血圧が低くて心配「本態性低血圧の原因」とは

本態性低血圧の原因は何があるのか。低すぎる血圧を心配したら原因を探ってみよう

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低血圧症とは

  • 安静時に測った上の血圧(正式な呼び方では「収縮期血圧」)が100mmHg以下で、めまいや立ちくらみなど、何かしらの自覚症状がある場合を低血圧症と診断します。検診で測定した血圧が低く心配される患者さんもいますが、血圧が低ければ全てが低血圧症というわけではありません
    出典 :低血圧症の原因・症状 [生活習慣病] All About
     

    血圧が低ければ低血圧症という訳ではないので注意ですよ

  • 血圧が低くても

     

    日常生活に支障がなく、健康な生活を送っている場合は人と比べて体質的に血圧が低い場合があるだけです。そんな時は病気にはふくまれませんよ

  • 血圧は変動しやすく、一時的に血圧が低くてもすぐに回復する一過性の低血圧と、血圧が低い状態が持続する低血圧があります。一度の測定で自分の血圧を判断するのではなく、日を変えて測定を繰り返し、自分の血圧の目安を把握することが大切です。
    出典 :低血圧症の原因・症状 [生活習慣病] All About
  • 本態性低血圧の原因はなにか

  • 血圧低下の原因となる心拍出量(心臓から送り出す血液量)の低下や、循環血液量および末梢血管(細かい血管)抵抗の減少は、心臓の機能や摂取する水分量によって影響されます。また、自律神経の機能にも影響を受けやすく、とくに心拍出量や末梢血管の抵抗は交感神経の緊張によって増大し、血圧の維持に大きく関係します。
    出典 :本態性低血圧症| 循環器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    血圧の維持に大きく関係するのですね

  • 副交感神経の緊張は逆の作用を有し、血圧低下の原因になります。この点、本態性低血圧症では明らかな原因疾患は認められませんが、自律神経の調節がうまくはたらかず、副交感神経が優位になっていたり、血管の反応性が低下しているために正常血圧を維持できないと考えられています。
    出典 :本態性低血圧症| 循環器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 本態性高血圧は、一般に遺伝と生活環境が50パーセントずつ関係していると考えられています。原因となる生活環境は次の通りです。■ 肥満■ 塩分の多い食事■ カルシウム・カリウムの摂取不足■ 運動不足■ ストレス■ 喫煙
    出典 :血圧 | 本態性高血圧の原因は? : 高血圧・低血圧 - セルフドクターネット
     

    このような状態になるのです

  • 原因ははっきりと特定でれていない。ほとんどの低血圧症が、この本態性低血圧症だが、高血圧症と異なり、身体に深刻な影響を及ぼすおそれはないと言われる。
    出典 :本態性低血圧症 J-Medical 医学事典
  • 症状も知っておこう

  • だるさ、脱力感、疲れやすい
    頭痛、めまい、耳鳴り
    動悸、息切れ
    食欲不振、吐き気、腹痛
    出典 :低血圧症の原因・症状 [生活習慣病] All About
  • 血圧が低くなる主な原因は、心臓から拍出される血液量の減少と末梢血管の抵抗の減少。なぜ本態性低血圧症で、これらの減少が起きるのかはまだ解明されていませんが、遺伝的な要因と神経やホルモンの異常などが絡み合っていると考えられています。
    出典 :低血圧症の原因・症状 [生活習慣病] All About
  • 検査をして見つけよう

  • 症状の有無にかかわらず、安静時に低血圧が持続して原因疾患が明らかでない場合に診断されます。 起立性低血圧を合併しない場合は体位との関連はなく、また神経調節性反射による低血圧との鑑別には、長時間の立位や胸痛・腹痛の出現、排尿・排便・咳と関係なく低血圧が認められることがポイントです。
    出典 :本態性低血圧症| 循環器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 、症候性(しょうこうせい)低血圧症との鑑別には、原因疾患の検索のため、血液一般検査、心電図、X線検査、各種内分泌検査などの精査が必要となります。
    出典 :本態性低血圧症 - goo ヘルスケア
  • 自覚症状を

     

    感じない場合は日常生活にも支障が出ないので、治療の必要はないと言っても問題ないでしょう。しかし、その逆は治療を考えなければいけないので、精神療法などがとられる事になりますよ