安産祈願?妊娠したお腹を支える「腹帯の巻き方」について

日本には妊娠5ヶ月目の戌の日にさらしの腹帯を巻き、安産を祈願する習慣があります。そんな腹帯の巻き方について、まとめてみました。

view1239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 戌(いぬ)の日と腹帯について

  • 妊婦帯とは、一般的にお腹が目立ってくる妊娠5ヶ月頃から使用する筒型もしくはガードルと一体型のささえ帯のことです。日本ではお産が軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日にさらしの腹帯を巻き、安産を祈願する慣わしがあります。
    出典 :妊婦帯(腹帯)はなぜ必要?|マタニティ用品の通販エンゼルストア
  • 腹帯をつける風習は日本独特のもので、近くの韓国・中国にも、もちろん西欧諸国にもないそうです。なぜ、戌の日にお参りをして、腹帯をつけるという風習ができたのでしょうか?
    出典 :腹帯の由来・種類・巻き方 図入り解説 [出産準備] All About
  •  

    「戌の日」とは、十二支の「戌」にあたる日のことです。
    十二支なので、1ヶ月に2、3回程度巡ってきます。

  • 「戌(いぬ)の日」とは、十二支の11番目にあたる、12日に一度めぐってくる日のこと。
    たくさんの子を産み、お産が軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。
    出典 :戌の日カレンダー 安産祈願や神社情報やお参りの作法、腹帯について | ベビカム
  • それにあやかって、12日に一度訪れる戌の日に、妊婦さんと赤ちゃんの無事を願って、安産祈願を行うようになったと言われています。 「帯祝い」は、妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産をお祈りする儀式をいいますが、時代や地域によって風習や習慣にも違いがあるようです。
    出典 :戌の日カレンダー 安産祈願や神社情報やお参りの作法、腹帯について | ベビカム
  • 腹帯の効果とは?

  • 「腹帯」には主に2つの効果があると言われています。

  • 1つ目は「母体を冷えから守ること」です。腹帯を巻いていれば腹部の冷えを緩和することが出来ます。妊娠中の体は部位によって温度差が生じてしまう為、上半身は暑いくらいでも下半身(腰まわりなど)は比較的冷えている場合が少なくありません。冷えることは母体にも胎児にも好ましくありませんのでご注意を。
    出典 :腹帯の巻き方と効能
  • 2つ目は「大きくなったおなかと胎児を保護すること」です。妊娠後期に差し掛かると、今まで目立たなかったおなかが、胎児の発育と共に徐々に大きく膨らみ始めます。
    出典 :腹帯の巻き方と効能
  •  

    「腹帯」には、冷えを予防する効果と、大きくなったおなかを保護する効果があります。

  • 個人差がありますので平気と言う方もいらっしゃいますが、中には大きなおなかを支えるのがつらいと言う方も。腹帯をつける事によって、うまく体のバランスを取れるようになり、更には大きなおなかや胎児に与えられる衝撃を緩和することも出来るわけです。
    出典 :腹帯の巻き方と効能
  • 昔は現代の様に医学が発達しておらず、授かった赤ちゃんが無事に生まれてくる確立も現代に比べれば低かったので、せっかくの赤ちゃんが無事に生まれてくれるように神仏にお願いをしていました。
    授かったわが子を思う親の気持ちは、今も昔も変わらないようですね。
    出典 :腹帯の巻き方と効能
  • 腹帯の巻き方とは?

  • 一般的な「さらし」の腹帯の他にも、今はいろいろな種類の腹帯が販売されています。
    どれも一長一短。ライフスタイルに合ったものを探してみてくださいね!
    出典 :3/5 腹帯の由来・種類・巻き方 図入り解説 [出産準備] All About
  •  

    腹帯には、さらしタイプ、腹巻タイプ、下腹部支え一体タイプ、補助腹帯、マタニティガードルタイプなどさまざまな物があります。

  • さらしの腹帯の巻き方

  • さらしは大体5mか10mで売っています。
    10mの場合には、半分の長さ2本に切って使いましょう。

  • さらしの巻き方 産前ママ用

  • さらしの巻き方 岩田帯(後期) 犬印本舗

  • 地域によって岩田帯の巻き方は違うそうなので、母親や親戚などに聞いてみるのもいいかもしれません。

  • 最後に

  • 腹帯はきつく巻くのは厳禁です。
    強く締めすぎると気分が悪くなったり、おなかの中の子どもにも影響を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。