騒音性難聴の治療は困難かも?一度耳が聞こえなくなると治らないかもしれない

騒音性難聴の治療方法をまとめました。この病気は職業柄騒音の状況におかれている人がなる病気とされていますが、進行してからだとなかなか改善しにくいため注意しなければなりません。

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 騒音性難聴の治療

  • 騒音性難聴の治療は可能なのでしょうか?どうやら初期の頃にわかれば進行を遅らせることはできるそうですが、重症化すると治療は難しいらしいです。

  • 騒音性難聴の治療は可能なのか?

  • 騒音性難聴が進んでくると中・低音域にも障害がおよんで、会話が聞き取りにくくなります(図4)。低下した聴力は回復することはないので、騒音曝露を低減し、進行を止めることが大切です。
    出典 :小規模事業所における騒音性難聴
     

    職場でも対策をしてもらうことが重要です。

  • 騒音下での職業では注意が必要

     

    ライブや騒音がある職場などで起こりやすくなっています。

  • 音響外傷では、音源に近い方の耳だけに起こることがありますが、騒音性難聴では、ほとんど両耳が同程度の難聴になります。同じような騒音環境にいても騒音性難聴になるかどうかは個人差が大きく、難聴になる人と ならない人がいます。
    出典 :騒音性難聴 | 細田耳鼻科
     

    ただ難聴になるかは多少個人差があるのだとか。

  • 騒音性難聴の治療方法

  • ステロイドによる治療

     

    内服薬などで治療します。

  • ステロイド薬は、炎症を抑える非常に効果的な薬物ですが、副作用があることも良く知られています。ただし、感音難聴治療に用いる場合、2週間以上投与することはマレなので、長期使用に伴う副作用についてはあまり心配ありません。
    出典 :薬物療法(薬剤)�ステロイド薬 - 難聴の薬物療法 - 突発性難聴.COM
     

    短期間で炎症を抑えるようです。

  • たまに耳を休ませる

     

    ヘッドホンで長時間大音量の音楽を聞いている方などは、耳を休ませましょう。

  • 規則正しい睡眠

     

    体を休ませることも重要です。

  • 規則正しい睡眠や適度の運動などを心がけましょう。また、定期的聴力検査で難聴が進行していないか確認することなども必要です。
    出典 :騒音性難聴 | 細田耳鼻科
     

    悪化しないための予防が大切です。

  • 回復の期待ができるのは、発症後だいたい1か月、あるいはせいぜい2か月くらいまでです。ですので、発症後3か月経過してしまった場合、改善は困難な事が多いです。
    出典 :難聴|くさの耳鼻咽喉科
     

    難聴は早めの受診が大前提です。

  • ビタミンB12製剤

     

    内耳に有効なビタミンを服用し予防する方法もあります。

  • 現在飲んでいるメチコバールはビタミンB12製剤で、神経の再生を助ける働きがありますが、根本的な治療法ははっきりしていないのでその様な処方になるのだと思います。
    出典 :音響外傷性難聴について - 病気 - 教えて!goo
     

    あくまでも予防や進行を遅くするくらいの治療です。