どんな状態になる?「肝臓の血管腫」これは大丈夫?

肝臓の血管腫はどんな状態で起きる?症状なども見てみよう!ガンの可能性もある?

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝臓の血管腫とは

  • 肝に発生する良性腫瘍で、最も頻度が高いとされています。血管系組織の拡張による海綿状血管腫と、胎児期の血管組織の遺残物が増殖した2種類があるといわれていますが、前者がほとんどです。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
     

    悪性ではないのですね。

  • 肝臓の血管腫は

     

    症状としては無症状とも言われています。これはとても怖いですよね。ごくまれに巨大なものが出来るそうで、こうなるとびっくりする位の症状が出る場合もあるのです。基本的には血管腫は良性の場合が多いのですが、悪性だった場合が怖いのです。

  • 症状としては

  • 巨大なもので、血管腫内で血栓症を引き起こし、DIC(播種性血管内凝固障害)を来す場合(Kasabach-Merritt 症候群という)は、全身の出血症状が現れます。また自然破裂を来すことがあるともいわれており、その場合は腹腔内出血による腹痛、貧血、出血性ショック症状などが現れます。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 肝血管腫は良性の腫瘍なので基本的に症状はありません。稀にですが、大きくなり過ぎて腹痛が出る、肝血管腫が破裂して腹痛や貧血になる、といった方がいます。
    出典 :肝血管腫が見つかったら? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 危ない場合と言うのは

  • 肝臓の腫瘍の腫れものの中には悪性のものと、良性のものがありますけれども、悪性のものの代表的なものが肝臓癌です。そして、一方良性のものなかで最も頻度が多いのがこの肝血管腫です。
    出典 :肝血管腫
  • ほとんどの方は自覚症状がなくて、ご質問の方のように病院での肝臓の画像検査で見つかる場合がほとんどです。
    出典 :肝血管腫
  • 発生頻度と検査

  • 成人ではおよそ1~5%に無症状の小さな肝血管腫がみられます。
    出典 :肝血管腫
  • 肝血管腫の場合、超音波検査、CT検査などで診断できます。
    出典 :肝血管腫
  • 治療方法として

  • 良性疾患であるため、通常は治療の必要はなく、経過観察をすれば心配いりません。まれに、破裂の危険性があるもの、時間と共に大きくなるもの、症状があるもの、悪性腫瘍との鑑別が困難であるものについては手術の適応となることもあります。
    出典 :肝血管腫
  • この検診ですが

     

    実際検診で見つかった場合は3ヶ月後に再検診の理由は良性の場合は大きくならないですが、悪性の場合は大きくなるのです。悪性とはガンの事ですね。まずは経過観察になりますが気をつけましょう。