、慣れないうちは円形にスペースを作りましょう。
    出典 :寝返りえしない赤ちゃん
     

    移動が多く、家に持ち込めるタイプのベビーシートやチャイルドシートで寝たままにさせたり、バウンサーに寝かせたままのことが多いと、赤ちゃんにとっては寝返りできる環境が整っていないことになります

  • 厚着よりも薄着のほうが動きやすくて、寝返りがしやすいもの。
    出典 :So Da Tsu com|妊娠・育児大百科【生後5ヶ月/赤ちゃんの発育・発達】
     

    薄着にして体を横向きにしてあげると、寝返りする赤ちゃんも!

  • 赤ちゃんの寝返り時期が遅い原因【病気や障害】

  • 体の硬さ(硬い場合と柔らかい場合があります)やその他の動き、手などの微細運動、言葉や社会性などの評価も合わせて総合的に考える必要があります。正常のバリエーションのこともありますが、軽度の精神発達遅滞や脳性麻痺、その他筋肉や神経疾患などが鑑別の対象になってきます。
    出典 :自分から寝返りをしません - 子供の病気・健康相談『ユンタ先生のすこやかカルテ』 - 育児のまぐまぐ!
     

    寝返りをしないということだけが原因ではなく、他になにか異常が見られる場合は上のような理由が考えられるようです