妊娠超初期の腰痛対策

妊婦の大きいお腹に腰痛はつきもの?いえいえ、妊娠超初期の腰痛も起こり得るんです。通常の腰痛とどう違うのか、どうすれば痛みが緩和されるのか知っておいて損はない!?

  • tomo7 更新日:2014/03/29

view476

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠して腰痛になるのはなぜ?

  • おなかが大きくなる前から腰痛になる理由
    出典 :生理痛?それとも妊娠♡ 妊娠超初期症状の腰痛|カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    妊娠中に骨盤を緩める「リラキシン」というホルモンが分泌されるためと言われています。お産のためには骨盤は緩む必要がありますが、それがいきすぎたり早すぎたりすると腰痛の原因になります。これが妊娠超初期の腰痛の仕組みです。

  • 妊娠中の腰痛対処法

  • 普通の腰痛とはちょっと違う妊娠中の腰痛。その対策は?

  • さらしや腹帯で骨盤を支える

  •  

    さらしのいいところは、おなかの大きさが変わっても使えるところ。さらに産後の骨盤を締めるのにも使えます。ジャブジャブ洗えるのも助かります。

  •  

    さらしが面倒なら手軽な腹帯もあります。

  • 適度な筋肉をつける

  •  

    家の中でも気軽に足腰を鍛える運動ができる人気のバランスボール。産前産後の運動にも便利ですが、転倒には十分気を付けて!

  •  

    妊娠中の運動で人気なのはマタニティヨガ!

  • 胎児に負担を掛けないよう、無意識で「腹圧をかけることを避ける」ため、だんだんと「腹筋」を使わないようになってしまいます。
    すると、腹筋と背筋とのバランスが崩れ、「腰」に大きな負担を掛けてしまうことになり、しいては慢性的な腰痛へと繋がってしまうのです。
    出典 :脱・腰痛!姿勢ワザで妊娠時のトラブル解消 [姿勢・仕草] All About
  •  

    姿勢の変化は腰痛の大きな原因。正しい姿勢をとれるくらいの筋力は必要なんですね。

  • 腰を温める

  • 筋肉が硬直すると血流が悪くなり、疲労物質が溜まっていくため、腰痛や腰のだるさを引きおこします。そのため、筋肉の硬直をできるだけ改善し、血流を促進することが大切になるのです。
    出典 :着床と腰痛の関係性と腰痛に対処する上での注意点 | iGotit
     

    腰を温めるのが腰痛改善のポイント。妊娠したらとにかく腰回りを冷やしてはいけません!