大人っぽいメイクまとめ!もう童顔とは言わせない魅力的な顔に

大人っぽいメイクをまとめました。童顔の人はどうしてもファッションなどが限られがちですが、大人スタイルにも挑戦してみたいですよね。大人っぽいメイクの方法をまとめましたので、子どもっぽいメイクを卒業したい方は参考にしてみましょう。

view4379

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大人っぽいメイク

  • 実年齢よりも幼く見られがちな童顔。大人っぽいメイクに挑戦してみませんか?また、大人の女性でも若いメイクを卒業するために活用しても良いですね。

  • 縦長を強調するのがポイント

  • 童顔の人は顔が丸い印象があります

     

    目が離れているなど赤ちゃんを連想させる顔立ちだと若く見えるます。元々目が離れぎみの方は、これを逆手に取ったアイメイクが必要となります。目と目との間を寄せるように、アイラインは内側よりに書きます。
    若く見える顔立ちというのは、将来必ず得した!と感じるはずなのですが、若い頃に大人っぽい顔に憧れるのは仕方がないことです。幼く見えるのは将来生かすとして、今は大人メイクを目指しましょう。

  • 目が離れている他にも、丸顔・黒目が大きい・くりくりした目というのも童顔ぽく見えるようです。大人っぽいメイクをしたいなら、その逆を目指せばよいわけです。

  • 面長の人は大人っぽく見られます

     

    いわゆる美人タイプですね。

    面長の人は元々の顔つきが大人っぽいため、メイクでもそれほど苦労することはありません。そのままの魅力を活かし、老けすぎないよう気をつけるだけでよいでしょう。
    また、丸顔の人でも面長にみえる髪型で似たような効果を出す方法もあります。サイドの髪を下ろして顔の丸みを隠し、前髪を上げると顔が長く見えて大人っぽくなります。

  • 大人っぽく見られるメイクのポイント

  • イメージとしては猫目です。子どもっぽい顔立ちの人でも、このアイメイクをするだけでセクシーな小悪魔女子に変身できます。
    二重で目がくりくりしている人は、上のほうにラインを強調するのではなく、横にラインを伸ばす感じです。

  • ネコ目メイク

     

    ・上のアイラインは長め
    ・下のアイラインは3分の1まで
    ・目じりを跳ね上げる
    ・アイシャドウはくの字を書くように
    ・マスカラは目じりにたっぷり付けまつげでもOK

  • 眉毛は長め

  • エレガントな長い眉毛

     

    大人っぽい印象にするためには、なだらかなカーブを描いた長い眉毛がおすすめです。眉山を作り過ぎないようにします。元々かくっとしたラインの場合は、毛抜きで抜いたりはさみでカットして整えます。
    眉尻はやや長め、太い眉毛でも古い印象にならないよう、ブラウン系のアイブロウで淡く色をつけましょう。元々の眉毛より少しオーバー気味に書くのが今風です。

  • 海外セレブの間でも切れ長の眉毛が多い

     

    ミランダ・カーも大人っぽい眉毛をしています。彼女の場合は眉山を作っているため、少しシャープな印象になっています。大人っぽいメイクでも女性らしくなりたいのか、シャープな印象が良いかによって選んでみましょう。

  • チークの入れ方で変わる

  • チークは斜めに入れるのが鉄則

     

    子どもっぽく見えがちなのが、頬の一番高い場所にポンっといれたチークです。元気いっぱいで若々しくていいのですが、大人っぽく見られたい人には適していません。頬の中心から外側に向かって斜めにチークを入れます。また、選ぶカラーもオレンジ系やブラウンがおすすめです。

  • 大人っぽいメイクにピンクのチークはNGです。ブラウン系は1つ持っていると、シェーディングにも利用できて便利です。顔の影にしたい部分に色を重ねると小顔効果もきたいできます。