低血圧対策にはこれがいい?

高血圧なら分かり易いけど、低血圧の症状対策にはなにが良いんだろう?

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • めまい・立ちくらみ・失神は、耳や脳血管、神経、心臓などさまざまな病気にともなって起こることが知られています。
    出典 :めまい・立ちくらみ・失神|症状|低血圧 Support Group
     

    低血圧は、血圧が低下していることで、脳へ供給される血液が減少するためにさまざまな症状が起こります。

  • しかしながら、低血圧そのものは「血圧が低い健康な人」であり、病気ではない。上手に付きあっていけば、低血圧が原因で起こる不快な症状は軽減することができるのだ。
    出典 :意外にツライ!低血圧の悩み 低血圧をもっと知ろう|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
  • 低血圧対策には、普段の生活習慣の改善が大事と言われています。

  • 以外と簡単? 低血圧対策

  • 低血圧は宵っ張りの朝寝坊の人に多いが、夜は興奮することを減らして10分でも早く就寝し、朝は早起きが対策の第一歩だ。朝、シャワーを浴び、朝食をとることで交感神経の働きが高まり症状が緩和される。
    出典 :低血圧症状どう防ぐ
     

    早寝早起きは三文の得……いえ、低血圧対策にも有効なんですね。

  •  

    早寝早起きで余裕あるリズムで生活しましょう。

  • 血流のためには有酸素運動が良いのですが、特に低血圧対策としては、足の筋力をつけるということが挙げられます。
    出典 :対策
     

    足は、心臓から送られた血液を心臓へ送り返すための大切なポンプの役目をしています。

  • 低血圧の人には、運動不足の方も多く筋力が不足しているの原因の事が多いようです。

  • また、偏った食事やダイエットをしている方も栄養が偏ったり不足気味になるので低血圧になりやすいです。

  • 必要不可欠な栄養素は、亜鉛・鉄・セレンなどのミネラルと、ビタミンB1・B2などのビタミンです。ミネラル補給は、女性ホルモンのバランスを保ち、冷え・生理不順・低体温を改善します。
    出典 :低血圧|低血圧の症状・改善・数値・食事 - 病気・症状 チェック
     

    食事などの生活習慣の改善が低血圧予防に役立ちます。

  •  

    バランスの良い食事は低血圧改善にも繋がります。

  • そのほか日常生活で心がけるべきこと

  • 入浴は血液の循環をよくしますが、長湯と熱い湯は禁物です。
    枕は高めのものを使いましょう。
    出典 :日常生活での工夫|改善方法|低血圧 Support Group
  • また、足のむくみ防止用サポーターを使用したり、女性であればむくみ防止のストッキングなどを活用してみるものいいかもしれません。
    出典 :対策
     

    むくみ防止の構造は血行の促進も考えられていますので、低血圧対策にも使える部分があります。

  • また、タバコもニコチンに血管の収縮作用があるので低血圧の人は吸わない方が良いでしょう。