膝の靭帯が伸びる?知っておきたい「膝靭帯損傷」

スポーツをしていると、よく聞く「膝の靭帯が伸びる」ってどんな状態でしょうか。自己判断せずに専門医にかかりましょう。

view1744

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「靭帯が伸びる」ってどういう状態?

  • 膝の靭帯損傷(じんたいそんしょう)とは、膝の関節にある靭帯を傷めることです。

    靭帯とは主にコラーゲンの線維で出来ていて、骨と骨を繋いで関節を作る大事な役割をしています。
    この靭帯は強い衝撃や運動で損傷することがあります。膝の関節では十字靭帯断裂(じゅうじじんたいだんれつ)が代表的な症状です。一般に、膝靭帯損傷は「十字靭帯断裂」を指すことが多いです。

  • 膝靭帯損傷(じんたいそんしょう)

     

    膝の関節にある靭帯を傷めることです。
    靭帯とは主にコラーゲンでできた線維の束のことです。

  • 膝靭帯損傷の原因は何?

  • スポーツをしている人に膝靭帯損傷はよく起こることです。特に、サッカーやバスケットボール、スキー等の急激な動きを伴うスポーツや、ラグビーや格闘技など、競技中に接触の多いスポーツでは接触の衝撃で関節に大きな負荷ががかることがあり、膝靭帯損傷の主な原因となります。膝の靭帯損傷は男性よりも女性に良くみられますが、原因はよくわかっていません。

  • 膝靭帯損傷はスポーツなどで起こります。

     

    サッカー、バスケットボール、スキー、テニス、ラグビーといった激しいスポーツの他、日常生活でも膝を強く打ったり、急な動きで
    膝の靭帯を傷めることがあります。

  • 膝靭帯が損傷したらどうすればいい?

  • 一般的に膝の靭帯が伸びると表現しますが、実際には靭帯が伸びることはありません。靭帯の損傷が軽度な場合に「靭帯が伸びる」と呼ばれることがあります。膝の靭帯損傷は素人目にはわかりません。よって、膝を傷めた際には、専門家に診てもらう必要があります。

  • 膝の靭帯損傷(じんたいそんしょう)は専門のお医者さんで診断を!

     

    膝の靭帯損傷は素人目にはわかりません。また、レントゲンやMRIも診断には必要となります。

  • 前十字靭帯の場合は損傷の有無をチェックするには、レントゲン、MRIなどを撮影し、ある程度の予測はつきますが、確実に判断するためには人の手で上腿・下腿とを持ち、動かして、そのゆれ・ずれ具合を見て判断する徒手検査で診断されます。

  • 膝靭帯損傷は放置しても大丈夫?

  • 膝靭帯が損傷した場合、前十字靭帯は血液の流れが非常に悪い部位のため、自然治癒することはほとんどありません。

    ただし、しばらくすれば膝の痛みが治まり、膝周りの筋肉が発達することで日常生活に支障のないレベルの運動は可能となり、これをもって一般的には完治と言われます。

    しかし、競技レベルでのスポーツや重労働を行う際には手術によって再建するしか治す方法はありません。

  • 膝靭帯損傷は安静にしていれば痛みは治まります。

  • 急性期(3週間くらい)には膝の痛みと可動域制限がありますが、急性期を過ぎると痛み、腫れ、可動域制限はいずれも軽快してきます。

    しかし、損傷部位によっては、下り坂やひねり動作の際に膝の不安定さを感じることがあります。

    この不安定感を放置しておくと新たに半月(板)損傷や軟骨損傷などの原因となります。その結果、慢性的な痛みや腫れ(水腫)が出ることもあるので、異常を感じたらすぐ専門医にかかりましょう。

  • 膝靭帯損傷の予後、違和感は放置しないようにしましょう

     

    膝靭帯損傷になったあと、。新たな膝の病気が発症する可能性があります。
    もし、膝の不安定さを感じた場合は速やかに病院へ行きましょう