お肌のゴールデンタイムは眠り始めの3時間だったって知ってた?

よく、夜の11時から深夜の2時まではお肌のゴールデンタイム! なんて言いますよね。ですが、実は本当のお肌のゴールデンタイムは眠りはじめの3時間だったのです!

view153

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • えっ、嘘!?お肌のゴールデンタイムって深夜2時までじゃないの?

  • よく言われているのが、22時から午前2時です。睡眠時、肌を健やかな状態に保つために、体から成長ホルモンが活発に出される時間をさして「ゴールデンタイム」と言います。

    しかし、最近の研究では、これは「古い」のではないか、と言われているのです。
    出典 :新・肌のゴールデンタイム!良質の睡眠は寝初め3時間がカギ? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    ど、どういうこと!? と思わずうろたえてしまう女性も多いはず。大丈夫、ちゃんと説明しますので、深呼吸して読み進めてみてくださいね。

  • ゴールデンタイムは寝ついてからの3時間!

  • 何時に寝ても、寝始めて3時間(特に最初の90分)に、成長ホルモンは集中して分泌されているのです。
    出典 :新・肌のゴールデンタイム!良質の睡眠は寝初め3時間がカギ? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    ええええ!? いつ寝ても関係ないの? と思ったあなた、確かにこれまでの常識や定説では考えられないことですが、寝てから3時間がお肌のゴールデンタイムだとすると、寝る時間を気にする生活から解放されますよね。

  • ストレスフルな現代、せめて睡眠だけでも快適さを追求しましょう。

  • じゃあ、今まで言われていたゴールデンタイムってなに?

  • 当然、今まで信じていたのはなんだったの? と疑問に思うのは当然ですよね。

  • 「22時から2時がお肌のゴールデンタイムと言われますが、現実的には22時に睡眠をとれる人はそんなに多くないですよね? これは旧日本人型のライフスタイルで、現在の暮らし方には合いません」
    出典 :「お肌のゴールデンタイムは22~2時」は時代遅れ?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース(1/2)
     

    夜でも煌々と明かりが灯り、インターネットの発展や時間に縛られないフリーランスの増加、仕事の国際化などなど、昔はこういったことがなかったので、寝る時間が大体一定だったことが11時2時というゴールデンタイムが出てきた理由だったのです。

  • ライフスタイルの変化にともなって、ようやく分かってきたのがゴールデンタイムの正体です。

  • 何時に寝るかではなく、質の高い眠りが取れるかどうかが大切

  • “何時に寝る”とか“何時間眠る”といった数字にこだわるよりも、自分にとってどれくらい快適な睡眠を得られるかという方が、美容にとっても健康にとっても大切
    出典 :お肌のゴールデンタイムは嘘!? 信じてはいけない「睡眠都市伝説」3つ
     

    ベッドに入る時間を気にしてストレスを溜める生活、けっこうしんどい・・・なんて方も多いはず。

  • 実はゴールデンタイムに眠っていたとしても血糖値が低い状態になっていないと成長ホルモンは分泌されません。反対にたとえゴールデンタイムからはずれていたとしても、きちんと血糖値が下がった状態での睡眠であれば成長ホルモンの分泌を期待することが出来るのです。
    出典 :早く寝ても寝る前に●●していないとゴールデンタイムにならない!? | Life & Beauty Report(LBR)
     

    人間は、食べた後すぐにエネルギーを補給するため、血糖値がぐんと上がります。その後、消化吸収と共に血糖値は下がっていき、ある程度以上に血糖値が下がってくると、空腹を感じるのです。

  • 食べてすぐ寝ると・・・なんて昔から良く言いますが、消化不良だけではなく、美肌のためにも寝る直前に食べるのはNG。質の高い眠りを取って、心身ともに、そしてお肌にも快適な生活を手にしましょう!