息切れの原因として考えられること*貧血?それとも病気?

息切れの原因として考えられることはなんでしょうか。?単なる体力不足ということもありますが、体の臓器がどこか異変をきたしているというサインかもしれません。ひどい症状にならないうちに、早めに対処することが大切です。

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 階段を上っていると、とても息切れがする。突然、動悸がして息苦しくなる・・。こんな症状出たことありますか。?
    日ごろの体力不足、を痛感しているなら運動や基礎体力を高めるように日々運動をすればよいのですが、もしからしたらこれは、体からの異常を知らせる大事なメッセージなのかもしれません。
    息切れの原因、探ってみましょう。

  • 息切れの原因は何?

  • 息切れはさまざまな原因や病気で起こります。息切れそのものは肺の症状なので肺の病気が多いですが、肺に影響を与える他臓器、例えば心臓や血管などの病気が原因で息切れすることもあります。
    出典 :息切れの原因となる病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
     

    血管では血液の流れにのって酸素も送られているのですが、その流れが一部詰まったり、血流が悪くなったりすると体内が「酸素不足」という状態になり、息切れの症状として現われることとなります。

  • 息切れが強いときは、酸欠気味や炭酸ガス(二酸化炭素)過剰気味になっていることが多く、体は何とかしてその不足分を補おうとします。不足分が補いきれなくなると、酸欠などで意識を失ったり、心臓が止まってしまったりします。
    出典 :息切れの原因となる病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
     

    これは大変です。息切れは、体からの重大な注意信号なのですね。

  • ここで息切れの可能性のある病気の例をいくつかあげてみたいと思います。

  • 肺の病気で息切れ

     

    細菌やウイルス感染から起こる、風邪の症状でも起こることがあります。
    インフルエンザや肺炎なども気管支や肺に負担がかかりますので、息切れが起こる可能性があります。
    気管支炎はひどくなるとぜーぜーとした咳などを引き起こし、息が苦しい状態になります。
    気管支拡張症ではタバコが原因となる息切れがひどくなります。
    これは禁煙をしないと重症となる恐れがありますので病院で治療することが必要です。
    また、この症状は根気よく治療を続けないと完治しないそうです。

  • 心臓からくる息切れ

     

    肺の中に水分や液体がたまる肺水腫は、呼吸困難を起こすほか、息苦しさや重苦しい感じがします。
    また、狭心症や心筋梗塞でも同様な息苦しさを感じることがあります。
    心筋梗塞の症状はほかにもありますが、息切れは本人が自覚しやすい症状でもあります。
    このような症状は、心不全を引き起こす可能性があります。

  • *このような症状がでてきたらすぐに受診したほうがよい状態ですので病院へ。*

  • もともと心臓病や、気管支ぜんそくがある方は、特に注意。
    症状が似通っているからです。
    どちらの症状がひどくなっているのかは精密検査を受けてみる必要があります。

  • 貧血からくる息切れ

     

    女性の方は時々あるという方もいるでしょう。
    生理、出産などで女性は特に貧血症状が出やすい状態にあります。
    生理などの出血があるときは、とくに貧血がおこりやすい状態です。
    貧血は血液中の酸素を運ぶ赤血球の量が減るために、めまいや息切れを起こしています。
    病院では鉄剤の錠剤の投薬治療または、ひどい症状でしたら点滴をする治療が主な方法です。
    日ごろからもそうなのですが、特に生理中のときは注意して鉄分を補給することを心がけるようにしましょう。

  • そのほかにも、子宮からの不正出血でもやはり同様の症状が出ることがあります。
    他の胃や大腸などからの不正出血でもやはり、息切れや、貧血などの症状も出てきます。
    めまいや息切れがひどいときには病院へ相談をしましょう。

  • 過呼吸からくる息切れ・・パニック障害の可能性

  • 精神的な疲れからくる息切れという場合もあります。
    何らかの原因からパニック状態が起こり、呼吸や動悸が早くなり、「過呼吸」という症状に陥ってしまう場合もあります。
    主に過度なストレスであったり、精神的なプレッシャーが大きすぎたり、という場合にこのような症状として現われることが多いようです。

  • 自分が知らず知らずのうちに精神的にストレスがたまっていたり、追い込みすぎたりしているのかもしれません。
    軽減するようなカウンセリングなどの治療をすることが症状を改善する一歩となります。