薄メイクで美人顔になる化粧品の選び方・使い方

薄メイクで美人顔に仕上げるには、ファンデーションの選び方や、使い方にコツがあります。べた塗り、厚塗りは禁物。顔の特徴をつかんで、足すところと、隠すところとを考えるとより映える仕上がりに。ナチュラルかつきれいに仕上げるためのノウハウを伝授します。

view45

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性はメイクで雰囲気がすごく変わります。一重なのに、二重風にできたり、シャープな大人な顔立ち、可愛らしい雰囲気を演出できたり。メイク一つでずいぶん印象が違って見えてきます。メイクはまさに魔法のようです。

  • メイクの色の選び方や、メイクの手法でも顔つきはずいぶんかわってきます。例えば、濃いめのアイシャドウ、赤いリップをしていると、存在感が出ますが、ちょっときつく感じたり、派手な印象をもたれることが多いです。
    逆に、薄すぎたり、ノ―メイクみたいだったりすると今度は顔色が悪くみえ、ちょっとさびしげな印象に。薄すぎす、濃すぎず、それでいてちょっと美人顔、にみせるメイク方法を調べてみましょう。

  • 薄メイクで美人顔に仕上げるには

  • ファンデも、アイラインも薄めでどうやったら美人顔がつくれるの?

  • 素肌を最大限生かせるようなメイク法をご紹介

  • メイクを始める前にまずやっておかなければならないことは・・。

  • ベースメイクを始める前に、忘れてはいけないのが念入りな保湿。
    出典 :ナチュラルな透明感を目指す!すっぴん美人風ベースメイクのコツ | 美容ブログ [女性の美学]
     

    ファンデやリップを使う前にしなければならないことがあります。薄メイクを成功させるにはまず素肌を整えてから。まず、土台となるお肌が荒れていてはうまくまとまりません。
    毎日の洗顔、化粧水、保湿クリームなどを使ってきちんとメンテナンスしておきましょう。おろそかにしてはいけません。
    メイク落としもしっかりしないと、肌荒れ、ニキビの原因になりますよ。

  • メイクをきれいに肌にのせるためには日頃のスキンケアはとっても大切なのです。

  • コントロールカラーで肌色を調節

  • ファンデーションを塗る前にマストで行うべきなのが、コントロールカラ―を使用した顔の色味の調節。
    出典 :ナチュラルな透明感を目指す!すっぴん美人風ベースメイクのコツ | 美容ブログ [女性の美学]
  •  

    顔色がくすみがちな方は、ピンク、イエロー系。クマが気になる方はオレンジ。透明感を出したい方はパープルをのせると顔色の補正ができます。
    手に取ったとき、オレンジや、ピンクの液体なのでなんだか変な感じがしますが、大丈夫。顔色に合っていたら、自然な顔色の感じになるはずです。

  • このように事前に顔色を調節しておくと、次につけるファンデの質感や色がなじみます。

  • ファンデーションは薄く、薄く。

  • ナチュラルメイクの日は、パール大程度の量のリキッドファンデーションをお顔の中央部分を中心として全体に伸ばしていく程度に留めることを心がけましょう。
    出典 :ナチュラルな透明感を目指す!すっぴん美人風ベースメイクのコツ | 美容ブログ [女性の美学]
     

    ここで注意したいのは、ファンデーションの厚塗りです。たくさんつけてものっぺりした単調な顔になってしまうだけ。
    この上にパウダーファンデーションの重ね塗りはダメです。厚塗りに拍車がかかるだけ。

  • ファンデーションはメイクのベースとなるものですので薄めに、薄めに。

  • ファンデの後は、フェイスパウダーで細やかな肌

  •  

    ファンデの後は、フェイスパウダーを使って仕上げるのが、透明できめ細やかな肌質にするコツです。パールのような質感が出るものであれば、華やかになってGOOD。
    こんな風に、いろいろなパウダーボールが組み合わさっているものも使うのには楽しくて良いですよね。ファンデ+フェイスパウダーをすれば、透明感のある美人肌の出来上がりです。

  • ファンデ+フェイスパウダーをすれば、透明感のある美人肌の出来上がりです。

  • 鼻筋派ハイライト・隠すのにはシェ―ディング

  • 顔の良いところ、隠したいところをうまくカバーする方法です。

  •  

    鼻筋にハイライトを入れるとすっと通った美人顔に。また、きになるあごや額の広さを隠すためにはにはシェ―ディングを入れると効果的です。ハイライトは明るめの色をのせますが、シェ―ディングは肌の色より暗めの色で影を作ります。

  •  

    リップの色はナチュラル色を選びましょう。薄ピンクやベージュといった色が自然な口元を演出します。薄メイクでも、顔のよいところを上手に生かし、また、足りないところを補うことで自分にあったメイクを完成することができます。

  • 皆さんが思う、薄メイクで美人顔、作れましたか?