生命保険とがん保険 両方加入するべきなの?

  • green 更新日:2014/08/18

view141

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 保険に加入しようと考えている方や、保険の見直しを検討中の方へ、生命保険とがん保険についてまとめています。

  • 生命保険とがん保険の違いとは?

  • 生命保険とがん保険、両方加入する必要があるのか迷われている方は、まずは生命保険とがん保険の違いから勉強しましょう。

  •  
  •  
  •  
     

    ではどうしてがん保険に加入する必要があるのかと考えますよね?

  •  
     

    一般的な医療保険は保険の種類によって、30日や90日など、入院給付金の日数が決められています。

  •  
     

    がん保険の場合は、無制限で入院給付金がもらえるのが特徴です。

  •  
     

    それなら医療保険だけでも大丈夫なのでは?と考えてしまいますよね。

  •  
     

    ガンの場合、診療費が高くなるためがん保険に加入するメリットがあります。

  • 入院時にかかるお金~差額ベッド代~

     
     

    入院をしたときの差額ベッド代は大きな負担となり、もしも本人の希望で個室に入った場合は、全額自己負担となり高額療養費の対象からもはずされることを覚えておきましょう。

  •  
  • 生命保険とがん保険 加入の仕方

     
     

    生命保険とがん保険を選ぶ場合、どのような加入の仕方があるのでしょうか。保険を選ぶときには、治療費に対する考え方や貯蓄金額がどのくらいあるのかに関わってきます。タイプ別に生命保険とがん保険の使い分け方をご紹介します。

  • 入院した場合に備えている貯蓄が十分ではなく、毎月支払う保険料も抑えたい

  •  
  • 毎月支払う保険料には余裕あり。医療保険とガン保険の両方を備えたい

  •  
  • 入院についての備えはある程度できているが、高額な治療費がかかった場合の保障が欲しい

  •  
  •  
  • 生命保険とがん保険を検討されている方は、どのくらいの保険料になるのか、まずは見積もりを出してみることから始めましょう。最後にネットで簡単に見積もりが出せるサイトを紹介します。