【モーニングアフターピル】副作用時間どの位続く?

view1223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ピルを服用したことによる副作用。モーニングアフターピル副作用時間はどのくらい続く?どんな症状?ピルを飲んだあとの吐き気はいつまで続くのでしょう?まとめました。

  • モーニングアフターピルとは?

  •  
  • モーニングアフターピルには2パターンあります。

    1、レボノルゲストレルを有効成分とする薬
     まだ日本では販売しておらず(強姦の被害者のみ)今、承認申請をしています。
    2、緊急避妊薬と同じ効果が得られるホルモン濃度の量の経口避妊薬(ピル)を服用するというパターン

    先進国の中で、緊急避妊を認証していないのは日本だけです。

  • モーニングアフターピルの入手法

  •  
  •  
     

    費用は大体1万円程度。病院に問い合わせましょう。

  •  
     

    こちらは、通販のサイトになります。
    1錠1箱ー2980円でした。
    日本では認証されていないことを承認した上での購入になります。

  • アイピル

     
     

    1錠で1箱です。
    2980円

  • 副作用はどんなもの?

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 個人差はありますが、アフターピルを飲むつもりなら、仕事は休み、家にいた方が良いようです。
    副作用がかなりキツイ方もいるようです。

  •  
     

    従来処方されていたプラノバール錠では、吐き気が50%、嘔吐が18%ほど見られました。
    市販の乗り物酔いの薬を一緒に飲むと解決されるようです。

    数時間から半日程度で緩和し、24時間以上続くことは稀です。

  • 妊娠を回避できたかどうかは、生理でわかります。早い人で数日、通常でも3週間以内に生理が始まります。もしくは、通常の予定日に生理が来れば避妊の成功です。もし、それ以上経っても生理が来ない場合は妊娠の検査をしましょう。
    アフターピルの効果は100%ではありません。タイミングがずれてしまうと効果が半減します。