足首の痛みに効くストレッチ、矯正、内臓の調整とは?足首に負担をかけない方法も紹介

足首が痛いとき、足首の痛みに効くストレッチや骨格矯正、内臓調整が有効です。足首の痛みの原因が骨格や筋力の低下の他、内臓にもあるということを知っていますか?また、日常生活で気をつけることで足首のトラブルを防ぐコツや足首に負担をかけない方法を紹介します。

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足首の痛みの原因は捻挫?筋肉の弱化?

  • 歩いたり、座ったりするときに、足首の痛みを感じたことのある人は多いでしょう。
    学生時代の体育や部活動などで捻挫(ねんざ)を体験したり、捻挫で足を痛めた人を見たことのある人も多いと思います。足首の痛みの原因で捻挫というのは多く、また、捻挫の場合はいつ痛めたのかも比較的わかりやすいものです。
    捻挫が頻繁に起こり、また、処置も基本的には動かなさいことという、簡単なため捻挫を軽くみる人も多いようです。しかし、捻挫や骨折は正しい位置で固定しないと後々の生活まで不自由を感じたり、捻挫の場合は痛みを繰り返す原因になります。軽い捻挫だと甘くみないで、病院で適切な処置を受けるようにしましょう。
    歩いたり座ったりした際に足首の痛みを感じたとき、ぶつけたり、過度の負荷をかけた覚えなない、原因に心当たりがない場合があります。このように、原因が明確ではない足首の痛みの原因には足の筋肉の衰えや骨格の歪み、筋肉の過緊張の場合があります。また、筋肉の衰えとは違った弱化という現象もあります。

  • 足首の痛み

     

    足首の痛みで、もっとも多いのは捻挫(ねんざ)ではないでしょうか。捻挫の場合は、原因や発症時期が比較的わかりやすいものです。それに比べて、ぶつけたり、過度な負荷をかけた覚えのない痛みを感じることもあります。

  • スポーツ時だけでなく、日常にも起こりやすい足首の障害で、とくに内反ネンザが起こりやすいと言われています。
    出典 :なぜ膝・足首痛が起こるのか|膝・足首痛について|トラブル対策と予防|SORBO
  • ...足首の痛みの原因...は、...弱化した足首の筋肉
    出典 :くるぶしや足首の痛みの原因と施術方法 | 東京都町田市の整体
  • 足首の筋肉が弱化すると足首が不安定になったり、骨格が歪んだり、弱化の代償として他の筋肉が過緊張になったりします。
    出典 :くるぶしや足首の痛みの原因と施術方法 | 東京都町田市の整体
  • 足首ためのストレッチや改善策

  • 足首の痛みに効くストレッチはいろいろありますが、基本的には足首を動かして、周辺の筋肉を緩めたり、骨格の調整を試みます。

  • 足首ストレッチ

     

    足首のストレッチとして有効な運動は、足首を回転させたり、さまざまな角度から足首に少しの負荷をかけるというものです。
    足首を回転させるように動かすときに、周辺の筋肉だけでは十分に動かせない場合があります。そのようなときは、手で足の先を持って足首を回転させるようにしましょう。

  • 足首に限らず、筋肉を緩めるために有効な方法として、筋肉の繊維を垂直方向に優しくほぐしていく、という方法があります。また、骨格は力を抜いて動かすことで自動的によい状態に戻すという調整機能もあります。
    ポイントは、あくまでも力を抜いて行うことです。人は痛みを感じると、痛みを庇おうとする気持ちが働いて、痛みのある周辺の筋肉を緊張させてしまうことがあります。また、呼吸が浅くなったり、呼吸回数が減ったり、短い時間でも息を止める場合もあったりします。
    しかし、骨格の調整のためには、ゆったりとした深い呼吸をしながら、周辺の筋肉に力を入れずに足首を動かすことが大事です。このとき、軽い痛みを感じても、慌てずにゆっくりと動かすことで、徐々に痛みが引いていくものです。

  • 足首の痛みの原因と対策~足首の痛みを緩和するストレッチ

  • 足首の痛みは単なる筋力の衰えではない場合もあります。それは筋肉が弱化した場合です。この場合、筋トレや歩行によって足の筋力を鍛えても足首の痛みが取れないかも知れません。
    実は足首の痛みの原因は足首周辺の筋肉だけなく、骨格がずれたりする理由の他、内臓の位置がずれることでも痛くなる場合があります。また、栄養不足の場合もあるので、足首の痛みは案外侮れないものです。
    足首の痛みが単純な原因ではない場合、素人では原因がわからないことがあります。長引く足首の痛みの場合には整形外科に行き、そこで原因が特定できなかった場合は鍼灸院や接骨院に相談する必要があるかも知れません。いずれにしても長引く痛みを我慢しないようにしましょう。

  • なお、弱化した筋肉は筋トレしても強くなりません。弱化した筋肉を強くするために、矯正、内臓の調整、サプリメント、心理セラピー、経絡治療、電磁波対策など様々なセラピーの中から本当に必要なものを見つけます。
    出典 :くるぶしや足首の痛みの原因と施術方法 | 東京都町田市の整体
  • 足首が痛くならないための基本

  • 足首にすでに痛みがある人も、まだ痛くない人にも知っておいて欲しいことがあります。それは足首を痛くしないための基本です。まずは、やはり過度の重さによる負担を軽減するために肥満に気をつけることです。とくに、ほとんど歩かない人が肥満になると、足首だけでなく、足の骨格や筋力への負担が大きくなります。肥満防止、肥満解消のためにも少しでもよいので歩く習慣をつけることが大切です。また、歩く以外にも立ち座りの際に足の筋力だけで立ってみることや軽いスクワットのような運動も効果的です。
    また、正座も足首には負担がかかることも知っておきましょう。とくに、一度捻挫(ねんざ)をした人は正座によって、足首への負荷が大きくなることがあります。無理に正座しないようにするか、正座をするときには足首の位置に注意して負担のかからないように足首の角度を修正したり、座布団を利用するなどして位置を調節しましょう。

  • 肥満にならないように体重に注意しましょう
    出典 :膝・足首痛の予防法|膝・足首痛について|トラブル対策と予防|SORBO
  • 無理な正座はしない
    出典 :膝・足首痛の予防法|膝・足首痛について|トラブル対策と予防|SORBO