男流子育て極意について

昔は子育ては女性がするものと言う考え方が強かったのですが、時代と共に考え方も変わり現在では「イクメン」や「イクジー」と呼ばれる様に子育ては男女共有のもの男でも育児休暇を取る時代になりました。

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男の子育て

  • 父親としての自覚

     

    女性は妊娠中から自分が親になっていくことを文字通り体感しますが、男性はそうはいきません。「赤ちゃんができた!」と言われても、なかなかピンとこないのです。

  • パートナーから妊娠を告げられても、「オレ、父親になるの?(キョトン)」という男性も多いでしょう。このスタート時点ですでに親としての意識に大きな差ができてしまい、みるみるうちに男性のほうがおいて行かれてしまうということがよくあります。
    出典 :パパスイッチ、オン! イクメンの育て方 [男の子育て] All About
  • 最初にすべきことは、理屈のスイッチをオフにしちゃうこと。「べき論」や義務感をとっぱらって、純粋に五感で赤ちゃんの存在を感じる喜びを知ればパパスイッチがONになります。これで、母乳を出すこと以外何でもできちゃう「パパロボット」の起動完了です。
    出典 :パパスイッチ、オン! イクメンの育て方 [男の子育て] All About
  • 男の育児休暇

  • 育児休暇とは

     

    育児休暇とは、働いている女性や男性が育児を目的として取得する休暇のことをいい、育児休業とも呼ばれています。育児休暇は妊娠や出産にあたりよりよい環境で子供を養育するために法律にて定められている制度です。

  • 育児休暇は出産、子育て後も職場へ復帰できるようにすることを推奨する制度で、希望者にとっては育児と仕事の両立を図ることができる大変便利な制度です。そして年次有給休暇とは別に設けられている休暇制度なので、その後の心配を何もすることなく安心して子育を育てることができます。
    出典 :育児休暇とは - 育児休暇の仕組み
  • 男の育児休暇とメリット

     

    男性でも育児休業を取得することができるとご存じの方は多いかもしれませんが、実際に育児休業を取得したことがあるという方は、いまだに少ないのが現状です。

  • 男性の場合会社の査定や給与が減ってしまうことを気にしたり、また休業中のブランクを心配するあまり育児休暇の取得をためらってしまう方が多いようです。 会社から給与が支払われなくても育児休業給付金という制度により育児休暇中の援助を受けることはできますが、確かに収入としての金額は確実に減ってしまいます。
    出典 :男性の育児休暇とメリット - 育児休暇の仕組み
  • このようにデメリットばかりを気にしすぎて育児休暇を取得しないことが多いのが現状ですが、それでは男性が育児休業を取得するにあたってメリットは無いのでしょうか。 赤ちゃんの世話というのはとても大変で、特に初めての子供となると未知のことばかりで慣れるまでの負担はかなりのものとなります。しかし男性が育児休暇を取得して育児を分担することによって、女性の負担を減らすことができます。
    出典 :男性の育児休暇とメリット - 育児休暇の仕組み
  • 育児のために外出もできず自分の好きなこともままならない状態では、女性のストレスが溜まってしまいます。そんな時に男性が育児参加をすることで女性の精神的、肉体的な負担を減らすことができるようになります。 なによりも男性の育児休暇取得のメリットとして一番大きなポイントは、赤ちゃんの世話を夫婦一緒に行えることであり、子供の成長を間近で感じることができる点ではないでしょうか。
    出典 :男性の育児休暇とメリット - 育児休暇の仕組み
  • この経験は子供の成長後も積極的に育児に参加しようという意欲につながります。一生の内で何度も無い貴重な育児休暇を取得して、家族との大切な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
    出典 :男性の育児休暇とメリット - 育児休暇の仕組み
  • お父さん、育児8つの心得

     

    1.妊娠中は妻に優しい思いやりを
    育児は生まれる前から始まっています。目の前にお子さんはいませんがすでに始まっています。経済的にも、精神的にもしっかり準備を整えて新しい命を迎えてあげて下さい。

  • 2.生後一ケ月以内はお子さん優先で
    生後一ケ月以内は、母親はお子さんに付き切りになってしまいます。少し寂しい思いをするかも知れませんが優しく見守って下さい。三時間置きの授乳やおむつ替えも大変です。できるだけ協力をしてあげて下さい。産後の肥立ちが悪いとその後、ずーと体調不良になる事があります。お仕事が忙しいかも知れませんが協力をする事がとても大切です。
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 3.早目に帰宅し、赤ちゃんに声掛けを
    赤ちゃんが生まれてからはできるだけ早目に会社から帰宅し、声を掛け、そして一緒に遊んであげて下さい。 母親は育児で疲労困憊です。お父さんは疲れた体をチョット我慢し、出来るだけ手助けをしてあげて下さい。大袈裟に言うと、育児は子どもさんの人生を左右する重大事です。真剣に取り組むだけの価値のある一大事業です。
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 4.3歳前後からの遊び相手はお父さんの出番
    3歳前後はいよいよ本格的にお父さんの出番です。寒くても、暑くても子どもはへっちゃら、、泥んこになって遊びます。 見ていてハラハラするような事が沢山あります。こんな時こそ、大雑把な男が活躍する時です。この頃、大自然の営みに意識が向くような問い掛けをしてあげて下さい。「風はどうして吹くんだろう」「空はなぜ青いんだろう」、、そして、一緒に図書館やPCで調べて頂きたいと思います。
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 5.できれば親子3人でお風呂に
    お父さんが入浴をしてくれるとお母さんは大助かりです。着替えを用意したり、部屋を暖めたり、、色々やることが多いし、自分もゆっくりお風呂に入る事ができます。できれば3人で入れると一番いいですね。休日は是非そうして頂きたいと思います。親子3人のお風呂なんて最高の幸せな光景だと思いませんか。きっと、お子さんの心の中にも幸せな気持ちが強く残ると思います。
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 6.夜は川の字で、、、
    男としての大切な役目は家族を守る事、安心を与える事です。その為に家族のすぐ側にお父さんが寝てくれているだけで、お子さんも、お母さんもとても安心できます。「子どもが親に何も話してくれない」と悩んでいる親御さんの話をよく聞きます。今までそんな関係をしっかり作らず、都合のいい時だけ何でも話せと言ってもそれは無理なことです。できれば10歳位まではそうありたいですね。
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 7.食事は親子一緒に。
    お父さんは仕事に追われ家族と一緒に食事をする事は難しいかも知れません。夜一番遅く帰って来て、朝一番早く出掛けるのがお父さんかも知れません。平日が無理なら、休日だけも早く起きて一緒に食事をするよう心掛けて下さい。食事時間は楽しい一家団欒の場と心得、できれば叱らず、楽しく、ゆっくりを心掛けたいものです。食事が楽しいと子どもはその日にあった色々な事を良くしゃべります
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 8.育児について夫婦間の会話を
    子育てでお母さんは多くの問題やストレスを抱えているものです。特に5歳位までは大変です。ここまでは意識的に妻の話を聞いてあげて下さい。そんな様子をお子さんはしっかり見て、男はどうあるべきか、父親はどうあるべきかを学びます。妻に対しても、まずは優しい聞き役に徹する位が丁度いいようです。
    出典 :お父さん、育児8つの心得 元気創造塾/ウェブリブログ
  • 男の育児料理