くる病の診断基準は?くる病ってこわいの?

くる病の診断基準をみてみましょう。赤ちゃんに多いそうですよ。

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くる病っていう病気を知っていますか。成長期にある人が足りなくなって起こる病気だそうです。お母さんたちは子供達の成長に十分気をつけてくださいね。足の形が変だなと思ったりしたらすぐに病院に駆けつけましょう。ためらわずにすぐに診てもらうのが治療への第一歩です。身長が低いなどを指します。ですので、もしかして治らないかもしれませんが、病院に駆けつけることだけは怠らないようにしましょう。とても怖い病気ですね。

  • 原因は一体何でしょうか?見てみましょう。くる病の一番の原因として、やはりビタミンD の欠乏ということが大きくあげられていますね。小さい子供はビタミンD の欠乏症になりやすいということなので十分注意してあげてください。アトピー性皮膚炎があるこは特に危険なので注意してくださいね。アトピー性皮膚炎で食事の制限を続けた場合にくる病になることがあるそうなのでそのこともきちんと覚えておきましょう。体が弱い子は特に十分に注意してあげましょう。

  • くる病の診断基準

  • 赤ちゃんや幼児の足は決してまっすぐではありません。曲がっていることは多いので、足の形だけでくる病かどうかを判断することは難しいです
    出典 :くる病が増加・症状と予防は?原因は母乳?.治療方法.完治は可能? | 気になるお役立ちニュース
  • 一応の目安として、かかとをつけて、ひざとひざの間が3cm以上
    出典 :くる病が増加・症状と予防は?原因は母乳?.治療方法.完治は可能? | 気になるお役立ちニュース
  • また、ビタミンD 依存症というくる病もあります。もちろん、ビタミンB 1誘導体と言う遺伝子の異常でおきるのですけれども、それが発病されるのが年齢やいろいろな症状といったことで知られています。種類によって1型と二型に分けられるそうですが、2型の場合は治療困難な場合が多いそうなので、十分に注意してくださいね。2型というのはカルシウムが減ってしまう恐ろしい病気ですよ。治療が活性剤ビタミンD 製剤投与だそうです。一応治療法はあるので、必ず御社お医者さんに行きましょう。絶対にほうっておいてはいけませんよ。現在日本ではくる病か増加しているそうです。テレビでもよく頻繁にききますね。十分に注意しておきましょう。

  • かかりつけの病院に相談してみるといいとニュースでやっていました。
    出典 :くる病が増加・症状と予防は?原因は母乳?.治療方法.完治は可能? | 気になるお役立ちニュース
  • くる病

  • くる病(Rachitis : くるびょう、佝僂病、痀瘻病)とは、ビタミンD欠乏や代謝異常により生じる骨の石灰化障害である。
    出典 :くる病 - Wikipedia
  • この前も取り上げられていましたね。母乳が原因だという考え方もあるのですが一体どれが正確な原因がまだはっきりされていません。1日も早く正確な原因がわかるといいですね。現れる症状が主に年齢ひくい子供だけだけだということが特徴です。このことは十分に覚えておき、やはりお母さんの適切な処置が必要です。発症するとしても恐ろしい事が起きます。筋肉痛や筋肉の低下にも痛みなどが起きてしまうと書かれています。筋肉痛や筋力の低下は、歩行障害などが起きる可能性がありますので、とても注意しなければなりません。

  • また、ほねの痛みなどもかわいそうですね。やはり主婦らから食べるもの飲むものに注意して与えてあげましょう。赤ちゃんのくる病は多いため、十分に気をつけてあげてください。完全な母乳はくる病になる危険が高いそうです。インターネットでお母さんたちの心配する声もちらほら見受けられます。それに対しお医者さんば大丈夫だと言っています。というのはビタミンを食べ物から栄養として摂取したりしているのでビタミンD 不足にはならないということです。確かに色々な食べ物にビタミンは入っていますよね。ですので、まんべんなく色々な食べ物を食べさせてあげましょう。

  • 典型的な病態は、乳幼児の骨格異常で、小児期の病態を「くる病」、骨端線閉鎖が完了した後の病態を「骨軟化症」と呼び区別する[1]
    出典 :くる病 - Wikipedia
  • ただのビタミン不足ではなく紫外線に当ててしまっていることが悪い原因ともいわれています。とにかくビタミンD がとても必要なので、また、母乳からは半分しか摂取することができないために食事を持ってとらせてあげましょう。ビタミンD の多い食品は乾燥椎茸や卵、魚などだそうです。和風の料理を作るといいかもしれませんね。

  • 注意!

  • “くる病”は、足などの骨が曲がって変形し、進行すると、歩行困難になることもある病気です。
    日本では、戦後の一時期などに見られましたが、食料事情の改善とともに姿を消し、過去の病気と思われてきました
    出典 :乳幼児の“くる病”にご注意!|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本
  • しかし、その“くる病”が再び増えています。
    その背景には、近頃の子育てを取り巻く環境がありました
    出典 :乳幼児の“くる病”にご注意!|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本
  • 子供はハンバーグなどの洋風が好きかもしれませんが、適度に和風なども作って子供の健康を図ってあげてください。お母さんにしか調整ができないことなので、しっかりと頑張ってくださいね。子供くる病から守るためにはいろいろな工夫が必要なことがわかりましたね。

  • 20年ほど前から、ぽつぽつ見られるようになり、最近は、ごくありふれた病気といっても過言ではないほど、患者さんは増えてきていると思う。
    出典 :乳幼児の“くる病”にご注意!|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本