赤ちゃんの低体重障害ってどうなるの!?低体重児にならないために

赤ちゃんの低体重障害にはどういう障害があり得るのでしょうか。もしも、なった場合、成長していく過程でどういうった点に気をつけるのか、そして、それを予防するためにはどのようにしていけば良いのかをまとめました

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの低体重障害ってどんなことが考えられる!?

  • 低体重の赤ちゃん

     

    低体重の赤ちゃんにはどんな障害が考えられる!?

  • 早く、小さく生まれた赤ちゃんは、体のさまざまな機能が未熟なため、いろいろな合併症を起こしやすくなります。新生児仮死(かし)、呼吸窮迫(こきゅうきゅうはく)症候群、動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)、低血糖、電解質異常などが生後数日間の間に起こることがあります。
    出典 :低出生体重児の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 最も知られている問題としては、目の網膜が完成していなかったために起こる未熟児網膜症や、肺の機能が未完成だったために起こる呼吸障害や循環障害とそれに関連する問題でしょう。
    出典 :低体重児と障害
  • 低出生体重児では、さらに2〜3カ月ほど遅れて発達していくのが普通です。超低出生体重児の約13%に脳性麻痺、約20%に精神遅滞(ごく軽度なものも含めて)がみられるといわれています。
    出典 :低出生体重児の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 赤ちゃんの成長過程で低体重が要因で起こりうる障害はある?

  • 赤ちゃんが成長してく過程で生じる障害は!?

     

    低体重で生まれた赤ちゃんのその後は大丈夫?!

  • 確かに、低体重児はミルクの飲みが悪かったり、体温調節が下手だったり、新生児の時期は少々気を使う場面がいろいろと出てきます。
    出典 :低体重児と障害
     

    障害というほどではありませんが、ミルクの飲み方などがあまり上手ではないこともあります。

  • 注意欠如多動性障害、学習障害、聴力障害も、成熟児と比べて多くなるといわれています。しかし、小さく生まれた赤ちゃんであっても、多くは通常の学校生活、社会生活を営むことができます。
    出典 :低出生体重児の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    最初はなじめなくても、いずれ、成長していくうちに差はなくなるものです。

  • 低体重で出産しないためにママが出来ること

  • ママが赤ちゃんに出来ること

     

    低体重にならないためのマタニティライフを

  • 近年、問題視されている低体重児出産の原因に、喫煙・飲酒・歯周病などがあります。なかでも重度の歯周病にかかった妊婦が低体重児出産をする確率は、健康な歯肉の母親に比べて約7倍になります。これは、喫煙、飲酒している割合よりもかなり高い確率です。
    出典 :歯周病が招く低体重児出産 その原因と予防法について
     

    意外と言われれば意外です!歯は大切なんです!

  • 低出生体重児出産を予防するには、下記の点に留意する必要があります。(1)バランスの良い食事を心掛ける
    (2)過激な労働を避ける(3)心身の安静をはかる(4)早く早産の兆候をつかんで安静にする(5)妊娠高血圧症候群(いわゆる妊娠中毒症)を防ぎ早期に治療する
    出典 :山元病院 京都市中京区 産婦人科 小児科 / 産科・婦人科
     

    普段からしっかりとしていれば大丈夫。

  • 代表的なものとしては、喫煙や飲酒によるものが挙げられます。また、高齢出産であることや赤ちゃんが何かの感染症にかかってしまうこと、何らかの理由で胎盤の機能がうまく働かず赤ちゃんに栄養がいかないこと、なども考えられます。
    出典 :低体重児となる要因
  • 低体重で生まれてくるあ赤ちゃんには様々な原因があります。ただし、ママが出来ることは、マタニティの間には飲酒、喫煙などを控えるようにし、きちんとした生活を送るように心がけましょう。
    もちろん、低体重で生まれた赤ちゃんに対しての障害は少しはありますが、最近では医学の進歩もありますから、落胆せずに前向きになりましょう。