知識をつけておこう!「早産」とは

早産とは良く聞きますが、一般的にどのような事を指すのでしょうか?

view289

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早産とは

  • 妊娠22週から36週までの分娩(ぶんべん)を早産といいます。早産で生まれた赤ちゃんは、週数が短いほど体重が少なく臓器は未熟です。とくに肺が未熟な場合は、育てるための管理が容易ではありません。
    出典 :早産 とは - コトバンク
     

    管理がとっても大切なのです。

  • 妊娠すると

     

    やはり気になるのは、流産ですよね。もう少しの知識があれば、流産や早産を防げたのにという事もあるようです。それならきちんと知識をつける必要があるのです。

  • 早産になりやすい人は

  • ・双子や三つ子など、多胎妊娠・子宮頸管無力症(子宮頚管に十分な強度がなく、子宮収縮しないのに開いてしまう)・早産を経験したことのある人・子宮筋腫(他の記事参照)・子宮奇形・前置胎盤(胎盤が子宮口を塞いでる状態)・糖尿病や腎臓病の合併症・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
    出典 :早産の予防方法-赤ちゃんの部屋
     

    細菌やウイルスの感染や、疲労・ストレスの多い生活を送っている場合もなり易いそうです

  • 切迫早産もある

  • 早産になりかかっている状態、つまり早産の一歩手前の状態を切迫早産といいます。子宮収縮が頻回におこり、子宮の出口(子宮口)が開き、赤ちゃんが出てきそうな状態や破水(子宮内で胎児を包み、羊水が漏れないようにしている膜が破れて、羊水が流出している状態)をしてしまった状態のことです。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 切迫早産の治療では、子宮口が開かないようにするために、子宮収縮を抑える目的で子宮収縮抑制剤を使用します。また、切迫早産の原因である細菌による腟内感染を除去するために抗生剤を使用することもあります。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 兆候としては

  • 下腹部痛や腰痛  突然、おなかや腰にいままでにない強い痛みが走ったとき、また周期的に痛みがあるようなときは危険サインと思って。出血を伴うこともよくあり、そんなときは特に早めに診察を受けたほうがよいでしょう。
    出典 :早産にならない安心アドバイス - gooベビー
  • おなかの張りや痛み  おなかの張りは妊娠後期からはよくあるものですが、異常につながる張りは「10〜15分間隔の規則的なもの」で、「安静にしていてもおさまらない」もの。また「月経痛のような下腹部痛がある」ときも注意して。
    出典 :早産にならない安心アドバイス - gooベビー
  • 妊娠中期の出血  妊娠中期には、初期とは違って生理的な出血はほとんどありません。流産の出血と同じように、痛みがなくても「月経2日目くらいの量」があったときは危険な兆候だと思って、診察を受けましょう。
    出典 :早産にならない安心アドバイス - gooベビー
  • このような事に気をつけて

  • ・体の冷えに注意。寒いところにいたりするとお腹が張りやすくなります。・お腹に力を入れすぎない。重いものを持った時にお腹に力が入り、張りを助長させてしまいます。・運動は控える。動きすぎない。・立ちっぱなしに注意。長時間立っていると、お腹に力が入り子宮が収縮しやすくなります。
    出典 :早産の予防方法-赤ちゃんの部屋
  • ・ストレス・疲労をためない・激しいセックスは避ける。感染予防の為にもコンドームは必ず付けましょう。セックスだけがコミュニケーションではないので、負担のかからない触れ合いをしましょう。妊娠中のセックスについて>>・長時間の運転は避ける。・妊娠高血圧症候群を予防するために、塩分は控える。・おっぱいマッサージは程々に。
    出典 :早産の予防方法-赤ちゃんの部屋
  • 日ごろから

     

    無理のない妊娠生活を心掛ける事が最も重要になってくるのです。かかりつけの先生と連携をして、何かあれば受診し指導にしたがって頑張りましょう。無理はだめですよ。