最近話題の「自転車通勤ダイエット」のススメ!!

健康的!かつ健全で爽やか!自転車で通勤、通学、もしくはおでかけしながら【自転車ダイエット】。

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 漕ぎ方をちょっと工夫すれば・・・。

  • ジョギングやウォーキングは地道過ぎて苦手と言う人にはうってつけ!
    ちょっとしたコツで、日常生活がダイエットに成りうるんです。

  • コツその1. ペダルと足の位置

    ペダルの位置は、親指のつけ根がペダルの真ん中にくるところが理想です。
    親指のつけ根にある骨のふくらみをペダルの中心に当てて、つま先でこぐイメージです。
    自転車のペダルを時計の針にみたてると、2時~4時の間で力を入れて、その後は力を抜くのが美脚の秘訣。

    文章にすると面倒なようですが、やってみると意外と簡単です。プヨプヨふくらはぎを直撃しますよ。
    出典 :自転車ダイエットの3つのコツ この3つだけ確実に半年続けてください。
  • やはりペダルを漕ぐ「足」は重要!

     

    足の位置にしろ、漕ぎ方にしろ
    ポイントはやっぱり「足」ですね!

  • コツその2. 足首はしっかり固定

    こねるように足首を動かしても、ただ疲れるだけ。足首を痛める可能性さえあります。
    すこし動いてしまう分にはかまいませんが、なるべく足首は固定させるように意識してみてください。
    出典 :自転車ダイエットの3つのコツ この3つだけ確実に半年続けてください。
  • コツその3. 頑張り過ぎない

    これが一番重要です。
    頑張ってチカラいっぱい漕ぎまくっても、無酸素運動になって太モモ中心に筋肉がつくだけです。

    「ちょっと負担がかかってるカナ?」「走っていて爽快だなぁ」って感じを
    30分~1時間半くらい続けるのが理想です。
    出典 :自転車ダイエットの3つのコツ この3つだけ確実に半年続けてください。
  • 半年後には驚くほど体型の変化に!

     

    ほど良く引き締め、脂肪燃焼!有酸素運動!

  • 自転車ほど効率の良い乗り物はない

  • 球にもお財布にも優しい、最高の移動方法です。
    満員電車に乗ってクタクタになるよりも、爽やかな朝の風を受けてリフレッシュ&フィットネス。
    出典 :自転車通勤・通学のすすめ
  • メリットがこんなにも

  • <「自転車ダイエット」のメリット>
    ・ サドルに座ることで体重が分散→足首、膝、腰への負担が軽減
    ・ 身体への負担が少ない→長い時間運動できる
    ・ 特別なスキルが必要ない→手軽に始められる
    ・ ペダルを漕ぐことでお尻から下の大きな筋肉が鍛えられる→ヒップアップ効果
    ・ ジョギングやウォーキングよりもスピード感がある→爽快感があるので長続きしやすい
    出典 :自転車のダイエット効果と効率的な実践方法 [パーツ別ダイエット方法] All About
  • その他、

    疲労回復、時間を有効活用!
    交通費が浮いて、経済的かつ毎朝自転車に乗ることで代謝が上がりリフレッシュ!!
    仕事の効率も上がる事間違いなし!

    季節を感じられるのも爽快感で、継続できるポイントになるのではないでしょうか。

  • これを機にスポーツ自転車を検討してみてはどうだろう?

  • 長距離の方ならなおオススメのスポーツ自転車

  • 通勤の距離が片道10kmを超えてくると、普通のママチャリではちょっと大変です。そんなときにはロードバイク等のスポーツ自転車を利用しましょう。一般的に自転車はタイヤが細いほど地面との摩擦が減りやすく軽い力でスピードを出すことができます。その代わりにスリップなどによる転倒事故や、ホイールのゆがみを取るメンテナンスなど、特別な注意が必要になってきます。最近はスポーツ自転車の世界でもさまざまな素材やテクノロジーが利用されて、良い自転車が安く買えるようになってきました。
    出典 :自転車通勤・通学のすすめ