妊婦の飲酒は超危険!胎児性アルコール症候群の検査をしよう!!

胎児性アルコール症候群の検査、妊婦の皆さん、受けていますか??実は、胎児性アルコール症候群、妊婦が飲酒をするとなる可能性があるんです。
ここでは、胎児性アルコール症候群の原因や症状、検査法、治療法などについて紹介します。

view38

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胎児性アルコール症候群の原因を知ろう!!

  • 妊婦がアルコールを摂取すると、胎盤を通って、アルコールが胎児に移動していきます。母親である妊婦は、アルコールを飲むと肝臓で分解することができますが、胎児は、残念ながら肝臓などの臓器が未熟なので、アルコールを完全に分解することができないのです。これが、胎児性アルコール症候群になる原因です。

  •  

    妊婦さんがアルコールを飲むと、お腹の赤ちゃんに大きな影響を及ぼすことになります。
    少量のアルコールは、精神を安定させる効果をもたらす場合がありますが、できるだけ飲まないようにしたいものですね。

  • アルコールをたくさん摂取するとどうなるか・・・・
    低体重児が生まれる可能性が高くなったり、流産しやすくなります。また、胎児が無事に生まれたとしても、神経の発達が遅れたり、顔面などの形態の異常が起こる「胎児性アルコール症候群」が発症する可能性があります。

  •  

    妊婦は、基本的にはアルコールの摂取は厳禁です。
    あるデータによると、胎児性アルコール症候群は、神経系脳障害であり、1日に2杯以上や1度に4杯以上アルコールを摂取することで、発症する可能性が高くなります。怖いですよね。
    お腹の赤ちゃんのためにも、お酒好きの妊婦さん、絶対やめてくださいね。

  • 胎児性アルコール症候群の症状は??

  • まずは、赤ちゃんが発達障害、発育障害、学習障害などどれかの障害が発症してしまいます。
    特に発育状態は、母体にいる時から発育が悪かったりするようですよ。

  •  

    妊婦がアルコール摂取することによって、胎児に多大な影響を及ぼします。
    お酒好きの妊婦さんにとって、禁酒は辛いものですが、元気な赤ちゃんを産みたければ、禁酒は必須です。

  • その容貌にも特徴がでます。短い眼瞼亀裂や鼻の下が長く人中がみられない、うわくちびるが薄くて上のラインはまっすぐになっている、鼻梁の無いちいさい鼻などです。
    出典 :胎児性アルコール症候群 | 病名から医師・病院・クリニックを検索【病院検索ホスピタ】
     

    胎児性アルコール症候群にかかると、なんと赤ちゃんの顔にもこのような影響が出てしまいます。妊婦であるママが少しだけアルコールを我慢すれば、避けることができる病気。お腹の赤ちゃんのためを思うなら、禁酒は絶対ですね。

  •  

    胎児性アルコール症候群は、胎児や出生直後の赤ちゃんに影響が出ると言えますが、少し大きくなっても、ADHDやうつ病を発症することもあります。胎児や出生直後に異常がないからと言って、安心するのは禁物ですよ!!

  • 胎児性アルコール症候群の検査法は??

  • 胎児性アルコール症候群の具体的な特徴は、脳がとても小さかったり、左右の脳をつなぐ部分に異常が見られる場合が多いです。
    従って、胎児性アルコール症候群の検査方法は、赤ちゃんの脳の中枢神経の異常がないかどうかをまず見ます。
    そして、鼻と上唇の間の溝がないなど異常がないか確認をします。
    胎児性アルコール症候群は、身体的に異常が見られる場合が多いので、様々な部分を検査します。

  •  

    胎児性アルコール症候群にかかると、見た目に異常が出てくる場合が多いです。検査では、身体的な異常を様々な角度から見つけていくことが一般的なものです。
    生まれもって、顔に異常があるなんて!!辛いですよね。

  •  

    胎児の異常は、産婦人科のエコー検査で分かる場合があります。
    きちんと定期検査、受けましょうね!!

  • 治療法は??

  • 胎児性アルコール症候群の治療法は、現在、全くないため、とにかく胎児への影響を考えるのであれば、アルコールの摂取を確実にやめましょう。

  •  

    絶対に元気な赤ちゃんを産みたいと考えている方は、まずはお酒を飲むことを控えましょう。アルコールを摂取しなければ、胎児性アルコール症候群という病気は、絶対に予防することができますよ。