鼻緒ずれ予防にもなる!正しい下駄の履き方・歩き方

正しい下駄の履き方や歩き方を知ることは、鼻緒ずれ予防にも繋がります。
鼻緒ずれに悩んでいるなら、履き方や歩き方を見直してみましょう。

view179

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 下駄選びのポイント!

  • 和服の履物は、足のサイズよりも少し小さめを選びます。
    かかとが2〜3cm飛び出すくらいが目安。小指が台からはみ出すのも問題ありません!
    出典 :正しい下駄の履き方 - 和風生活ノート
     

    下駄のサイズを間違っている人も多いのでは?
    自分に合ったサイズの下駄を履くことは、鼻緒ずれ予防にもなります。

  • 正しい下駄の履き方

  • 鼻緒の前壷と、親指と人差し指の股の間に小指が入るぐらいの隙間がある状態で、鼻緒が足にフィットして動かない状態が一番歩きやすく履きやすいです。
    出典 :履き方と手入れ方|品川の下駄屋のブログ
  • 奥まですっぽり入ってしまうような状態ですと、少し緩いです。
    そのような場合、指の股に鼻緒が当たってしまい、痛くなる原因にもなってしまいます。
    出典 :履き方と手入れ方|品川の下駄屋のブログ
     

    鼻緒ずれの原因は、鼻緒と足が擦れることにあります。
    正しい履き方をすれば、鼻緒と足が擦れることは少なくなります。

  • 靴の場合、かかとに重心をかけて履く方が多いと思います。
    しかし下駄や草履の場合は、重心を前にして歩くのが正しい履き方。
    出典 :正しい下駄の履き方 - 和風生活ノート
     

    慣れるまでは大変なので、夏祭りや花火大会が近くなったら下駄を履く練習をしてみましょう。
    何度も履いていると下駄に慣れるため、鼻緒ずれ予防ができます。

  • 正しい下駄の歩き方

  • まず、台の上に真っ直ぐ立ちましょう。
    この時、台から出たかかとが痛くなる場合、後ろに重心が寄っていますので、少し前に重心を意識するようにしてください。
    出典 :履き方と手入れ方|品川の下駄屋のブログ
  • 一歩踏み出す時、重心を前に動かすことで台を前に倒します。
    倒しきったら、爪先で軽く地面を蹴るようにして前に進みます。
    着地する時は、2枚の歯でバランスよく着地します。
    出典 :履き方と手入れ方|品川の下駄屋のブログ
     

    実際に歩いてみると、不安定で歩きづらいと感じるかも知れません。

  • また、大股で歩くと
    ・踵から着地しやすい(引きずりやすい) ・着物がはだける
    などの問題がありますので、歩幅は狭くし小股で歩いた方が綺麗です。
    出典 :履き方と手入れ方|品川の下駄屋のブログ
     

    このような歩き方をすることで、女性らしいしぐさになります。

  •  

    浴衣は一段と可愛く見えるファッションです!
    女性らしいしぐさを見に付けて、彼に女性らしさをアピールしましょう♪

  • 下駄のすり減り方に注目!

  • 重心を前に掛けることで、下駄の歯は前方からすり減っていきます。正しい履き方、歩き方を実践できていれば、履物は前方からすり減っていきますよ。
    出典 :正しい下駄の履き方 - 和風生活ノート
     

    下駄のすり減り方で正しく歩けているかチェックすることができます。

  • 『かなりきつい』場合は最悪の場合、指や足の甲の皮がすれて痛くなるので、履きなれない方はカットバンなどの絆創膏を持参で履き、指の又や足の甲が痛くなってきたらその場所に張るとカットバンがプロテクターの役割を果たしてくれるので楽になります。応急処置にはもってこいです。私もお世話になりました。
    出典 :初めて草履を履く人の『草履の履き方講座』 和装履物専門店 現代屋