脳下垂体腫瘍の手術について。どんな手術があるの?

脳下垂体腫瘍の手術と言っても、いくつか方法があるようです。
それぞれの方法についてまとめました。

view109

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳下垂体腫瘍とは?

  • 脳下垂体は、人間の脳の底で、真ん中に存在する部分のことをいいます。その名からも想像がつくとおり、丁度、脳から下に垂れさがる房状の形態をしています。ここの部分にできる脳腫瘍のことを総称して“下垂体腫瘍”と呼びます。
    出典 :脳下垂体腫瘍 に関する情報サイト | NouProblem.jp
  • 下垂体は、様々なホルモンを分泌して、体のバランスを整える働きがあることから、この部分に発生する腫瘍は、過剰にホルモンを産生するタイプがあります。
    出典 :脳下垂体腫瘍 に関する情報サイト | NouProblem.jp
     

    脳下垂体腫瘍は、様々なホルモンに影響を及ぼす腫瘍のようです。

  • 脳下垂体腫瘍の手術

  • 経鼻的下垂体手術(経蝶形骨下垂体手術)
    出典 :下垂体腫瘍 | 日本医科大学付属病院
     

    この手術は、前歯の付け根を切開して行う手術のようです。

  • 右大腿部の小さな創は別として、首から上に手術創が残らないこと、
    腫瘍と正常組織が区別でき、腫瘍のみの選択的摘出ができること、
    開頭手術に比べ、脳や全身に対する負担が少なく、高齢者や状態の不良な入でも手術が可能であること
    剃髪が不要であるため社会復帰が早いこと等が挙げられます。
    出典 :下垂体腫瘍 | 日本医科大学付属病院
     

    この手術には、このようなメリットがあります。

  • 経鼻的内視鏡下手術
    最近数年来の傾向として、この経鼻的下垂体手術を内視鏡下に行なう手技が普及・安定してきました。
    内視鏡手術では手術野が広く明るい上、顕微鏡手術の死角の部分も十分観察できます。
    出典 :下垂体腫瘍 | 日本医科大学付属病院
  • しかし、これはあくまでモニターの画面で見えているだけで、本来到達しにくい場所の腫瘍を摘出するにはかなりの熟練と特殊な手術道具が必要です。
    内視鏡手術も全国的に普及してきており、安全かつ確実な手術方法になってきております。
    出典 :下垂体腫瘍 | 日本医科大学付属病院
     

    この方法で手術するならば、病院選びがより重要になります。

  • 開頭手術
    経鼻的手術に比べ術野が広く硬い腫瘍や頭蓋内に大きく広がった腫蕩にも用いることができること、
    頭蓋内に何らかの合併病変がみられる場合に、同時に処理することも可能であること、等が挙げられます。
    出典 :下垂体腫瘍 | 日本医科大学付属病院
     

    開頭手術には、このようなメリットがあります。

  •  

    どの手術方法にしても、医師との信頼関係は欠かせません。

  • 脳下垂体腫瘍の手術による合併症

  • 最悪の合併症は脳出血や脳梗塞、術中大量出血です。
    これは下垂体の両側に走っている内頸動脈が障害されると生じます。熟練した医師が細心の注意を払って手術を行えば通常は起こりません。
    出典 :home.hiroshima-u.ac.jp
     

    このような合併症が起こることは、稀と言えるでしょう。

  • 次に重篤な合併症は視機能障害です。
    下垂体の上にある視神経や頸動脈の外側にある目玉を動かす神経が障害されると視力視野障害が生じたり、目が動かなくなって物が二重に見えるようになったりまぶたが開かなくなったりします。
    出典 :home.hiroshima-u.ac.jp
     

    脳出血や脳梗塞、術中大量出血と同様に、この合併症が起こることは稀です。

  • 3番目は髄液漏です。
    ここからばい菌が脳にはいると髄膜炎をおこし、死に至ることもあるのできちんとした処置が必要です。場合によっては再手術で穴をふさぐこともあります。
    出典 :home.hiroshima-u.ac.jp
  • 4番目はホルモン低下症です。
    最も顕著なのが尿量をコントロールするホルモン(抗利尿ホルモン)分泌低下症で、尿崩症といって大量に尿が出る様になります。
    通常は1週間程度でおさまりますのでその間は注射でホルモン補充を行います。
    出典 :home.hiroshima-u.ac.jp
     

    このような合併症は短期間で改善されるため、問題は無いようです。

  • 5番目は低ナトリウム血症です。
    通常、健常者では体の塩分濃度は一定ですが、この手術をしたあと約1週間ほどして塩分濃度(ナトリウム濃度)が低下することがあります。通常、薬により数日で回復します。
    出典 :home.hiroshima-u.ac.jp
     

    こちらの合併症も、特に問題は無いとされています。