「三つ子の魂百まで」3歳までのゴールデンタイムの育て方

生まれてからの3年間で、心も体も脳も急成長します。この3年間で「性格形成」も行われ、大人になっても性質はなかなか変わりません。3歳までをどう過ごすかによって、その後の人生に大きく影響してきます。育児で一番大事な時期といえます。

view485

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「三つ子の魂百まで」は、科学的に実証された

  • 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根底は変わらない、という意味です。正確に3歳までかというと議論の余地がありますが、幼児の時期に人格を形成する基本ができあがるというのは本当です。

    事実であり、科学的にも証明されている事実です。

    脳の中の神経細胞は、生命を維持する最小限以外は、ほとんど未発達の状態で生まれます。

    お母さんのおなかの中にいたころは、刺激らしい刺激はまだありませんでした。
    しかし、生まれた瞬間から、外界からの強い刺激にさらされるようになります。
    光、音、におい、暑さ、寒さ、感触などです。

    未発達の状態で生まれますが、そうした刺激や環境に適応しようと、脳が活発に活動し始めます。

    人の成長において、生まれてから最初の3年間ほど、急成長の時期はありません。
    出典 :3つ子の魂が百まで続くのは、本当だった。 | 幼児がすくすく育つ30の教育方法(1歳~6歳) | HappyLifeStyle
     

    生まれてからの3年間はとても大事な時期です。
    この時期は、親の育て方が大きく影響します。子どもの為に良いと思うことをしてあげることが望ましいです。
    親の感情も子供は敏感に察知しますので、自分の心の安定や健康にも気を使ってください。

  • 最初の3年間

  • 3歳までに性格の基礎が、ほぼ固まる

  • 3歳までは最も大事な時期

     

    子どもの時に性格の基礎ができてしまいます。
    この性格は大人になってもなかなか変わるものではありません。
    物事をポジティブに受け取れるような環境が子どもにとって大事です。

  • 精神分析学でも、
    口唇期と肛門期の3歳までに性格の基礎が、ほぼ固まると云われています。     
    つまり、それほど3歳ぐらいまでの生育環境は、その後の人生にとって、とても大切な時期

    3歳までの子どもは、ワケがワカラナイまんま自分の行動パターンができてしまって、それがそのまま固定した性格に繋がって行くのが、(三つ子の魂の)性格形成ということになるわけです。
    出典 :無意識を知ろう♪ 三つ子の魂百まで
     

    自分ではまだきちんとした判断や理解が出来ない状態です。
    純粋無垢と言えます。この状態に色付けされていくのです。
    親は子供の一番近くにいて大きな影響を与えますので、注意が必要。

  • 3歳までは無意識状態

     

    自我が芽生えてないのでホンネが100%
    純粋無垢といえます。

  • 無意識の多い乳幼児期は、刻み込みの時期でもあります。

    それはどういうことか?と云いますと、自我が意識に目覚めず、無意識にいるということは、それだけ感じたことを、意識されないまま抑圧に近い状態で無意識の記憶されてしまう、ことになります。

    もっと乱暴な云い方をすれば、出来事の「なんでもカンデモ」を (意識を通さず) 無意識の中に刻んでいる、と考えても良いわけです。

    まして、人間として未成熟な彼らにとって、起こる出来事は、すべて初めての経験ばかりですから、大人が「ささいなこと」と感じることでも、重大ニュースとして記憶されている可能性もあるわけです。
    出典 :無意識を知ろう♪ 三つ子の魂百まで
     

    子どもは、周りで起こっていることを敏感に感じ取ります。
    その時に感じたことは大人になっても無意識に残っています。
    成育歴の中で、両親のケンカが多かった家庭の子どもは、いつまでも心の中が傷ついた状態でいます。
    そのことが、人生に良くない影響をもたらすこともあります。
    子どもの前ではケンカをしたり、感情をあらわにしないようにすることが必要です。

  • 育て方を間違えると…

     

    いつまでもマザコン…

  • そんなふうに脳裏に深く刻み込まれたもので築かれる性格部分ですから、ある意味『無敵』と云えるほど、三つ子の魂はたいへん強固なものになるわけです。
    建築物で云えば基礎部分(土台)みたいなものですからね。
    」もちろん、年齢を重ねて変わってゆく性格部分もありますが、それはあくまで3歳までに固まった基礎性格の上でのことです。
    出典 :無意識を知ろう♪ 三つ子の魂百まで
  • 3歳までの過ごし方で人生が変わる。親がしてあげることは?

  • 我が子の好奇心の冒険につきあう

  • 個性や人間性をのばすのは親次第
    個性や人間性をのばすのには、両親がどんな対応を選択するかが大切です。

    ■ポイント1
     子供がしたい時にしたい事で、好奇心をのばす
    何事も両親が先回りして、新しい刺激を用意しすぎたり、手をだしすぎると、子供の自発性を育む機会を失ってしまいます。“子供が新しい動作にチャレンジしたいシーン”に気づくことが大事です。そのチャレンジやその冒険を見守ってあげましょう。そして、励まし、できたときには一緒に、その喜びをわかちあいましょう。

    共感してもらうことで、子供にはセロトニンという幸せを感じるホルモンが放出され、幸せを感じるため、またチャレンジしたい、などと思うようになります。良い循環を生み出し習慣化することが、新たに開発された能力を定着させていくようになります。またセロトニンが円滑に分泌する脳はストレスに強い脳とも言われています。
    出典 :2/2 3歳までのゴールデンタイムはこの時期だけ [早期教育・幼児教育] All About
  • 生命欲求とわがまま欲求を区別する

  • ■ポイント2
     基本的な生命欲求を満たす

    子供は安心できる環境のなかで、愛情や栄養を十分に受け、守ってもらえることが全ての基礎になります。不安や生命的危機を感じながら、身体や能力の向上にエネルギーをまわそうとはしません。お腹がすいたり、お尻がぬれて気持ち悪かったり、怖くて抱きしめてほしい時に、ほっとかれたり、声がかれるまで泣かされていたのでは基本的な欲求は満足されません。基礎的な欲求が満たされれば、次のステップに進むようになります。

    ここで注意が必要なことは、健康な心と体を維持するにあたって必要な欲求と、わがままな欲求とを選別していく賢明さが両親には求められます。
    出典 :2/2 3歳までのゴールデンタイムはこの時期だけ [早期教育・幼児教育] All About
  • タイミングは子供から教わる

  • ■ポイント3
     必要な時期に必要な働きかけ

    良いタイミングと必要な働きかけは、両親が率先して誘導する必要はありません。最適なタイミングとプロセスは子供自身が知っているので、自然の流れに任せるのが一番です。子供は毎日成長していて、昨日にとどまりません。なので、両親の対応も毎日、臨機応変に更新していく必要があります。

    想定している動きを我が子ができなくても気にする必要はありません。後からでも、何回か経験をすることで、突然できるようになることもよくあります。大抵、取り返すことができます。必要な刺激を適切なタイミングで与えてあげることです。
    出典 :2/2 3歳までのゴールデンタイムはこの時期だけ [早期教育・幼児教育] All About
  • 一緒に遊ぶ

  • 『3歳までの子育てに大切な たった5つのこと』(佐々木正美)

    5つの大切なこととは
       1 遠くから見守る
       2 ほほえみを返す
       3 泣いたらあやす
       4 できるまで待つ
       5 いっしょに遊ぶ

    佐々木先生からのメッセージ

    親のあなたが望む、あなたの理想の育児をしていませんか?
    幼い子が親の期待に応えることなんてありません。
    子どもが望むように育ててあげる、それが育児の基本です。
    望みにこたえつづけることで安心感が育つのです。
    出典 :『3歳までの子育てに大切な たった5つのこと』(佐々木正美)
  • 好奇心を応援する

  • 3歳までの子育ては好奇心を刺激させるのがよい
    3歳くらいまでの子育てで何を重視すべきかというと、私は何よりも子どもの好奇心を刺激することが大事だと思っています。

    ついつい「○○ができた」など具体的な事例に目がいってしまいますが、それらはあくまで結果であり、子どもの知的好奇心を刺激し、自主的に何かに取り組む姿勢を身につけることが何より大事だと思います。

    3歳くらいまでにそういった学習習慣を身につけることができればあとは楽です。子ども達が自分の興味に応じて勝手に学んでいくからです。

    ではどのように好奇心を刺激するのか?

    様々なものを見せ、一緒に驚き、感動する。
    興味を持ったものを深堀りする。
    こどもの「何で?」「これ何?」に対して即答しない。
    赤ちゃん言葉は使わない。少々難し話でも大人相手と同様に返答すべし
    出典 :Nobu's blog デジタル子育て日記 : 3歳までの子育ては好奇心を刺激させるのがよい
  • アイコンタクト

  • 乳幼児時期に幸せの原点が作られる
    次の4つが3歳までの脳に記憶されることが、幸せの原点になるといわれている。

    愛をこめて見つめる(アイコンタクト)

    赤ちゃんは何かを理解するというより、全体的な波動(雰囲気)ようなものを感じていると言った方が正しいかも知れません。
    頭で理解するより、感じる事の方が何十倍も大きな影響を与え、誤魔化しも効きません。

    あまりにも小さくて何も分からないのではないかとお考えの方も多いと思います。どのような小さな出来事もすべて脳の一部に記憶されて行きます。

    お母さんのお腹の中でさえ脳に大きな影響を与える事が証明された今、生まれて来てからの全ての刺激は脳の発育や情緒面の形成に大きな影響を与えて行きます。

    この優しい眼差しこそが優しい心を作る原点となります。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 抱きしめる

  • 抱きしめる(スキンシップ)


     貴方は嫌な出来事があった時に優しく抱き締められたり、体を優しく撫ぜられたらどのように感じますか。
    赤ちゃんも、優しく撫ぜられた手の温もりや抱き締められた安心感、お母さんの心臓の鼓動などから人を信頼する心がつくられて行きます。

    人間の皮膚は、快・不快の感覚と密接な関係があり、無数の神経とも結びついています。
    優しい皮膚への刺激は、ストレスを緩和し、心を落ち着かせ、内臓の働きにもよい影響を与えます。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • ふれあいと遊び

  • ふれあいと遊び


    赤ちゃんが五感で感じる出来事すべてが大切なものであり、大きな影響を与えます。
    優しい音楽、室温、光、静かな空間、玩具、授乳、両親の声、、、どのような状態がいいのか常に考え最高の環境を与えてあげて欲しいと思います。
     しかし、余り神経質にならないで下さい。僅かな心使いで十分それは効果を発揮致します。
    一番気を付けて欲しい事は、近くでの夫婦喧嘩、TVなどに夢中になりほったらかしにしてしまう事、哺乳瓶でミルクをあげる時など抱っこせずに与えたりすることなどです。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 心のあたたかさ

     

    環境を整えることと、両親の心のあたたかさが大事

  • あたたかさと快適な環境


    生まれたばかりの赤ちゃんは、脳やからだ、骨や筋肉、呼吸機能、体温調節など、あらゆる機能が未熟です。
    その未熟性を補うために、できる限り環境をととのえてあげたいものです。
    それは、物質面だけでなく、お母さんやお父さんの心のあたたかさも大切です。あたたかい心でつつまれることは、赤ちゃんの脳の発達を促進し心も安定します。

    理想を追い求める事は大切ですが、育児ノイローゼになってしまっては元も子もありません。不安になったら一人で悩まず、できるだけ早く周りの人に相談されることを薦めします。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • やさしく接する

     

    心と脳の発育に大事です。

  • 3歳までに大人の脳の80%が完成される。


    乳幼児期の間に猛烈なスピードで成長する脳、この時期を放って置く事は将来の可能性を自ら潰すようなものです。
    ご両親に取って、まず最初の大仕事、それが生後1週間目頃から始める乳幼児教育です。教育とは言い過ぎでが、、。
    心からの愛情を持って優しく接する(普通のお母さんは誰もが行っていると思います)、、これが大切です。
    どう接すればいいか、この辺りも文献を探し真剣に勉強をして欲しい部分です。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 語りかける

  • 脳の発達には刺激が必要です


    すごい速度で発達する素質をもっている赤ちゃんの脳。でも放っておいて発達するわけではありません。

    脳の発達には、外からの刺激が必要です。それは見たり、聞いたり、さわったり、味わったりと、赤ちゃんの五感のすべてにかかわること。刺激といっても、インパクトのある何かをするということではなく、まっさらな赤ちゃんにとっては、まわりにあるすべてのものが脳への刺激となります。
    ママが話しかけたり、おっぱいやミルクを飲ませたり、いろいろなものを見せたり、触らせたりすることで、脳の神経回路がつながっていくのです。この神経回路のつながりが、脳の発達といわれることなのです。

    何も理解できないと思っている赤ちゃんに、どんどん語り掛けてあげて下さい。そのようなお子さんはしゃべり出す時期が早く、語彙も多くなります。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 人見知りも成長している証

  • 考える力は8カ月ころからついてくる!


    さまざまなことを吸収していく赤ちゃん。では、人間らしい「考える力」はいつ頃ついてくるのでしょう? ものごとを記憶したり、判断できるようになるのは、生後8カ月ころからと言われています。

    判断といってもこのころはまだ言葉は話せないので、表現の方法は泣いたり笑ったりぐずったり、という程度。

    たとえば、人見知りが始まるのもこの時期。これは初めて会った人を「この人はママとは違う」ということが「判断」できている証拠です。

    人見知りこそ順調な成長の証です。
    出典 :誕生から3歳までの子育てポイント (NO2) 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 育児を楽しもう

     

    育児は神経質になってもうまくいきません。
    子どもと一緒に楽しみながら自分も成長できるのだと考えてみましょう。
    行き詰ったら他の人に相談しながら、子どもの成長を楽しんでください。