簡単自爪ネイルのやり方!自分の爪でもこんなにキレイ

簡単自爪ネイルのやり方を紹介します。付け爪でのネイルはとてもキレイですが、自分の爪を使ってネイルをやればセルフケアもしやすいですね。
自宅で簡単にできる自爪のケアの方法を紹介します。ベースを整える方法を知っておくと便利ですよ。

view5357

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 簡単自爪ネイルのやり方

  • 自分の爪でネイルを楽しめば、サロンに行かなくてもセルフケアが楽しめます。頻繁にサロンに通わなくても済み、週末だけなどオシャレしてみて。

  • 自爪のお手入れ方法と整え方

  • 爪を整える

     

    まずは爪を整えます。ラウンドのように自然な形に整えておくと、オフィスでも違和感がありません。

    この下処理をしないと後々後悔することになるため必ずやりましょう!理由は幾つかあります。爪の形が整っていないと綺麗に見えない、ネイルが剥がれやすくなる、爪がでこぼこだと持ちが悪いなどです。ネイルを塗らないときにも見た目が良い爪でいれば、清潔感もあっていいですよね。

  • セルフネイルを心掛けるなら、爪きりの使用は厳禁です。

    可能であればエメリーボードと呼ばれる爪を整える専用の道具を使います。エメリーボードとはやすりのこと。アクリルファイルでも良いと感じてしまいますが、実はヤスリの厚みが異なっています。より薄く作られていて、繊細な爪を細かく削ることができます。アクリルファイルはもっと厚みがあり、人口爪を削るのに適しています。

  • 甘皮処理

     

    ハンドクリームを手に付けて甘皮を柔らかくしたら、あとはウッドスティックやニッパーなどで処理します。

    甘皮は必要があって爪の根元にあるわけですが、この部分が広すぎたり厚みが出過ぎると逆に爪にも悪いのです。また見た目を整えるためにも甘皮を処理する必要があります。
    厚みが出てきたりすると爪の水分が奪われてしまったり、ささくれができやすいともいわれています。爪の水分が少なくなれば、それだけ爪の強度も落ちるため適切なケアが必要となります。

  • 甘皮を処理する前には事前にふやけさせておくのがベターです。

    ぬるま湯を入れたフィンガーボールに指先を数分ほど入れておきます。こうすることで甘皮がふやけ、少ない力でも処理しやすく、無駄な部分を削る心配がなくなります。時間にすると3分~5分くらいでOKです。
    また、フィンガーボールは専用のものを購入しなくても、100均で買った小さなボウルなどを利用しても構いません。自分なりに使いやすい大きさのものを用意すれば良いでしょう。

  • 爪が短い人のケアのし方

  • 一見ネイルに合わないような気がする自爪が短い人。でも短いからこそできるアートもあるため、諦めないでみてくださいね。

  • お仕事の都合で爪を長くできない人も多いですよね。

    実はネイルサロンも長い爪の人だけが利用する場所じゃないんですよ!
    例えば、アロマオイルを使いながらハンドマッサージと甘皮のケアのみをしてもらう方法があります。これだけでも女性は優雅な気分になれますし、何よりも爪が美しく整うのは嬉しいですよね。
    爪が短い人でもベースを整えて爪を磨くだけで、つるつるピカピカになります!

  • 爪が短くたってできるネイルアート

     

    短いほうがかえって清楚な雰囲気でいいかもしれません。

    短い爪はオフィスでも浮かない、男性目線からすると爪が短いほうが清潔感があり良いと感じる人も多いようです。小さなネイルアートがとっても似合うため、色々と挑戦しちゃいましょう!

  • 短い爪は最初はジェルネイルから

  • 短い爪はジェルネイルにすると爪が丈夫になって伸びやすくなるみたい。爪が弱くて伸ばせない人には朗報です。

    また、お仕事などで爪を伸ばすことができない人でも、光沢感があるジェルネイルならぱっと華やかになります。ジェルネイルは1色からもOKですし、ネイルアートなども利用できます。
    ジェルネイルは1度やってもらうと通常のネイルと比べて持ちも良く、短い爪の方が最初に始めるタイプとしても適切だといえます。

  • スカルプチュア

     

    スカルプチュアという技術で短い爪を長くする技術もあります。

  • フレンチスカルプチュア動画③ 認定講師対策 - YouTube

  • ポップなデザインは短い爪のほうがカワイイ