責任感、忍耐力、向上心が強い人がなりやすい、不安神経症の症状

不安神経症の症状は、病的な不安がさまざまな身体症状をひきおこします。この不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものです。理由がなかったり些細なことで不安が起こり、いつまでも続きます。

view426

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不安神経症とはどんな病気

  • 根拠の無い不安、心象膨大的不安感

  • 不安は漠然とした恐れの感情で、誰でも経験するものですが、はっきりした理由がないのに不安が起こり(あるいは理由があっても、それと不釣り合いに強く不安が起こり)、いつまでも続くのが病的な不安です。不安神経症では、この病的な不安がさまざまな身体症状を伴って現れます。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • なお、国際疾病分類などでは「神経症」という用語はすでに正式な診断名としては使われなくなっており、従来の不安神経症にあたる診断名は、現在では「パニック障害」か「全般性不安障害」です。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • パニック障害は急性・突発性の不安症状が特徴ですが、全般性不安障害は慢性の不安症状が長く続くのが特徴です。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    現在は不安神経症とは全般性不安障害を示すケースが多いので、ここでは全般性不安障害を念頭においていきます。

  • 不安神経症の症状 主な精神症状

  • 慢性的な不安、過敏、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中困難などの精神症状
    出典 :不安神経症(全般性不安障害)| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 「今日は何となく外出したくない」
    「今日は一人で家にいたくない」
    「もしかしたら、今日死んでしまうかもしれない」
    出典 :不安神経症の症状
     

    このように考えて行動が抑制的になります。

  •  

    人が話してると、自分の事を話してると勘違いし、それを悪口だと思ったりします。

  • 「本当は、この人私を嫌っているかもしれない」
    「友達だと思っているのは、自分だけなんじゃないか?」
    「上司は自分のリストラを考えているかもしれない」
    「夫(妻)が浮気してるかもしれない」
    「家族に捨てられるかもしれない」
    出典 :不安神経症の症状
     

    このような考えが浮かび対人関係が阻害されやすくなります。

  • 不安神経症の症状 体の症状

  • 筋肉の緊張、首や肩のこり、頭痛・頭重(ずじゅう)、震え、動悸(どうき)、息苦しさ、めまい、頻尿(ひんにょう)、下痢、疲れやすい、不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚める、眠りが浅い)などの多様な身体症状(いわゆる不定愁訴)がみられます。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
  • 身体的症状

     

    多くの人は身体症状のほうを強く訴え、体に異常があるのではないかと考えます。病院で診察や検査を受けるのですが、症状の原因になるような身体疾患はみられません。

  • 経過は慢性で、日常生活のストレスの影響を受け、よくなったり悪くなったりしながら多くの場合何年にもわたって続きます。途中から、気分が沈んでうつ状態となり、うつ病に移行することもあります。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
     

    不安を紛らわす為にアルコールに依存するケースがあります。

  • 身体的症状も精神的症状も、それが慢性的に続くのが特徴で、不安は種々の精神・身体症状を伴っています。(診断基準では6カ月以上)