虫のようなものが見える!?【飛蚊症】気になる症状と原因はこれ

黒い虫のようなものが見えているのは
病気なのかもしれないのです
急激に増えたりしたら要注意!

view263

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飛蚊症って?

  • 皆様は飛蚊症(ひぶんしょう)という症状をご存じでしょうか?視界の前で小さな虫やゴマのような「黒い点」が浮遊し、目の動きに合わせて移動するというものです。人によっては、糸くず、蛙の卵など様々な表現を用います。特に、白い壁や青い空を見たときに気づかれる方が多いようです。
    出典 :飛蚊症(ひぶんしょう)と網膜剥離の解説/たなし中村眼科クリニック東京都田無
     

    一度みてみてはいかがですか?

  • この飛蚊症の多くは、異常のない生理的なものです。しかし、時として網膜剥離(もうまくはくり)や眼底出血の初期症状を示す病的な場合があります。特に網膜剥離は早期に治療が必要であり、発見が遅れれば失明する危険もあります。網膜剥離や眼底出血の様な目の中の異常を発見するには、散瞳による精密な眼底検査を受ける必要があります。
    出典 :飛蚊症(ひぶんしょう)と網膜剥離の解説/たなし中村眼科クリニック東京都田無
     

    甘く見てはいけませんよ

  • 飛蚊症を理解する事

  • 蚊が飛んでいるように見えることから、その症状を飛蚊症と呼び、大半は問題ないと知っている人もたくさんいます。でも、アイちゃんのように「全然心配ない」と思ってしまうのは正しくありません。
     正しくない理由は二つあります。第一に、目の前のゴミのような物が本当は飛蚊症ではない可能性があるということ、第二に、なにかの病気の症状として飛蚊症が現れている可能性もあるからです。
    出典 :飛蚊症
  •  

    一つは、実際に網膜の前の硝子体にゴミのような物が浮いていて、その影が網膜に写っている可能性が考えられます。カメラの暗箱にゴミがあり、それが写真に写り込んでしまう状態です。もう一つの可能性として、網膜や視神経に異常がある状態、つまり、フィルムに傷があったり撮像素子が壊れているケースが考えられます。

  • こんな感じで見えていない?

  • 画像はクリックして拡大

     

    黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もいます。

  • 原因を知っておく

  • (1) とりあえず心配ない飛蚊症
    ● 硝子体の正常な構造物(細胞や線維)
    ● 後部硝子体剥離〈はくり〉
    出典 :飛蚊症
  • (2) 病気の症状として起きる飛蚊症
    ● 網膜裂孔〈れっこう〉や網膜剥離
    ● 網膜の血管の病気
    ● ぶどう膜炎
    ● 眼球の感染症
    ● 上記の病気による硝子体出血
    出典 :飛蚊症
  • 病気が原因の場合


    飛蚊症を引き起こす代表的な病気には、網膜剥離があります。
    出典 :飛蚊症の原因|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
  • 治療は必要か

  • 黒い点の量や範囲が急に増えた
    暗い場所で突然稲妻のような光が見える
    急に視力が低下した
    視野の一部分が欠けている
    出典 :飛蚊症の対策|飛蚊症|目の病気百科|目の情報|患者さん・一般生活者の皆さま|参天製薬
     

    病院に一度受診が必要ですね

  • こんな病気が見つかるかも!?

  • ■白内障 ■緑内障 ■ぶどう膜炎
    ■網膜裂孔、網膜剥離
    ■眼底出血 ■糖尿病性網膜症
    ■高血圧性網膜症 ■黄斑変性症
    ■中心性網脈絡膜症 ■網膜色素変性症
    出典 :飛蚊症(ひぶんしょう)と網膜剥離の解説/たなし中村眼科クリニック東京都田無