豆乳で目指せ美肌、ダイエット、スキンケア効果!!

健康食品としても有名な、大豆のイソフラボンをたっぷり含んだ豆乳!!実は豆乳は、健康に良いだけでなく、美肌、ダイエット、バストアップなど、女性の悩みの種に対する万能薬だということをご存じでしょうか??

view201

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 豆乳を飲むことによる利点は何?

  • 豆乳は体に良いといわれ健康食品やサプリとしても有名なイソフラボンをたくさん含んでいますが、実際に具体的にはどんな体への効果があるのかまとめてみました。

    1.ダイエット効果
    2.美肌(スキンケア)効果
    3.女性に嬉しい、バストアップ効果
    4.生理痛の軽減
    などなど…
    全体的に女性に嬉しい効能を持つ食品のようです。

  • 豆乳の何がそんなに効果的なの??

  • 近年、女性用の化粧品などに良く配合されているのが、イソフラボンです。このイソフラボンには、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きがあり、イソフラボンを摂取ことによって肌をきれいにすることが出来るとされています。
    出典 :化粧品成分でも人気の豆乳スキンケア効果は? - 炎症が起きている乾燥肌のニキビケア対策ガイド
  •  

    大豆イソフラボンとは、主に大豆の胚芽にに含まれるフラボノイドの一種で、ダイゼイン,ゲニステイン,グリシテインなどの総称。

  • 豆乳ってなんだか飲みにくい…

  • キッコーマン飲料は8月18日から、「豆乳入り おいしい青汁」を発売する。豆乳をブレンドすることで、マイルドでやさしい味わいに仕上げた青汁。
    出典 :青汁を飲みやすく豆乳ブレンド  「豆乳入り おいしい青汁」 (オーヴォ) - Yahoo!ニュース
     

    え!これなら飲めそうですね。

  • もともと大豆は貴重なたんぱく質源として古くから利用されてきました。乾燥大豆100gにはたんぱく質がおよそ33gも含まれています。たんぱく質は動物のカラダを作る上でも重要な栄養素です。
    出典 :豆乳ってすごい!|キッコーマンソイフーズの豆乳
     

    身体に良いのは分かっているのですが。。。

  • 豆乳ってちょっと味が独特で飲みにくい。そんなことを思っている方も多いでしょう!
    そこでおいしい豆乳の飲み方と種類について特集しちゃいます!!

  • 豆乳の種類

  • まずはスーパーなどで売っている豆乳の種類について。
    じつはスーパーなどでみかける豆乳にはみっつのランクがあります。

  • ”調整豆乳”とよばれるもの

     

    一番スタンダードな豆乳ともいえる調整豆乳。
    大豆固形分6%以上で、すこし味が調えてあるので無調整豆乳よりもかなり飲みやすいです。

  • ”無調整豆乳”とよばれるもの

     

    いわゆる「豆乳」です。
    大豆固形分8%以上で、味はほんのり大豆の香りがします。
    飲める人は飲めるけれど苦手な人は苦手な少々くせのあるお味になっています。

  • ”豆乳飲料”とよばれるもの

     

    大豆固形分が2~4%以上のもの。
    各メーカーからさまざまなフレーバーが出されており、ジュース感覚でかなり飲みやすくなっていますが、大豆固形分が調整・無調整豆乳とくらべるとかなり落ちてしまうのが悩みどころでしょうか。

  • 好みの味があまりない…

  • これだけたくさん種類のある豆乳。でもなかには、なかなか好みの味の豆乳に出会えない、もしくはもっと大豆固形分をとりたいけれど、調整・無調整豆乳はどうしても苦手。そういう悩みを抱えた方もいらっしゃるかもしれません。そこで最後に調整・無調整豆乳の簡単なアレンジ方法をいくつかご紹介します。

  • 紅茶フレーバー

     

    紅茶に温めた豆乳をお好みで入れます。砂糖で味を調えて、簡単に好みの味で大豆固形分が豆乳飲料より多く摂取できます。

  • ココアフレーバー

     

    家庭用の砂糖の入った粉末ココアを、豆乳にといてめしあがれ。ホットでもアイスでもおすすめです。

  • コーヒーフレーバー

     

    コーヒーに、ミルクの代わりに調整・無調整豆乳をお好みの量いれます。好みで砂糖を加えて出来上がり。