【出産~3ヶ月頃】知っておけば安心!赤ちゃんに見られる症状とその対処法

生まれたばかりの赤ちゃんは産後3ヶ月頃まではお母さんからもらった抗体でそれほど病気になることはあまりありません。
でも、なにかいつもと変わった状態が見られるとお母さんは心配になっちゃいますよね。
産後すぐから3ヶ月頃までの赤ちゃんに見られる症状と対処法をまとめてみました

view843

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳児湿疹(赤ちゃんにできる湿疹の総称)

  • 赤ちゃんの顔や体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼びます。カサカサするものも、ベタベタするものも、ジュクジュクするものもぜ~んぶ乳児湿疹。乳児湿疹というのは、文字どおり「赤ちゃんにできる湿疹」のことなのです。
    出典 :赤ちゃんによくあるお肌のトラブル図鑑【乳児湿疹/新生児ニキビ/脂漏性湿疹】 - gooベビー
  • 脂漏性湿疹

     

    眉毛や頭皮に黄色いかさぶた状のものができるのが特徴
    赤ちゃんにはよく見られる症状なので、慌てず対処しましょう

  • これは生後1ヶ月~2ヶ月の一時的な期間の間、赤ちゃんの脂の分泌が激しくなるときがあります。
    3ヶ月目くらいから収まり、またツルツル赤ちゃんに戻るのですが、一時的には、顔はブツブツ、匂いは思春期真っ只中の中学生男子のような脂臭いになることがあります。
    出典 :新生児によくある症状|ハートライフ病院で ハートフルなお産
     

    頭髪の中、あるいは眉毛にそってびっちりと黄色いかさぶた状のものができてしまうこともあります。

  • 新生児ニキビ

     

    生後から3ヶ月頃までによく見られる症状
    皮脂分泌が盛んなために起こってしまう

    赤くブツブツした湿疹が特徴。中に白い芯があるものも時には見られる

  • おふろに入れ、石けんでよく洗います。  放置しておくと、菌が感染して炎症を起こすこともあるので、こわがらずに洗うことが大切。顔はぬらしたガーゼに石けんをつけて、ていねいに洗います。石けん分は、きれいに洗い流すこと
    出典 :子供のよくある病気
  • どのタイプの湿疹もケアで重要なのは”清潔にしてあげる”こと。
    湿疹の箇所が顔に近いと洗うのが不安ですが、ガーゼなども使ってキレイにしてあげましょう。

  • おむつかぶれ

  • 痛々しいおむつかぶれ

     

    おしっこやうんちは赤ちゃんのデリケートなお肌を刺激してしまいます。
    長時間おむつが汚れたままでいると、おむつかぶれを起こす大きな原因になってしまうのです

  • おむつかぶれは、おむつにおおわれた皮膚に起きた炎症で、医学的には「おむつ皮膚炎」といいます。おしり全体が赤くなったり、ポツポツとあせものような湿疹として現れることもあります。炎症はかゆみや痛みをともない、悪化するとただれて血がにじむ赤ちゃんもいます。
    出典 :花王 メリーズ 赤ちゃんとママのための情報 おむつかぶれ おむつかぶれの基礎知識
  • おむつかぶれとは、おむつが直接ふれる赤ちゃんの性器や太ももの盛り上がった部分が赤くなったり、時には赤くじくじくただれる症状の皮膚炎のこと。
    出典 :おむつかぶれ 1 - 赤ちゃんのおむつおしり研究所 ユニ・チャーム
     

    おむつかぶれのほとんどが性器や肛門周辺におこるものばかりですが、稀にオムツに覆われている箇所全体が赤くなったり、おむつのゴムやギャザーがあたる部分である太ももやウエストが赤くなってしまうこともあるようです

  • 実は、このおむつかぶれと似たような症状が現れる病気があります。
    「カンジタ性皮膚炎」と呼ばれているものです。
    本当によく似た症状ですが、処方されるお薬はまったく違うものです。勝手な自己判断はせず、早めに小児科を受診するようにしましょう。

  • オムツかぶれの時はおしりふきはなるべく使わない

     

    おしりふきも実は意外と刺激になるんです。
    キレイにしてあげたい、というママの愛情でゴシゴシっと拭いちゃうと、赤ちゃんのデリケートなお肌を刺激してしまいます。

    オムツかぶれのときは更にデリケートな状態。触れただけでも痛がって泣いちゃうかもしれません。
    そんなときには、なるべくおしりふきは使わないでいてあげて。

  • 座浴がオムツかぶれ予防に最適!

     

    おむつかぶれの予防とケアにはコレが一番です!

    おしっこやうんち、夏場だと汗などがデリケートな赤ちゃんのお肌を刺激してしまうのです。
    オムツ替えの度にできるならベスト。それが難しいようなら、うんちのときだけでもやってあげるとぜんぜん違います。

    キレイになったらしっかり乾燥させてあげましょう。
    これだけでびっくりするくらいにおむつかぶれは改善します。
    お試しあれ!

  • 試したのは、洗剤の空きボトルにぬる目のお湯を入れて、オムツ交換の際におしりにかけること。この方法だと、汚れをある程度落とすことができるし、おしりふきを使うより肌への負担が少ないみたいです。
    出典 :オムツ交換のときにぬるま湯でお...【卒乳・育児相談・体験談】ベネッセ子育てインフォ
     

    毎回、洗面器にお湯を張って・・・となるとママも大変。
    冬場だと赤ちゃんが風邪をひいちゃうかも・・・

    そんなときにはこの方法がオススメです♪

  • 便秘(生理的便秘とも呼ばれる)

  • 足を持って、自転車のペダルこぎをするように動かしてあげる

  • まずは、お母さんが子供の足を持ってあげて、左右交互に上下に動かしてあげます。
    出典 :生後3ヶ月の赤ちゃんに良く見られる便秘の症状 | 赤ちゃん便秘をスッキリ解消!お母さんの悩みもスッキリ解消!
     

    お母さんが足を動かしてあげることで腸への刺激となってお通じがよくなる、ということらしい

  • お腹を「の」の字を書くようになでてマッサージ

     

    「の」の字を書くようにお腹をさすってあげましょう。
    これがうまい具合に腸を刺激するマッサージになります。

  • 『の』の字マッサージ
    腸の運動を助け、便を出やすくします。おへそを中心に小さい『の』の字を書きながらマッサージをしましょう。
    出典 :こんな時どうしたらいいの?こどもが病気の時|生馬医院
  • 綿棒で肛門をマッサージ(刺激)する

     

    オリーブオイルを綿棒の先にしっかり塗っておいてあげましょう。

  • 発熱

  • 生後3ヶ月ごろの赤ちゃんが高熱を出すことはあまりありません。(まったくないわけではありません)しかし、38度以上の高熱を出した場合には「中耳炎」「扁桃・咽頭の炎症」「肺炎」「尿路感染症」などの病気が疑われるので、早めに受診して発熱の原因を突き止め適切な治療を行う必要があります
    出典 :発熱
  • 赤ちゃんは大人と違い、体温調節が未熟なため、容易に40℃の熱を出します。大人なら40℃の熱は重症であることが多いですが、生後3ヶ月以上の赤ちゃんの場合は熱の高さと病気のひどさには関係の無い事が多く、病気の重症度は主に哺乳力(水分摂取量)を参考にして決めます
    出典 :こんな時どうしたらいいの?こどもが病気の時|生馬医院
  • 生後3ヶ月未満児の38度以上の発熱は、重症感染症の見落としがあるといけないので、原則入院といわれることが多いと思います。しかしその80%以上が実際は外来で治療可能な疾患であったといわれ、むやみに怖がる必要はなさそうです
    出典 :あかちゃんの発熱
     

    大切なのは適切な対処ができるかどうか!

  • 38℃くらいの熱があっても、機嫌がよく食欲もあるときはそれほど慌てる必要はありません。半日くらい様子をみましょう。ただし、生後5ヶ月までの赤ちゃんは急いで手当てをしなければならない病気の可能性もあるので、熱がそれほど高くなくても普段と様子が違うときには、すぐに診察を受けましょう
    出典 :こんな症状があったらお医者さんへ(発熱)|「子育てお役立ち辞典」 - はっぴーママ.com
  • 生後3ヶ月までの赤ちゃんは発熱したときに受診するかどうかの目安は熱が38度以上になっているかどうか、です。
    もし、38度以上の熱がある場合は夜間であっても医療機関を受診するようにしましょう。

    ただし、生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節がうまくできないため、部屋が暖かすぎる・服を着せすぎているといったときにも体温が上昇してしまいます。
    もし、熱が出てるかも?と思ったときにはそういった点もチェックしてみるといいかもしれません。

  • 嘔吐

  • 赤ちゃんの嘔吐はよくある症状です。
    母乳やミルクを飲んだ後にきちんとゲップをさせてあげないと飲んだものを吐いてしまう、なんてこともよくあります。こういった嘔吐は特に心配する必要がありません。
    しかし、中には心配なものも・・・

  • ■下記の場合は緊急を要する嘔吐なので、至急病院へ行きましょう。
    ・繰り返し嘔吐し、ぐったりとしている時
    ・熱や下痢などの症状がある時
    ・下痢のときに、血便もまじっている時
    ・頭や体を強く打った後や、数日した急に吐いた時
    出典 :赤ちゃんの嘔吐(吐いたら)について-赤ちゃんの病気
  • 〇夜間でも至急小児科受診の必要があるもの
    ・ 下痢と嘔吐が重なり、哺乳力が低下し、水分を受け付けない。
    ・ おしっこが減って、ぐったりしてきた。
    ・ 嘔吐物に血液または、黒いモヤモヤした粕が多量に混ざってくる。
    ・ 黄色~緑色の吐物ばかり
    出典 :こんな時どうしたらいいの?こどもが病気の時|生馬医院
     

    こういった症状を伴っている場合は、とにかく受診することが大切!