40歳を過ぎたらメタボ健診(特定健康診査)。一般の健診とどこが違うの?

徐々にウエストがきつくなる今日この頃。生活習慣病を未然に防ぐために、まずは健診をしっかり受けてみませんか? メタボ健診でどんなことが分かるのか調べてみました。

view80

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メタボ健診(特定健康調査)とは

  • メタボ検診(メタボリック検診)とは健康保険法の改正によって2008年(平成20年)4月1日からスタートした、「40~74歳(健康保険の場合、被扶養者含む)」の健康保険組合などの医療保険加入者(毎年度4月1日現在で加入している者)に対して実施される特定検診のこと。
    出典 :メタボ検診義務化スタート!
  •  

    メタボ健診義務化の目的は、国の医療費削減です。国民全体の医療費の3分の1が、生活習慣患者によって使われているようです。

  • 三大生活習慣病とは

  • 三大疾患:糖尿病、脂質異常症、高血圧
    心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、脳出血、がん、腎臓病、肝臓病、骨粗しょう症、歯周病など。
    出典 :『流行りモノ調査隊 第36回 メタボ健診』 - RANKING NEWS
     

    生活習慣病という名の通り、長年の習慣によって蓄積されてきた厄介なものが表に出てきます。。。すぐには改善できないので、若いうちから健康管理には気を付けたいですね。

  • 一般の健診との違いは?

  • 従来の健康診断との大きな変更点はメタボの診断基準で用いられる腹囲の測定が必須項目となったこと。また、総コレステロール量の測定が廃止され、動脈硬化に大きく関係しているLDL-コレステロールの測定が新規追加されたこと、の2つ。
    出典 :『流行りモノ調査隊 第36回 メタボ健診』 - RANKING NEWS
  • さらに、空腹時の「血糖」が厳格化、身体計測のBMIや喫煙歴も考慮されるなど、「受診者の2人に1人は引っかかる」(業界関係者)と言われるほど厳しいものになっている。
    出典 :『流行りモノ調査隊 第36回 メタボ健診』 - RANKING NEWS
  •  

    腹囲が男性85cm、女性90cm以上の人は、さらに血糖・脂質(中性脂肪及びHDLコレステロール)・血圧・喫煙習慣の有無から危険度によってクラス分けされ、そのクラスに合った保健指導を受けることになります。

  • メタボ健診で引っかかると、どうなるのか?

  • しかも・・・・

  • 積極的支援レベルまでになると、細かなチェックが入るうえ、身体にも急激な負担がかかってきます。出来る限り、40歳前に、そしてメタボ診断で引っかかる前に、食生活・運動などを見直すことにしてみましょう。