高血圧の性脳症・緊急症について。

性脳症・緊急症。それぞれの改善・症状・身体所見。即時の診断と治療

  • S 更新日:2014/05/09

view165

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧性脳症。

  • 高血圧性脳症とは?

  • 頭痛、視力障害、けいれん、意識障害などの症状が血圧上昇に伴って起こるものです。 脳の血管には、血圧の上昇・下降に対して血管を収縮・拡張させて血管抵抗を増大・減少させ、脳の血流を一定に保とうとするはたらきがあります。これを脳血管の自動調節能といいます。
    出典 :高血圧性脳症 - goo ヘルスケア
     

    高血圧性脳症について。以下に続きます。

  • しかしその調節能の範囲を超えて血圧が著しく上昇すると、脳血流は異常に増え、脳の毛細血管内から血管外へ血漿(けっしょう)成分がしみ出して脳にむくみを起こし、頭蓋内圧が亢進します。このような現象を高血圧性脳症といい、悪性高血圧や子癇(しかん)(一種の妊娠高血圧症)などの際にみられます。
    出典 :高血圧性脳症 - goo ヘルスケア
     

    高血圧性脳症について。上記の続きです。

  • 性脳症の症状。

  • 頭痛、悪心おしん(吐き気)、嘔吐などのいわゆる頭蓋内圧亢進ずがいないあつこうしん症状が起こります。さらに悪化するとけいれん、意識障害などを起こします。放置すると脳出血や心不全、腎不全により死亡します。
    出典 :高血圧性脳症| 脳・神経・筋の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    症状の現れ方について。

  • 普段から高血圧を改善させましょう。

  • 短時間のうちに、収縮期血圧が250mmHg、拡張期血圧が150mmHg程度まで上がると、脳圧が上がり、脳がむくんでしまいます。そのために、はげしい頭痛や嘔吐(おうと)、視力低下、言語障害、軽い意識障害などがみられます。そのまま放置しておくと、けいれんを起こしたり、昏睡状態(こんすいじょうたい)におちいることもあります。
    出典 :高血圧性脳症 とは - コトバンク
     

    改善することについて。以下に続きます。

  • しかし、多くは血圧を下げることによって改善されます。重症な高血圧症、腎臓病(じんぞうびょう)、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などによるものが多く、それらの疾患の予防・改善と、日ごろから血圧の上昇を防止することがたいせつです。
    出典 :高血圧性脳症 とは - コトバンク
     

    改善することについて。上記の続きです。

  • 緊急症の症状。

  • 高血圧の診断・治療歴,交感神経作動薬ほかの服薬
    頭痛,視力障害,神経系症状,悪心・嘔吐,胸・背部痛,心・呼吸器症状,乏尿,体重の変化など
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    高血圧緊急症の病歴,症状について。

  • 緊急症は、その名の通り、即時の診断と治療が必要です。

  • 高血圧緊急症は単に血圧が異常に高いだけの状態ではなく,血圧の高度の上昇(多くは180/120mmHg以上)によって,脳,心,腎,大血管などの標的臓器に急性の障害が生じ進行している病態である。迅速に診断し,直ちに降圧治療を始めなければならない。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    緊急性が高い病気ということが、わかります。

  • 緊急症には,高血圧性脳症,急性大動脈解離を合併した高血圧,肺水腫を伴う高血圧性左心不全,高度の高血圧を伴う急性冠症候群(急性心筋梗塞,不安定狭心症),褐色細胞腫クリーゼ,子癇などが該当する。高度の高血圧であるが,臓器障害の急速な進行がない場合は切迫症として扱う。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    上記の続きです。

  •  

    お医者さんに診てもらうのは、早ければ早いほど良いですね。

  • 高血圧緊急症の病態把握のための身体所見

  • 血圧:測定を繰り返す(拡張期血圧は120mmHg以上のことが多い),左右差,脈拍,呼吸,体温
    体液量の評価:頻脈,脱水,浮腫,立位血圧測定など
    中枢神経系:意識障害,けいれん,片麻痺など
    眼底:線状-火炎状出血,軟性白斑,網膜浮腫,乳頭浮腫など
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    高血圧緊急症の身体所見について。