【出産~3ヶ月頃】知っておけば安心!赤ちゃんに見られる症状とその対処法

view855

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生まれたばかりの赤ちゃんは産後3ヶ月頃まではお母さんからもらった抗体でそれほど病気になることはあまりありません。
    でも、なにかいつもと変わった状態が見られるとお母さんは心配になっちゃいますよね。
    産後すぐから3ヶ月頃までの赤ちゃんに見られる症状と対処法をまとめてみました

  • 乳児湿疹(赤ちゃんにできる湿疹の総称)

  •  
  • 脂漏性湿疹

     
     

    眉毛や頭皮に黄色いかさぶた状のものができるのが特徴
    赤ちゃんにはよく見られる症状なので、慌てず対処しましょう

  •  
     

    頭髪の中、あるいは眉毛にそってびっちりと黄色いかさぶた状のものができてしまうこともあります。

  • 新生児ニキビ

     
     

    生後から3ヶ月頃までによく見られる症状
    皮脂分泌が盛んなために起こってしまう

    赤くブツブツした湿疹が特徴。中に白い芯があるものも時には見られる

  •  
  • どのタイプの湿疹もケアで重要なのは”清潔にしてあげる”こと。
    湿疹の箇所が顔に近いと洗うのが不安ですが、ガーゼなども使ってキレイにしてあげましょう。

  • おむつかぶれ

  • 痛々しいおむつかぶれ

     
     

    おしっこやうんちは赤ちゃんのデリケートなお肌を刺激してしまいます。
    長時間おむつが汚れたままでいると、おむつかぶれを起こす大きな原因になってしまうのです

  •  
  •  
     

    おむつかぶれのほとんどが性器や肛門周辺におこるものばかりですが、稀にオムツに覆われている箇所全体が赤くなったり、おむつのゴムやギャザーがあたる部分である太ももやウエストが赤くなってしまうこともあるようです

  • 実は、このおむつかぶれと似たような症状が現れる病気があります。
    「カンジタ性皮膚炎」と呼ばれているものです。
    本当によく似た症状ですが、処方されるお薬はまったく違うものです。勝手な自己判断はせず、早めに小児科を受診するようにしましょう。

  • オムツかぶれの時はおしりふきはなるべく使わない

     
     

    おしりふきも実は意外と刺激になるんです。
    キレイにしてあげたい、というママの愛情でゴシゴシっと拭いちゃうと、赤ちゃんのデリケートなお肌を刺激してしまいます。

    オムツかぶれのときは更にデリケートな状態。触れただけでも痛がって泣いちゃうかもしれません。
    そんなときには、なるべくおしりふきは使わないでいてあげて。

  • 座浴がオムツかぶれ予防に最適!

     
     

    おむつかぶれの予防とケアにはコレが一番です!

    おしっこやうんち、夏場だと汗などがデリケートな赤ちゃんのお肌を刺激してしまうのです。
    オムツ替えの度にできるならベスト。それが難しいようなら、うんちのときだけでもやってあげるとぜんぜん違います。

    キレイになったらしっかり乾燥させてあげましょう。
    これだけでびっくりするくらいにおむつかぶれは改善します。
    お試しあれ!

  •  
     

    毎回、洗面器にお湯を張って・・・となるとママも大変。
    冬場だと赤ちゃんが風邪をひいちゃうかも・・・

    そんなときにはこの方法がオススメです♪

  • 便秘(生理的便秘とも呼ばれる)

  • 足を持って、自転車のペダルこぎをするように動かしてあげる

     
  •  
     

    お母さんが足を動かしてあげることで腸への刺激となってお通じがよくなる、ということらしい

  • お腹を「の」の字を書くようになでてマッサージ

     
     

    「の」の字を書くようにお腹をさすってあげましょう。
    これがうまい具合に腸を刺激するマッサージになります。

  •  
  • 綿棒で肛門をマッサージ(刺激)する

     
     

    オリーブオイルを綿棒の先にしっかり塗っておいてあげましょう。

  • 発熱

  •  
  •  
  •  
     

    大切なのは適切な対処ができるかどうか!

  •  
  • 生後3ヶ月までの赤ちゃんは発熱したときに受診するかどうかの目安は熱が38度以上になっているかどうか、です。
    もし、38度以上の熱がある場合は夜間であっても医療機関を受診するようにしましょう。

    ただし、生まれたばかりの赤ちゃんは体温調節がうまくできないため、部屋が暖かすぎる・服を着せすぎているといったときにも体温が上昇してしまいます。
    もし、熱が出てるかも?と思ったときにはそういった点もチェックしてみるといいかもしれません。

  • 嘔吐

  • 赤ちゃんの嘔吐はよくある症状です。
    母乳やミルクを飲んだ後にきちんとゲップをさせてあげないと飲んだものを吐いてしまう、なんてこともよくあります。こういった嘔吐は特に心配する必要がありません。
    しかし、中には心配なものも・・・

  •  
  •  
     

    こういった症状を伴っている場合は、とにかく受診することが大切!