聞きなれない病気 類天疱瘡 は予防できるのか?

水疱瘡は聞いた事あるけど、類天疱瘡はあまり聞かないですよね?

高齢者に多い病気です。

view564

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 類天疱瘡

     

    あまり知られていない類天疱瘡

    高齢者に多い病気です。

  • 水疱性類天疱瘡とはどんな病気か

     お年寄りに多くみられます。かゆみを伴った皮膚の赤み(紅斑(こうはん))と、そのなかに大型の水ぶくれ(水疱(すいほう))が出てくる病気で、体のどこにでも現れます。水ぶくれが破れたあとのびらん(ただれ)は、治りやすいのが天疱瘡と違うところです。また、口のなかなどの粘膜がただれることは少ないです。

    原因は何か

     原因は、患者さんの血液のなかに含まれる免疫グロブリンという蛋白質の一部です。免疫グロブリンは、本来はウイルスやばい菌と闘うために私たちの体のなかにある蛋白質なのですが、その一部が自分の皮膚と闘いだすために、皮膚が傷んでしまいます。具体的には、ヘミデスモゾームという構造物のなかのBP180という蛋白を攻撃します。

    症状の現れ方

     気がついた時には体に水疱が現れていて、日に日に数が増えていきます。軽いものでは、皮膚の赤さが目立っていて、水疱が小さいものもあり、湿疹との区別に苦労することもあります。通常はかゆみがあります。

  • 類天疱瘡では、表皮と真皮の境目にある、ある種のタンパク質に対する自己抗体が作られるために、この部位が壊されてはがれてしまい、水疱ができます。
    出典 :水疱性類天疱瘡/教えてホームドクター−岐阜新聞 Web
  • 表皮層最下層(基底膜部)が攻撃され、緊満性の水疱で剥けにくい。
     全身の皮膚に発生し、口内は少ない。
    出典 :20.類天疱瘡とは | kimamany
  • 【自己免疫性水泡症】香水吸ってる設楽と落ち葉みる陣内→後天性表皮水泡症、水泡性類天疱瘡は表皮「下」。落葉状天疱瘡と尋常性天疱瘡は表皮「内」
  • 治療方法は・・・

     

    治療の基本は、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(ステロイド)薬による治療です。ステロイド薬により病勢は抑えられますが、副作用があるため、胃薬や骨がもろくなりにくくするような薬も併せてのんだり、高血圧や糖尿病などにならないように生活の注意も必要です。ステロイド薬に続いて使われるのは、テトラサイクリンとニコチン酸アミドの併用です。免疫抑制薬が必要になることもあります

  • 高齢者に多い病気

     

    高齢者の場合、免疫力の低下などにより

    いろいろな病気にかかる可能性があります。

  • Dr.大浦の褥瘡ケア指南 手当法 - YouTube

     

    とても分かりやすい説明ですね。

  • 褥瘡(床ずれ)は、栄養状態悪化でも発生するよ!十分なカロリーとタンパク質、ビタミンCをとろうね!あ、あと2時間毎の体位変換は欠かさずして、体圧分散寝具とかいっぱーい使ってみるとかも!
  • ベッド上のポジショニング プロに学ぶ安全・快適な介護術 - YouTube

  • 認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいう。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。犬や猫などヒト以外でも発症する。
    出典 :認知症 - Wikipedia
  • 認知症

     

    高齢化社会になり、介護の問題は避けて通れなくなっています。

    介護する方される方

    その両者が無理なく出来る事が一番の理想です。

    認知症などで、通常の会話が出来なくなる場合もあります。