母乳にタバコが悪影響!出産後も禁煙を心がけましょう

母乳にタバコが悪影響を与えることは、今や常識ですよね。
具体的にどんな影響があるのか、タバコをやめられない場合はどうすれば良いかについてまとめました。

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は禁煙できていたのに・・・・

  • 妊娠中はがんばって禁煙できていた女性でも、出産後再び吸い始める人が少なくありません。
    出典 :特集 「子どもたちをタバコから守るために」|母乳とタバコ
     

    妊娠している間は、体内に赤ちゃんがいることから禁煙を成功させる人も多いようです。
    しかし、出産してからは再び喫煙してしまった人も多いのが現状です。

  • たしかに、赤ちゃんが体内にいる妊娠中よりも出産後の授乳中の方が赤ちゃんに与える影響は少ないかも知れません。
    しかし、できることならば強い意思を持って禁煙をしましょう。

  • 母乳にタバコが悪影響と言われる理由

  • 授乳中のタバコの影響についてですが、タバコに含まれるニコチンは母乳の産生を抑制すると言われています。
    出典 :妊婦や授乳中でタバコを吸うとダメな理由
     

    ママがタバコを吸うことで、おいしい母乳が作られなくなってしまいます。

  • また、母乳は血液ですのでニコチンが含まれた母乳になります、
    その母乳を飲んだ赤ちゃんは、不機嫌、不眠、嘔吐、下痢、急性ニコチン中毒の症状が出ることがあります。
    出典 :妊婦や授乳中でタバコを吸うとダメな理由
  •  

    ママがタバコを我慢できないせいで、赤ちゃんが辛い思いをしてしまうのです。

  • 余談ですが、そもそもニコチンとは、青酸カリの5分の1~10分の1の量で人を殺せる猛毒です。そのため、赤ちゃんが誤ってタバコを食べる事故が大きな問題になるのです。
    出典 :特集 「子どもたちをタバコから守るために」|母乳とタバコ
     

    タバコは有毒です。
    赤ちゃんのことを考えれば禁煙だって頑張れるはずです。

  • 禁煙できない。それでも母乳育児が勧められる理由

  • 母乳はお母さんからもらう免疫力や、多くの疾患予防などメリットの方が非常に大きいため、人工乳を与えながら母親や喫煙するくらいならば、喫煙後数時間空けてニコチン濃度を下げてから母乳を与えても良いとの見解が学会等でもなされています。
    出典 :妊婦や授乳中でタバコを吸うとダメな理由
     

    母乳にはたくさんの栄養が含まれているため、母乳にタバコが悪影響を与えていても飲ませた方が良いそうです。

  • 喫煙したいから母乳を辞める、ということはしないで、母乳をあげたいから喫煙の回数や時間に考慮する、ということをしてみてください。
    出典 :妊娠と母乳への喫煙の悪影響
  • ただし、タバコを吸った直後は母乳中のニコチン濃度が非常に高くなるため(母体血液中の濃度の2~3倍)、喫煙直後の授乳は避けなければなりません。タバコを吸い終わってから3時間程度経つと、母乳中のニコチン濃度はかなり低下することがわかっています
    出典 :特集 「子どもたちをタバコから守るために」|母乳とタバコ
     

    タバコを吸ったあとは、必ず数時間空けて授乳しましょう。

  •  

    ただし、喫煙後時間が経てば授乳できるからと言って甘く考えてはいけません。
    タバコは、少なからず赤ちゃんに悪影響を与えることを忘れないで下さい。

  • ママだけでなく、家族の協力も大切

  • 母乳に含まれるニコチンよりも、むしろ周りの人の受動喫煙の方が、赤ちゃんにSIDSなど、より多くの悪影響をもたらす可能性が非常に高いので、受動喫煙にも注意することが大切です。
    出典 :妊婦や授乳中でタバコを吸うとダメな理由
     

    赤ちゃんにタバコの悪影響を与えないために、パパや家族にも禁煙してもらいましょう。